勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の観光情報~今週末は岐阜基地航空祭!~

富山と高山の気温差に驚きました、大使です。

 

 

夜、富山11℃

夜、高山5℃

 

約500mの標高差がありますから単純計算でも5℃は違いますね。

とっても快適な富山でした。

 

 

さて、今週18日は

岐阜基地航空祭

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173631p:plain

 

毎年恒例ではありますが、毎年感じるのは...

「あれ?もう1年たった?」

航空祭終わったらもうすぐ年末じゃん」

 

早いですよねー。

 

 

日本で一番歴史のある飛行場で繰り広げられる航空祭

毎年多くのファンが集まります。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173701j:plain

 

そして去年に引き続き

ブルーインパルスも飛来します。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173716j:plain

 

もともと岐阜基地には在籍していないため、飛来する年もあればしない年もあったりしました。

ブルーインパルスが飛来するとしないとでは何万人と人出が違うと言われています。

 

去年は天候のせいでアクロバットな曲芸飛行ができなかったのですが、今年は天気はいいのでしょうか。

天気予報から目が離せませんね!

f:id:gk-murai33-gk:20181112174002j:plain

 

多くの人が訪れます。

公共交通機関も混みあう、道路も混みあう、駐車場も混みあう、基地内なんて大混雑であります。

なるべく公共交通機関を利用して航空祭へ出かけましょう!

 

僕は地元民らしく地元民が集まる場所で観ようかなー!

 

来岐阜お待ちしております!

岐阜基地 | [JASDF] 航空自衛隊

岐阜県観光大使のつれづれ~林本店、百十郎~

今前は立冬でしたね。

ふ、冬がやってきました。

頑張って乗り切ります、大使です。

 

 

岐阜県各務原市に蔵があります、林本店さん。

何を隠そう日本酒の蔵です。

 

先日発売された代表銘柄の百十郎新作がカッコよすぎる。

f:id:gk-murai33-gk:20181107173613j:plain

 

※百十郎 冬のオリオン 大辛口生原酒1,800ml

ズルいやん。

オリオンやん。

女性社長ならではのセンスと感性。

味はスッキリしすぎた辛口で美味しいのですが、今宵はこの歌舞伎役者「百十郎」とにらめっこして晩酌するのもいいですね。

 

最近仕込み蔵を改装された林本店。

今後の酒造りに注目がおかれます。

 

酒屋などで見かけた際は写真を撮るだけでなく、実際に買ってみて飲んでみてください〇

www.eiichi.co.jp

岐阜県観光大使の出張~外国人観光客のいない!?高山へ。~

とうとう11月になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は元気、大使です。

 

 

先週ですが前からずーっと気になっていた場所へ。

そこは...

f:id:gk-murai33-gk:20181103171153j:plain

 

高山「村」です。

そうVILLAGEです。

 

高山村は面積98.5㎢で人口7,130人の小さな村。

一方我が高山市面積2,178㎢で人口88,655人の市。

 

高山市は高山村の22.1倍。

高山市はただただデカいだけなんですけどね。

 

共通しているところは、

「四季を通じて表情が変わる景色」

 

そう、四季を5感使って感じられます。

もはや素敵でしょ?

そんな高山村へ名前だけを目的地に行ってきました。

 

山田牧場を目的地に走ると

f:id:gk-murai33-gk:20181103172200j:plain

 

美術館へ来た?

と錯覚するほどの景色。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172323j:plain

 

紅葉の奥には八滝という滝。

とても華奢な滝です。

ここ松川渓谷紅葉100選に選ばれている列記とした観光地。

知らなんだ...

f:id:gk-murai33-gk:20181103172449j:plain

 

寄りで撮っても絵になりますね。

早くも高山村恐るべし絶景を見せつけてきますね。

ちなみにここには外国人観光客ゼロ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172600j:plain

 

一緒なのはこの看板くらいか?

と思ったけど、市と村で違いました。

 

山を登って山田牧場へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172712j:plain

 

残念ながら牧場は天気が悪く、そして寒かったため断念。

牧場の麓にあった山田牧場へ。

ここはカフェです。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172830j:plain

 

店内にはサンタクロース。

なぜ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172901j:plain

 

下の枠内にその理由が。

オヤジの趣味の店みたいな感じですごい素敵。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173015j:plain

 

こんなにどでかいサンタが迎えてくれます。

どうやって運んだんだココまで。

ヘアピンカーブを抜けた先の店舗ですからね。なにより重そう。

ちなみにここは標高1500mを超える場所。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173156j:plain

 

これ、メニュー表のバックナンバーなんですけど、マスターが趣味で高山村で撮った写真を表紙にしているんです。

毎月違うのでコレを見に来るだけでも価値がありそうです。

遊び心が利いた写真もありますよー。

 

肝心のランチは、

f:id:gk-murai33-gk:20181103173346j:plain

 

ハヤシライス!

標高1500mでのハヤシライスは絶品でした。

 

ちなみに、

大使「外国人観光客はやっぱり多いんですよね?」

マスター「んー、2年前に1組来てくれただけかな?」

 

もはや年単位で来ていないらしい。

高山市街でそんなとこ見つけるほうが難しいのに。笑

 

外観はこんな感じ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173648j:plain

お洒落な外観です。

お茶目なマスターと恥ずかしがり屋の奥さん。

心がほっこりするカフェでした。

また行きまーす!

 

ここでもらった温泉の割引チケットを握りしめて、少し下りたとこにある温泉へ。

七味温泉の山王荘へ。

日帰り入浴は一人500円です。

f:id:gk-murai33-gk:20181103174115j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181103174128j:plain

 

どっひゃー!

白濁した硫黄泉+今がピークの紅葉=究極の休日

となります。

最高のお湯でした。ここ、オススメ。

ちなみに外国人観光客ゼロ。

 

さらにおススメされた雷滝へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103174329j:plain

 

滝までは少し下ります。

そこに現れたのは...

f:id:gk-murai33-gk:20181103174709j:plain

 

豪快に流れ落ちる雷滝。

言葉を失うほどの迫力。

松川の本流だから迫力満点です。

アップで

f:id:gk-murai33-gk:20181103174837j:plain

 

紅葉とのコンボはピカイチ。

滝ランキング堂々1位です。

 

さらにこの滝、

f:id:gk-murai33-gk:20181104200513j:plain

 

裏に周れるんです...

迫力が200%を超えました...

滝越しの紅葉。

マイナスイオンも200%を超えております。

岐阜県でここまでの迫力の滝、あるんですかね?

 

ちなみに外国人観光客ゼロ。

高山村に入って外国人を見ておりません。

 

雷滝へ行く道は狭く、観光バスの団体と被ると

「あぁ...」

ってなるのでタイミングをみていきましょう。

 

 

雷滝を後にして小布施に栗を食べに。

正直、中津川とかで美味しい栗のスイーツが食べられるので、わざわざはいかなくてもいいかなって感じでした。

 

でもモンブラン、美味しくいただいてきました。

 

 

今日の宿泊は「ゲストハウス蔵(KURA)」

f:id:gk-murai33-gk:20181104201358j:plain

 

古民家のとても素敵な宿でした。

寒いのも古民家宿の特徴。(いい意味で)

自然と暖かいラウンジに人が集まり、会話が生まれる。

ゲストハウスの理想ではありませんか!(誰。)

 

宿の近くのローソンにて、

f:id:gk-murai33-gk:20181104201645j:plain

 

天まで積み上げられたおでんの容器。

 

なぜ。

 

大使「これすごいですね!」

店員「毎年のことで...」

大使「そうなんですね!どうやってとるんですか?」

店員「どうやってとるんですかねー。」

大使「...」

店員「...」

 

まじかよ!

知らねーのかよ!

てか情報共有されてねーのかよ!笑

 

というゆるゆるのローソンでした。

(揚げ物系や肉まん、おでんは在庫がゼロ。)

 

四季を楽しめる高山村。

自然がメインの観光資源。

でもでもそんな贅沢な観光資源ないですよ。

 

春は桜。

夏は山、川遊び。

秋は紅葉。

冬はスキースノボ。

 

本当に素敵な村でした。

皆さんもぜひ高山”市””村”をはしごで遊びに来てください〇

岐阜県観光大使の大使ツアー~白山白川郷ホワイトロードへ行ってきました。~

日本シリーズの行方が気になります、大使です。

 

 

 

前回の週末ですが少し足を延ばして白山白川郷ホワイトロードへ行ってきました。

白山スーパー林道は2015年に白山白川郷ホワイトロードに名前を変えました。

 

どんな道かというと...

岐阜県白川村と石川県白山市を結ぶ全長33.3キロの有料道路。

標高は低いところで約600m最高峰は約1450mです。

 

普通車片道1600円という少し高いかな?と思う交通料金ですが、いやいや、

倍の金額を払ってでも通行する価値

がありました。

 

そう、何を見に行ったのか。

 

そう、

 

 

f:id:gk-murai33-gk:20181031081332j:plain

 

 

であります。

書かなくても写真で伝える方法。

 

岐阜県、石川県が世界に誇る紅葉の名所。

なぜメディアはここを紹介しないのか不思議に思うくらい絶景の数々でした。

「日本一見たい紅葉」とか最近聞きますが、うーん、例えるなら、

 

「死ぬまでに見ておかないとあの世で後悔する紅葉」

 

ですかね。

 

 

もう紅葉は終わりに向かってますので、今年行っていない人は来年ぜひ通行してみてください。

空気感は伝わるかと思いますが、空気は伝わらないのが写真。

実際に行ってみてください。

 

撮影できた写真を掲載させていただきます。

f:id:gk-murai33-gk:20181031081601j:plain

 

まずは、世界遺産白川郷

秋も深まり見事な秘境感。(高速ですぐに行けてしまう...)

雲が近くて見事な秘境感。(高速ですぐに行けてしまう...)

長ーーーーーい冬を迎える準備期間でもあります。

 

次は場所を変えて天生峠へ向かう360号線。

今年は9月25日に開通し、もうじき11月上旬に通行止めになる国道。

国道といってもくねくねだし狭いし景色良いし。

その道の途中にある「中滝」

f:id:gk-murai33-gk:20181031082724j:plain

 

来年、写真の右下に

「そうだ、飛騨いこう。」

って載りそうな写真。

バスでは行けない場所。車かチャリか徒歩か。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091453j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031091537j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031091550j:plain

 

ずっと見ていられる景色でしたが、本来の目的地ではないので行きましょう!

(この先の天生峠の続きが気になる...)

 

白山白川郷ホワイトロードへ。

 

片道1600円ですが有料区間内で引き返せば片道分の料金で良いので今回は引き返すルートで行きました。(通り抜けても予定がない)

 

写真を時系列に載せられれば一番いいのですが、順番がよく分からないのでなるべく、なるべく通行順で載せれるように頑張ります笑

f:id:gk-murai33-gk:20181031084618j:plain

 

白川郷展望台、標高1200mの駐車場は紅葉のピーク。

ここより上は落葉している場所が多かった印象です。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085350j:plain

 

白川郷ちっちゃー!!!てかどこ?」

って感じですが眺めは良いですね。

ちなみに白川郷は写真右側中央の少し窪んでいるところです。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085634j:plain

 

石川県側へ抜けていきましょうか、しっかり色づいた木々を見ながら。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085800j:plain

 

真っ赤に色づいてまっとる。

すぐそこには雲が迫ります。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091730j:plain

 

人工の滝でさえ今は主役。

f:id:gk-murai33-gk:20181031090651j:plain

 

滝の反対側はどこまでも続きそうな?

日本全国が真っ赤なんじゃないかと錯覚するような景色。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091856j:plain

 

早くも圧倒される。

雲が近いのは天気が悪かったから。

青空が広がっていたら雲の先になにがあるんだろう。

想像が広がり来シーズンの楽しみになります。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092125j:plain

 

下れば下るほど綺麗になる紅葉。

下れど下れど上昇しない気温。寒すぎる。

国見展望台(標高1100m)からの景色は絨毯みたいです。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093137j:plain

 

すばらしー。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092523j:plain

 

ホワイトロード屈指の立ち寄りスポットであろう

「ふくべの大滝」

落差86mの滝。

迫力は折り紙付き。

ただ駐車場が小さいため紅葉シーズンは大変混雑する。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092947j:plain

 

赤い写真ばかりで目がおかしくなりそうですね笑

そろそろ順番が分からなくなってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093418j:plain

 

姥ヶ滝。

日本の滝100選に選ばれた滝です。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093523j:plain

 

滝へ向かう道も見事な渓谷美。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093604j:plain

 

水も見事なほどの透明度。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093642j:plain

 

綺麗ですねー。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093724j:plain

 

蛇谷大橋。

橋があるのとないのとでは写真の映え方が違います。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093852j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031093903j:plain

 

まるでポストカード。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093934j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031093946j:plain

 

 

これで終わり!笑

 

 

有料道路でお金を取るからどんな景色が待ってるんやって思ってたら、

こんなんが待っててくれた!

はや日本一や。

標高によっても葉っぱの色が違うし。

 

今日10月31日は県境付近で積雪のため現在通行止め。

11月10日?まで通行ができますので興味のある方は行ってみてください。

もちろん晴れた日で。

山に雲がかかってないときに。

 

山の天気は変わりやすいですけどね。

 

いつだって人々を魅了するのは、山。

その言葉がピッタリ当てはまったドライブでした。

 

春夏秋冬を肌で感じられるって、本当に素敵ですね。

 

写真は友人(yoshinori sugiura)のハイテクカメラで撮ってもらいました。

加工は一切しておりません。

 

 

以上、日本一?の紅葉ロードブログでした。

岐阜県観光大使の紅葉プチツアー~せせらぎ街道が、美しすぎる...~

今日、運転免許の住所書き換えに行ってきました、大使です。

 

 

先日からブログの内容が紅葉情報でありますが、

いやはや、本当に綺麗なんです。

高山市に住んでいて周辺の紅葉を見に行かないなんてもったいなさすぎる!という移住者的考えで紅葉を追いかけております。

 

昨日は岐阜県が全国に誇る絶景ドライブ街道「せせらぎ街道」へ紅葉を見に行ってきました。

高山市から車を走らせること約20分。

 

徐々に木々が色づいてきます。

 

最初に訪れたのは僕の行きつけ喫茶店「cafe kurumu」さん。

街道から少し入ったところにお店がありますので、

ものすごく静か。

f:id:gk-murai33-gk:20181026151858j:plain

 

素敵な佇まい。

少し寒かったですがテラス席へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152002j:plain

 

目の前には川が流れ、美しく色づいた木々に囲まれます。

上質な時間が流れますが、少し寒い。

中へ戻りましょう。笑

f:id:gk-murai33-gk:20181026152110j:plain

 

店内はすでに薪ストーブがついていました。

大きな窓から見える景色はもはや、大きめの額縁に飾られた絵画。

そしてこのお店一番?の見せ場所。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152250j:plain

 

トイレ。

こっちこそ、こっちこそ額縁の中の絵画。

一瞬で過行く秋だけに見られるスペシャルな光景。

そして河原へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152413j:plain

 

下りてみないと分からない絶景。

いいですね!

 

お店を後にして峠へ向かいます。

その途中、

f:id:gk-murai33-gk:20181026152516j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181026152525j:plain

 

平日にも関わらず、多くの車が停まっていました。

そりゃこの美しさなら停まるよな。

 

そして西ウレ峠(標高1113m)。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152639j:plain

 

池の水が少なめだったんですが、それでも美しく反射。

何もかも完璧なタイミングです。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152805j:plain

 

一際目立っていたモミジ。

 

峠を後にして次の絶景が望めるcafeへ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026153031j:plain

 

標高892mの「でご一」さんへ。

ここは...

f:id:gk-murai33-gk:20181026153131j:plain

 

燃えるような紅葉。

加工なしです!

ずーーーーーっと見とれる。

飲むヨーグルトが美味い!

f:id:gk-murai33-gk:20181026153228j:plain

 

店内からもなかなかの絶景。

ここも絵画みたいですね。

 

 

何枚か写真をあげましたが、ほんの一部にすぎません。(運転してたので)

そして街道沿いのカフェはかなり混雑するでしょう。

 

恐らく、峠近くの紅葉は今週まで。

奥飛騨の紅葉も今がピーク。(今週まで?)

 

 

明日明後日は飛騨地域かなり混みあうことが予想されます。(大使予想)

白川郷も早いうちに駐車場に入れたほうがよさそうですよ。

 

・せせらぎ街道も写真の通りの綺麗さなので、見惚れてしまうドライバーが多くなります。よそ見禁止。

・そして紅葉を見るための無謀な駐停車はやめてください。

交通量が多く非常に危険です!

必ず駐車場へ。(昨日もそんな車が多数)

 

ネズミ捕りもしている可能性ありますのでスピードの出しすぎにはご注意ください。

 

どうぞ安全運転で魅力度ランキング40位の我が県へ来岐阜してください。

 

大使も週末は紅葉を追いかけてとっておきの場所へ行きますよー〇

お楽しみに!

岐阜県観光大使の出張~あぁ、野麦峠~

朝、松本の喫茶店でモーニングが出てこなかったというカルチャーショックを引きずってしまっている、大使です。

 

 

さて、松本を後にして松本城とかパスしちゃう)紅葉見に行きます!

行きは安房峠を越えましたが、帰りは...

 

野麦峠

 

奈川渡ダムの途中まで158号線を駆け上がります。

長野県って東京電力なんだーなんてことを考えているうちに分かれ道のダム。

ここの紅葉、綺麗だった。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174123j:plain

 

青空で紅葉も2倍増しに綺麗!

これはこの先も期待ができる!

 

さらさらっと紅葉の写真を上げていくスタイルでいきます。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174237j:plain

 

野麦峠直前の紅葉。

ブナが綺麗に色づいております。

どこまでも続く黄色の絨毯。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174347j:plain

 

岐阜県側の野麦峠の解説。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174355j:plain

 

長野県側の野麦峠の解説。

全く違う内容で楽しかった。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174405j:plain

 

さて、野麦峠越えです。

野麦峠の紅葉は終わりがけ。

その下から、標高でいうと1000~1200mがピークでしょうか。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174641j:plain

 

綺麗。

一眼レフならこれよりも綺麗に撮れているはず。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174617j:plain

 

野麦峠濁河温泉経由で走ります。(分かる人は分かるけど結構しんどい)

f:id:gk-murai33-gk:20181024174839j:plain

 

晴れていたら目の前には乗鞍が。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174849j:plain

 

日本最大級の溶岩流跡。

一面紅葉。

f:id:gk-murai33-gk:20181024174856j:plain

 

えげつないほど、ため息が出るほど綺麗。

f:id:gk-murai33-gk:20181024175036j:plain

 

巖立峡の紅葉はもうすぐ!

ここも綺麗なんだよなー。

 

 

こうして、大きな一筆書きの「紅葉いコウヨウ」は無事終了です。

紅葉の時季に紅葉を見に行ける。

幸せ。

本当に山は紅葉が今ピークです。

今週までかな?っていう場所もちらほらあったので週末迷っている人、お急ぎください!

 

 

ちなみに僕の家の日本酒コレクション。

だれか飲みに来てください笑

f:id:gk-murai33-gk:20181024175401j:plain

岐阜県観光大使の出張~出張というより一人紅葉ツアーだな、はや~

やっぱり海より山派、大使です。

 

 

先日奥飛騨紅葉ブラ大使の記事を投稿しました。

gifu.gifutaishi.com

 

そんでもって昨日急に仕事のお休みをいただいたのでどうしようかと頭を4時間悩ませ、でた答えが、

 

「松本まで紅葉を見に行コウヨウ。」

 

です。

 

 

日曜日に通った道をまた途中まで。

しかし日曜日に撮影できなかった景色も含めて今の紅葉状況を伝えます。

 

国道158号線奥飛騨に入ったとこにある橋にて。

f:id:gk-murai33-gk:20181023183958j:plain

 

ひょーーー!!!

車を停めた価値がありました。

本当に今がピークですね!

f:id:gk-murai33-gk:20181023184115j:plain

 

角度を変えて。

f:id:gk-murai33-gk:20181023184149j:plain

 

素晴らしい眺望です。

車を停めづらく、休日は交通量が多いため注意が必要です。

 

さあ、安房峠を越えましょう!

f:id:gk-murai33-gk:20181023184307j:plain

 

安房峠へ向かう山道。

綺麗に色づいています。

紅葉トンネルとはこのことやで。

どんどん上っていくと。

f:id:gk-murai33-gk:20181023184416j:plain

 

絶景。

ですが、標高1500m超えている場所では紅葉も落ちていました。

でもこんなにいい景色が見られるのでOK!!!

f:id:gk-murai33-gk:20181023184531j:plain

 

そしてついに県を超える。いざ信州。

ちなみに県から出るのは伊豆以来。

看板の向こうには上高地が!

f:id:gk-murai33-gk:20181023184717j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181023184721j:plain

 

信州側も圧倒的な紅葉具合。

内陸県が本気を出したら海なんて恋しくないんです。

そう、海は紅葉しないから。

人々を魅了するのはどの時期も、山。

 

今日は松本市の東家さんで宿泊です。

www.guesthouse-azumaya.com

 

明日は野麦峠経由で帰ろーっと!

岐阜県観光大使のブラ大使~今が見頃の紅葉!奥飛騨の絶景とともに~

無事高山市民になりました、大使です。

 

 

住民票を移すのも慣れていないので一苦労でした。

これからも色々な手続きがまだあります。

意外とアナログな手続きが多いんですね。

 

 

 

今週日曜日、岐阜県の最果てにして最強の観光地奥飛騨温泉郷へ紅葉を見に行ってきました。

あまりの天気の良さに終始

「いい天気だなー」

って言ってた気がする。

 

写真メインで今の奥飛騨の紅葉状況、お知らせします!

 

まずは北アルプス大橋

f:id:gk-murai33-gk:20181022172246j:plain

 

見事に色づいています。

もう一週間あとでも綺麗な気がします。

それにしてもいい天気。

 

白山方向を見てみましょう。

f:id:gk-murai33-gk:20181022172357j:plain

 

針葉樹が少ない斜面ですね。

上のほうが色が濃いのが分かります。

来週も綺麗そう。

それにしてもいい天気。

 

さらに笠ヶ岳に近づいて。

f:id:gk-murai33-gk:20181022172537j:plain

 

夏も来てますが表情が全然違いますね。

この時期は本当に綺麗です。

それにしてもいい天気。

 

新穂高露天風呂に入ると

f:id:gk-murai33-gk:20181022172705j:plain

 

まるで絵画のような景色。

抜群の開放感でこの紅葉はズルい!

それにしてもいい天気。

 

写真右上の橋の上からは、

f:id:gk-murai33-gk:20181022172842j:plain

 

まだ色づきますね。

あと一息!

奥には飛騨山脈槍ヶ岳が見えます。

それにしてもいい天気。

 

蒲田トンネルを抜けて進んでいくと見える景色。

f:id:gk-murai33-gk:20181022173004j:plain

 

美しい!

奥には西穂高岳

思わず見とれてしまいます。

それにしてもいい天気。

 

近道で通った橋の上からは、

f:id:gk-murai33-gk:20181022173112j:plain

 

焼岳が少し見えます。

天気がいいからか、噴煙が綺麗に見えました。

それにしてもいい天気。

 

帰りには双六渓谷へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181022173226j:plain

 

奥飛騨より標高が低いので紅葉はまだでしたが、水の圧倒的透明度。

ここが紅葉したときにもう一度行こう。

それにしてもいい天気。

 

 

それにしてもいい天気。を連発していますが、写真に雲がひとつも写ってないんです。

本当にいい天気でポカポカ秋陽気でした。

 

都会の皆さん、癒されるなら今ですよ。

マイナスイオンをたっぷり浴びてみませんか?

 

魅力度ランキング40位になった岐阜県で来岐阜お待ちしております。

岐阜県観光大使の高山ライフ~地元の人って~

来週から最低気温が一桁になるのでびくびくしている、大使です。

 

 

橙で働いて1週間が経過。

観光客が多いというわけではなく地元のお客さんが多く感じます。

 

橙のオーナーは東京からの移住者、僕も県内ながら移住者です。

 

 

地「何で高山へ?」

橙「魅力が多くて素敵な町だからです。」

地「そうかなー?」

 

 

地元のお客さんは口を揃えてそういいます。

 

「なんで高山へ...」

 

 

なぜ!無意識なんだ!笑

 

こんなにいい町なのに笑

 

地「どこへ行くにも時間かかるし、雪が積もれば早起きして雪かき...」

地「大変やさ」

 

 

そこじゃないんだよー笑

 

僕たちが移住するに至る魅力ってもっと他にあって、きっと地元の人には分からないんだと思う。

 

 

でもそれでいいと思う。

 

 

個人的にはこんなやり取りが非常に好きというか素敵。

山があって、川がある、温泉があって、自然がある、綺麗な水があって、きれいな空気がある。

 

全てが当たり前になっている飛騨の人って、

日本一贅沢だ。すごすぎる。

f:id:gk-murai33-gk:20181012120541j:plain

岐阜県観光大使のつれづれ~今日、高山祭だってよ。~

バームクーヘン久々に食べました、大使です。

 

 

 

なんと、今日まで高山祭が開催されていました。

絢爛豪華な屋台が11台曳揃えられましたが、人が多い...

 

来ていただけるのはありがたいですが、さすがお祭り!という感じ。

 

商店街も活気に溢れています。

 

 

そんな昨日の1枚。

f:id:gk-murai33-gk:20181009165141j:plain

 

ちょうど12時くらいの宮川

なんだか昨日の川は綺麗に見えた。

いや、綺麗すぎた。

 

そしてお昼は混んでいない駅方面へランチ。

「カフェ植村」さん。

毎度おなじみです。

今日は...

f:id:gk-murai33-gk:20181009165324j:plain

 

祭り限定ランチ

飛騨牛ステーキ丼

...うまいやつやん。

 

惜しみなく飛騨牛を使っていただき感謝。

石橋さんありがとうございます。

 

高山へ行かれた際は必訪のお店ですね。

岐阜県観光大使の新規開拓~三福寺の知る人ぞ知る喫茶店。入る勇気が少しいるのかも~

台風が猛威をふるっています。怖いです、大使です。

 

 

去年ってこんなに台風きましたっけ?

って毎年言ってますね。

毎年異常気象ってことですね。

 

 

 

前回のブログで「華甲園」が登場してきました。

名店でしたね。もう行きましたか?

 

 

その華甲園からほど近く、三福寺にある喫茶店

「The mall」さん

f:id:gk-murai33-gk:20180928221726j:plain

 

これは入りづらいわ。

迷わず階段を上りましょう!

 

店内はローカルな雰囲気が漂う。

f:id:gk-murai33-gk:20180928222125j:plain

 

ベテラン女子2人で回していました。

昔の建物だから造りが面白いね!

f:id:gk-murai33-gk:20180928222340j:plain

 

Aセツト

Bセツト

 

小さい「っ」が苦手そうです。

高山では一般的なモーニングの内容ですね。

 

日替わりランチが気になりますが、華甲園でたらふく食べたので今回はパスです。

f:id:gk-murai33-gk:20180928222715j:plain

 

ホツトジュースも出来ます。

 

小さい「っ」が苦てそうです。

チ「ョ」コは打てるみたい。

f:id:gk-murai33-gk:20180928222848j:plain

 

今回は食後のスイーツを。

 

パフエ&ドリンク

パフエ&ホットケーキ(このツは正確)

パフエ&サンドウイッチ

アイスクリーム$ケーキ

 

アイスクリーム$ケーキ

 

$!!!

 

これは完全に騙された!笑

ブログ書いてて気づいた。

 

名店は全てを完璧にしないんですね。

 

にしてもミニセツトが気になりますよね。

食べてきましたよ。

f:id:gk-murai33-gk:20180928223457j:plain

 

統括本部長は「小倉パフエ」

ってその前にミニちゃうやーーーーーん。

ノーマルサイズやん。

ちなみにプリッツが刺さってます。

f:id:gk-murai33-gk:20180928223730j:plain

 

副部長は「ヨーグルトパフエ」

こちらもミニ要素は皆無。

お腹いっぱいなのに...

f:id:gk-murai33-gk:20180928223905j:plain

 

部長の私は「チョコパフエ」

もう、ミニちゃうやん。

フルーツたくさん。5種類。

 

 

パフエに統一して言えることは、

シリアルが入ってない。

普通のパフェの多くがシリアル入り。

 

ここのママさんが

「私がシリアル入り嫌いなのよ」

とのこと。

 

全ての決定権はこの人にあると確信。

 

でもシリアルいらないって人のが多い気がする。

ですよね?

 

 

このパフエにコーヒーがつくのをお忘れではないだろうか。

このパフエ+コーヒーで750円は安い。お得。

 

ネット情報が非常に少ない店なのでグーグルマップで。

goo.gl

 

 

名店中の名店でした。

f:id:gk-murai33-gk:20180928225133j:plain

 

Pを隠してでも店名にしたかったみたい。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

その後...

 

ランチへ行ってしまいました。

 

 

名店はお客さんを惹きつける何かを持っています。

今日の日替わりは...

f:id:gk-murai33-gk:20180930084923j:plain

 

これら。

 

大「ランチって表に書いてあったの全部出てくるんですか?」

店「はい。」

「!?」

 

それがこちら。

f:id:gk-murai33-gk:20180930085047j:plain

 

最強のコスパ

日替わりランチ850円。

これにコーヒーがついてきます。

天ぷらの盛り合わせとかこれだけで600円は取れそうなボリュームとクオリティ。

 

その他の小鉢も美味しかったです。

 

 

そして、The mall定番のパフェ。

今回もミニパフェにしてもらいました。

f:id:gk-murai33-gk:20180930085347j:plain

 

どこがミニやねん!(毎回)

素晴らしい。

統括本部長、副部長が頼んだものも一緒に。

f:id:gk-murai33-gk:20180930085614j:plain

 

圧巻。

うぇいって感じ。

 

レトロ喫茶の名店は色あせません。

むしろ今だから光って見える。

 

車で高山へお越しの際はぜひ「The mall」さんへ。

岐阜県観光大使の新規開拓~本格的な台湾料理をココ、高山で~

好きな料理はサラダ、大使です。

 

 

皆さん、野菜、足りてますか?

野菜が苦手な人ってたぶん美味しくない野菜を食べてきたからなんだと思うんです。

本当に美味しい野菜を食べたら意外といけるかもしれませんよ!

飛騨の野菜は日本一!

 

 

 

さて新規開拓事業も板についてきました。

この日は、

新規開拓事業部統括本部長新規開拓事業副部長でランチ。

もちろん新規開拓です。

ちなみに大使は新規開拓事業部長です。

 

お店はココ

f:id:gk-murai33-gk:20180924100724j:plain

 

台湾料理 華甲園」さん。

三福寺という場所にお店はあります。

 

ところでみなさん、ベトコンラーメンの正式名称ってご存知ですか?

ベトベトコントロールラーメンでもなければベトナムラーメンでもなければ...

 

「ベストコンディションラーメン」ですよ!

 

覚えてね。

www.k-betokon.com

 

f:id:gk-murai33-gk:20180924101151j:plain

 

安いでしょ?

さて、店内へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180924101232j:plain

 

店内非常に綺麗です。

これはこれは料理も期待ができるぞ!

f:id:gk-murai33-gk:20180924101322j:plain

 

カウンターは壁を見ながらの食事パターン。

心を無にして食べます。

カウンター写真右側に見にくいですが認定証があります。

これは飛騨牛を正式に提供していますという証。

台湾料理では珍しいですね。

f:id:gk-murai33-gk:20180924101727j:plain

 

ランチが安い。

素晴らしいコストパフォーマンスですね!

副部長はコレを

f:id:gk-murai33-gk:20180924101816j:plain

 

天津飯+ラーメン!

これで650円は安い。

天津飯がバリ美味い!これを食べに行くだけでも価値はある!

f:id:gk-murai33-gk:20180924102054j:plain

 

統括本部長は唐揚げランチ!

これでも650円!

唐揚げも美味いんだよなー。

バリュー感最高!

そして僕の酢豚ランチ!

f:id:gk-murai33-gk:20180924102303j:plain

 

どこが酢豚やねん!

野菜どこやねん!

気づけや!笑

唐揚げと瓜二つや!

肉の味付けは酢豚でしたが、野菜はいずこへ...

僕の知ってる酢豚は

f:id:gk-murai33-gk:20180924102442j:plain

 

野菜たくさん!

これやん酢豚って。

 

でもこういう間違いがB級で良いですね。

文句はもちろん...

言いません。

 

てか店員さんが本当に本当に、

めんどくさそう!笑

素敵!笑

 

っていう感じの華甲園でした。

本当に美味しくて安いから行ってみて!

 

 

 

同じ敷地内に何と

f:id:gk-murai33-gk:20180925231200j:plain

 

中華料理界の重鎮がありましたが、お客さんは華甲園のが多そうでしたね。

チェーン店が流行らない町、高山。

お店の前に見慣れない自販機が

f:id:gk-murai33-gk:20180925231307j:plain

 

見たことあります?

コンビニで買うよ!

 

 

以上新規開拓でした。

岐阜県観光大使の出張~奇跡の土地・伊豆へ行ってきました。南国だ。~

海より川派、大使です。

 

岐阜県民は恐らく川好きが多いはず。

 

 

 

前回の続きです。

伊豆編。

 

 

濃すぎる1日目を終えて2日目です。

 

 

朝食から。

f:id:gk-murai33-gk:20180926220340j:plain

 

道の駅・開国下田みなと

にある市場の食堂。

朝潮丸」さんです。

ここは朝食が食べられます。

f:id:gk-murai33-gk:20180926220613j:plain

 

鯵のたたき丼。600円。やっす。

f:id:gk-murai33-gk:20180926220741j:plain

 

見ただけで分かる。

美味いやつや。

朝からこんな贅沢していいのかしら。

味噌汁うまし。

f:id:gk-murai33-gk:20180926220845j:plain

 

「下田の海の幸は天下一品」

その通りでございます。

www.kaikokushimodaminato.co.jp

 

 

贅沢な朝ごはんを食べた後は先端へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926221650j:plain

 

伊豆半島の先端石廊崎です。

f:id:gk-murai33-gk:20180926221747j:plain

 

見てこの迫力。

世界の終わりを見ているような。

とても迫力のある景色。

御前崎よりとがっていて感動。

迫力は折り紙付き。

f:id:gk-murai33-gk:20180926221951j:plain

 

そういえばハイビスカス咲いてました。

沖縄ですか?

いえ、伊豆です。

沖縄以外でハイビスカス見たの初めて。

本当に温暖な気候なんですね。

西伊豆への道中、衝撃的な光景が。

f:id:gk-murai33-gk:20180926222132j:plain

 

沖縄?

いえ、伊豆です。

今話題のヒリゾ浜です。

www.xn--v8jc917u0iji15d.com

 

綺麗すぎません?

ずっと見とれる。何分いたかな。

思わず、

f:id:gk-murai33-gk:20180926222859j:plain

 

自撮りするよねー。

綺麗すぎるー!

やばいー!

停泊している船が浮いてるように見えません?

 

後ろ髪を引かれながら次の目的地へ。

烏帽子山、雲見神社。

おぞましい階段をひたすら上ってたどり着いた先、

f:id:gk-murai33-gk:20180926223430j:plain

 

みよ!

この景色!

海の綺麗さが沖縄や。

というか、海面のレベルからこの高さまで階段で上るんですよ!

辛すぎる...

でもこの景色を見たら疲れが吹っ飛びます。

せっかくなんで周りの景色も

f:id:gk-murai33-gk:20180926223822j:plain

 

ギャーーーーー!!!

ここ怖すぎ。

僕たち岩の上にいるんですよ。

下を見るのが怖すぎる。

遠くには、

f:id:gk-murai33-gk:20180926223928j:plain

 

富士山!

フジサン!

Mt,Fuji!!!

感動。

海越しの富士山。最高に綺麗、美しい。

登ってきて良かったと思えます。

 

でも本当にきついので足腰弱い方、やめたほうがよさそうです。

 

続いては仁科という場所。

食堂を探していると、

f:id:gk-murai33-gk:20180926224243j:plain

 

食堂「河津屋」さん。

暖簾がドアに挟まっているのがいいですね。

創業90年の老舗食堂。

現在4代目です。

f:id:gk-murai33-gk:20180926224418j:plain

 

食堂でカラーメニュー。

儲かってるに違いない!

そんな河津屋で頼んだメニューは。

f:id:gk-murai33-gk:20180926224519j:plain

 

肉丼!!!

めちゃくちゃ美味い。

最高のひととき。

叶うものなら岐阜の地でこの味を食べたい。

絶対また行く。

関連ランキング:丼もの(その他) | 西伊豆町その他

 

 

濃い味付けを食べた後はデザート。

定番ですよね?

f:id:gk-murai33-gk:20180926224852j:plain

 

お菓子処「菊水」さん。

飴屋さんです。

ここ、飴がかかったかき氷が食べられるんです。

f:id:gk-murai33-gk:20180926225011j:plain

 

高山ではもう食べられないかもしれないかき氷。

伊豆で食べました。

おそらく今年最後のかき氷。

氷の上に飴。

斬新な発想ですがけっこう昔からやってたみたい。

創業80年、飴を売ってきた名店。

そんな商品も、

f:id:gk-murai33-gk:20180926225201j:plain

 

これ大丈夫ですか?

怒られないですか?

面白かったらいいんです、伊豆。

元気、取り戻しましょ。

関連ランキング:和菓子 | 西伊豆町その他

 

修善寺へ戻る途中、堂ヶ島公園へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926225509j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20180926225529j:plain

 

自然が作り出すアート。

芸術です。

火山が作り出したんですね。

go-izu.com

 

公園の近くに加山雄三ミュージアムが。

f:id:gk-murai33-gk:20180926225817j:plain

 

雄三に言われたら、ねえ。

ちなみに伊豆出身でも伊豆に住んでるわけでもありません。

謎が多いミュージアム

加山雄三ミュージアム

 

さて、修善寺に戻ってきました。

夜ご飯はここ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926230005j:plain

 

ものすごいネーミング。

とんかつ食うぞー!

f:id:gk-murai33-gk:20180926230049j:plain

 

デカすぎるわ。

胃がおかしくなるわ。

持ち帰る人連発。

さすがに女性には多いですね。

味は最高に美味しいです。

特にお肉に拘っている感じありました。

次の日は無条件に胃もたれ

関連ランキング:とんかつ | 牧之郷駅

 

そして今回の宿。

f:id:gk-murai33-gk:20180926230228j:plain

 

「Hostel knot」さん。

とてもきれいな宿でした。

オーナーのリョウヘイさんも伊豆大好き人間。

岐阜大好き人間×伊豆大好き人間

いつまでもしゃべっていられそうでした。

楽しい夜でしたよ。

hostelknot.com

 

次の日は朝から町歩き。

f:id:gk-murai33-gk:20180926230450j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20180926230456j:plain

 

温泉街といて完成された町でした。

とても歩きやすい。周りやすい。

川を中心に町が造られていると観光客は見やすいですね。

 

お昼ご飯は、

f:id:gk-murai33-gk:20180926230619j:plain

 

野菜が美味しいと評判の「あまからや」さん。

カレーを食べます。

f:id:gk-murai33-gk:20180926231016j:plain

 

絶品であります。

野菜も新鮮でまだ生きてる。

f:id:gk-murai33-gk:20180926231029j:plain

 

チーズケーキ。

こちらはグルテンフリーです。優しいですね。

izu-amakaraya.com

 

場所は最終目的地、伊東温泉。

f:id:gk-murai33-gk:20180926231140j:plain

 

250円の公衆浴場に入りました。

地元のおっちゃんばかりでした。

 

 

 

とても幸せな3日間でした。

観光大使に案内される観光大使

やはり内陸県にはない発見があり旅はいいなぁと実感。

 

また行きたい!

そう思わせてくれる伊豆でした。

訪れた者を魅了する土地です。

 

伊豆最高です!!!

岐阜県観光大使の出張~奇跡の土地・伊豆へ行ってきました。南国だ。~

海より山派、大使です。

 

 

それぞれ意見が割れますが、が、が、

大使は山派。

山って考えながらも歩けるし(木が何でこういう風に生えているのか等)景色のいいところへ行けば何も考えずにボーっとできる。

 

そんな山が大好きの、大使です。

 

 

 

本題に入る前にコチラ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926083724j:plain

 

沖縄の海。

ではありません。

伊豆です。

 

 

朝早くから行動しました。

そう!

久しぶりに新幹線に乗るため!

f:id:gk-murai33-gk:20180926083926j:plain

 

7時59分発ぷらっとこだまで静岡へ。

静岡からは鈍行で三島まで行きました。

 

そこで待ち合わせたのは

伊豆大好き人間、たくや。

f:id:gk-murai33-gk:20180926084143j:plain

 

真ん中のなぜかトウモロコシを持っている青年。

実は彼、今年の夏に高山へ遊びに来てくれていたんです。

そこで出会い、今回は僕が伊豆へ。

 

そんなたくやくんのブログがコチラ↓

takuya262.hatenablog.com

 

伊豆愛に満ちたブログもよろしくお願いします。

 

 

そして合流後最初の行先は、道の駅みたいな施設。

めちゃくちゃいいスタートダッシュやん。

f:id:gk-murai33-gk:20180926084448j:plain

 

伊豆・村の駅。

地のものが集まり人が集まる。

まさに現代の理想とされるものがここにはあった。

それにしてもすごい人!

f:id:gk-murai33-gk:20180926084715j:plain

 

個人的にご当地バーガーを出すのは最終系。

何も手札がない時に出すのがご当地バーガーだと思っていますが、

このバーガーいい感じでシャレが利いてるやん?

「This 伊豆 SHIITAKE バーガー」って。

これだけでインスタン映えです。

 

店内には色々な野菜や海産物、お土産屋惣菜が所狭しと並んでました。

 

さっそく勢いのある伊豆を見せつけられました。

www.muranoeki.com

 

お昼時です。

お腹が空いてきました。

少し車を走らせ、山中へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926085515j:plain

 

お店の駐車場からはこんな里山風景が。

天気はどんよりだけど落ち着く。空気がいい。

稲がみんな色づいたら綺麗なんだろうなー。

 

ランチは「やまびこ」さん。

なんでも自家自然有機栽培で育てた野菜を使って料理を出してくれます。

最初に出てきたのが

f:id:gk-murai33-gk:20180926085920j:plain

 

斬新!

野菜が美味しいからできるこの盛り合わせ。

 

注文したのは

f:id:gk-murai33-gk:20180926090028j:plain

 

香味蕎麦(1,300円)

これでもか!っていうくらい野菜が乗ってます。

到着後早々からこんなに野菜を食べられて幸せですね。

f:id:gk-murai33-gk:20180926090227j:plain

 

手書きの案内マップ。

現代は機械やパソコンに頼りっぱなしですが、やっぱり手書きが一番愛を感じますね。

ロケーション最高!名店です。

www.yamabiko-izu.com

 

続いて向かったのは

f:id:gk-murai33-gk:20180926090546j:plain

 

なんだかカッコイイ建物。そして横文字。

「BAIRD BREWERY SHUZENJI」

ビール工場です。

 

タップルームという試飲(有料)ができる場所へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926092803j:plain

 

こんなに種類が...

悩めるわー。

 

ビールはあんまり得意じゃないので店員さんに飲みやすいビールを選んでもらいました。これ↓

f:id:gk-murai33-gk:20180926092953j:plain

 

なんか飲みやすかった!

名前忘れた!

 

もともと沼津にあった工場を移設。

ホップから育てたいということになって現在の修善寺に移設したようです。

 

もっと全国で飲めたらいいね!

ベアードビールHP↓

https://bairdbeer.com/ja/

 

昼から一杯ひっかけて向かった先は

f:id:gk-murai33-gk:20180926093820j:plain

 

「つづら折り~浄蓮の滝~♪」

石川さゆりさん天城越えでお馴染みの浄蓮の滝へ行きます。

こんな人?がお出迎え

f:id:gk-murai33-gk:20180926094011j:plain

 

「滝推し」なのか「わさび推し」なのか。

ゆるキャラではないはず!

 

さあ、滝見るぞ!

f:id:gk-murai33-gk:20180926094136j:plain

 

途中ワサビ田が。

そう、天城周辺はわさび生産が盛んです!

 

浄蓮の滝

f:id:gk-murai33-gk:20180926094258j:plain

 

水量えぐい。

迫力がものすごいです。

柱状節理が綺麗に残っています。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094414j:plain

 

youtu.be

 

あなたと越えたい天城越え

 

浄蓮の滝を後にして、

道の駅天城越えへ。

ここではこんなものを食べます。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094738j:plain

 

わさびソフトクリーム。

驚愕でしょ?

本わさびがちょこんと乗った一品。

味は...想像にお任せいたします。

 

ソフトの後は観光大使たくやオススメの場所。

滑沢渓谷。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094951j:plain

 

とにかくネイチャーな場所。

マイナスイオン浴びまくります。

f:id:gk-murai33-gk:20180926095031j:plain

 

たくや、この青を見て何を思う。

「滑沢ブルーって名付けちゃいましょうかね!」

 

よろしい!付けよう!

 

仁〇ブルーって言葉あるけど気にせず付けます!

 

人も少なく、車の音も聞こえずですごく神秘的な場所。落ち着く。

 

そしてついに、

天城越え!!!

 

の写真はないので、これで想像してください。

youtu.be

 

again

峠越えの定番曲。

この曲を聴きながら峠を越える人は少なくないはず。

たぶん過去100万人はいたはず。

そして

f:id:gk-murai33-gk:20180926095613j:plain

 

越えた先のループ橋。

あっけなく僕の天城越えは終わりましたが、充実。満足。

 

その後はいざ、下田へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926095832j:plain

 

情緒ある下田の町並み。

こんないい町並みで素敵なお洒落なお店が多いのに、

電柱が地中化されてない!!!

いいのか下田!!!笑

 

せめてこの通りだけでも...と感じた大使でした。

 

ついでに下田の町をブラブラ。

 

たくやくんがオススメするパン屋へ。

コレが有名。

f:id:gk-murai33-gk:20180926201603j:plain

 

「平井製菓」さんの

ハリスさんの牛乳あんパン。

 

これ、美味い。

日にちの関係(気温の関係も)でお土産買ってこれなかったけど、食べる価値あり!

お取り寄せできるそうです。

ぜひ食べてみて!

hiraiseika.shop-pro.jp

 

その後も下田の町を歩きましたが、素敵なお店が本当にたくさんある!(レトロ)

全部の店入りたかったけど夕飯は決めていたので今回はパス。

下田に通って調査する価値あります。

定食屋さんと中華が多め。

どの店も1,000円でおつりがくる名店ばかり。

次訪れたら絶対に2軒は入るぞ!笑

f:id:gk-murai33-gk:20180926203459j:plain

 

こんな感じの渋いお店が多いです。

渋い銭湯も。

f:id:gk-murai33-gk:20180926203558j:plain

 

たまらんなー。

魅力の尽きない町でした。

www.shimoda-city.info

 

下田を後にして南伊豆町へ。

やっと、やっとお宿に到着です。

今夜のお宿

f:id:gk-murai33-gk:20180926204046j:plain

 

「ゲストハウスりん」さん。

明るいオーナーが迎えてくれました。

とっても居心地のいい宿だったので1泊で帰るのがもったいなかったですが。

周辺のこともいろいろ教えてくれました。

guest-house-rinn.wixsite.com

 

伊豆に行かれる際は泊まってみてください〇

海まで近いです。

 

夜ご飯と温泉に出かけましょう。

クセの強いお店が大好きなので観光客が行かない地元中華へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926204515j:plain

 

「南京亭」

玄関先のバイクがいい味出してるでしょ?

行ったタイミングでまさかの宴会中。

座敷のない中華で宴会?って思いましたがすぐに入れました。

 

そして入店して衝撃の一言。

南「ご飯ものはなくなったよ。」

大「あ、はい。」

大「焼肉ラーメンで」

南「はい」

...

南「お待たせしました」

f:id:gk-murai33-gk:20180926204955j:plain

 

一色!!!笑

これは期待できる!

 

うん、うまいよ。

普通に味濃いし。

 

宴会やる理由が少しわかった夜でした。

 

お腹がふくれました。

さあ、温泉です。

 

お宿福家さんの温泉に行きたかったんですが、絶賛迷う。

 

彷徨っていたらなんとか到着。

いざ温泉!!!

f:id:gk-murai33-gk:20180926205240j:plain

 

え???

ちょっと。

クセが。

 

トロピカル温泉ってなんね。

さらにポリネシヤ風呂って。

 

少しの恐怖感と多くの期待感を持っていざスライドドアを。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205438j:plain

 

心得です。

料金が格安。300円。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205844j:plain

 

極めて謎。

 

中へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205930j:plain

 

えーっと。

え?

 

木!!!

 

湯舟の上を優雅に飛んでいく龍のように木が!ある!笑

すごいな。

ちなみに温泉はめちゃくちゃいい。

地元民が高頻度で通うほどの温泉。

最高です。

 

ちなみに女性風呂はマンゴーの木が鎮座しているため年に2個くらい実がなるそう。

お客さんは罪悪感に苛まれ食べられないという。

 

1つだけある家族風呂には、

パッションフルーツ

もう何が何だかわからない。

 

男性風呂も特権があります。

詳しいことは直接聞いてください。笑

 

 

ここまでが1日目なんですが、大使ブログ史上初

「後半へ続く」

です。

 

次回をご期待ください!

岐阜県観光大使の新規開拓~高山の喫茶店、デカデカ看板の桐生珈琲~

9月も後半戦に入り1年の早さに驚きを隠せない、大使です。

 

 

早いですね9月も!

なんか毎月言ってるような気がします。

 

だって早いんやもん。

 

 

 

我々美濃地方岐阜地域はモーニングの聖地、喫茶店の聖地です。

正直高山の喫茶店のクオリティやモーニングのクオリティは岐阜地域に劣りますが、いいい喫茶店はあります。

 

飛騨、富山地方のチェーン「桐生珈琲」さん。

f:id:gk-murai33-gk:20180918164452j:plain

 

曇天。

どんてんです、写真映えせえへん。

 

ここは高山下岡本町店。

本店は萩原にあります。

 

デカデカ看板。

f:id:gk-murai33-gk:20180918164850j:plain

 

これはなかなか目立つでしょ?

看板の下のほうは情報量が多すぎるわ。

ごちゃごちゃしよる。

 

いざ入店。

f:id:gk-murai33-gk:20180918165023j:plain

 

店内広々。

カウンターにはコンセント有。

フリーWi-Fi飛んでます。

 

平日におじゃましたせいか店内混雑はしていませんでした。

土日は地元の人出混雑するのかな?

f:id:gk-murai33-gk:20180918165346j:plain

 

この日ランチはいただきませんでしたが、何ともお得そうなランチ。

そして注目すべきはランチの時間帯。

11時~18時って。

ロングタイムやね。

そして土日もランチをやるという太っ腹ぶり。

f:id:gk-murai33-gk:20180918170256j:plain

 

そしてランチ食べない人には朗報。

ここなかなかサービスよいでしょ?

僕は濃厚プリンを頼みました。

f:id:gk-murai33-gk:20180918170551j:plain

 

珈琲美味!

甘味美味!

桐生美味!

ちょっと中国語みたい。

 

小腹が空ているときにこのサービスはいいですね。

その他のメニュー。

f:id:gk-murai33-gk:20180918170730j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20180918170746j:plain

 

充実のラインナップ。

優柔不断の人は行っちゃダメ!(うそ)

 

車でないと町中からは少し遠いかな。

車持っている方は観光の合間にいかがでしょうか。

某有名チェーン店に行く前に一度参考にしてみてください!

PCで作業をされる方もフリーWi-Fiが飛んでいるのでオススメですよ!

 

kiryu-coffee.com