勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~美濃は水、飛騨は山~

靴下を履くときは左から、大使です。

 

 

いきなりですが、岐阜県を象徴する言葉として用いられるのが、

飛山濃水(ひざんのうすい)」

という言葉。

 

今では岐阜県の自然を表現する言葉となっていますが、昔はあまりよくないイメージだった言葉。

 

昔は飛騨地方は山が多く何をするにしてもエライ。

どこに行くにしてもエライ。

飛騨地方は山岳地帯のイメージ。

 

美濃地方は大河が多く、水害がたくさんあった場所。

多くの殉職者をだした工事などもあります。

 

 

そんなマイナスのイメージでつけられた言葉でありますが、

今ではすっかりこの大自然、奇跡の土地を簡単に表す言葉となりました。

f:id:gk-murai33-gk:20190329175306j:plain

 

飛騨の山。

そして、

f:id:gk-murai33-gk:20190329175326j:plain

 

美濃の水。

 

 

こんな素敵な四文字で例えられるのも、大自然が溢れる岐阜県だからこそ。

 

もっともっと前面に押し出して、

飛山濃水を認知してもらえるようにしていこう!

岐阜県観光大使のつれづれ~美濃国、飛騨国~

煎餅は袋の中で割ってから食べる派、大使です。

 

 

岐阜県って影が薄いだとか、何もなさそうだとか、散々言われることがありますが(イメージ持ってる人多いのでは?)、僕に言っても何も感じません。笑

むしろ「え?知らないんや...」と少し残念にも思うと同時に知らずに生きていくのかと悲しい気持ちになります。

 

そんな岐阜県ですが、あまり目立たず「存在感」を出している瞬間があります。

 

 

それが、

 

 

 

天気予報。

 

 

 

であります。

こちらの写真をご覧ください。

f:id:gk-murai33-gk:20190329173217j:plain

 

(日付は気にしないでください)

東海三県と呼ばれる「愛知、岐阜、三重」でありますが、この普段何気なく見ている天気予報を見て何か気づくことはありませんか?

 

それはですね、

岐阜県だけ、「地方」の名称で表示されているんです。

※テレビ局、番組による

 

 

愛知県...西部、東部

岐阜県...美濃、飛騨

三重県...北中部、南部

 

 

見る番組によっては

西三河地方とか言われることがありますが、

どの番組を見ても、岐阜県

 

「美濃地方、飛騨地方」

 

であります。

南部、北部でもいいのにもかかわらず。

 

 

なぜかは分かりませんが、大使が勝手に見て楽しんでる天気予報情報でした笑

気持ち悪すぎますね笑

 

天気予報を見ている大使を見かけたらそっとしておいてください。

岐阜県観光大使のお土産情報~下呂、ゲロ、げろ~

昼寝にぴったりな季節、大使です。

 

 

岐阜県が誇る名湯、下呂温泉

皆さんご存知日本三名泉ですね。

 

下呂のお土産のネーミングは少し変わっております。

いいのか悪いのか。

 

そんな変わったネーミングのお菓子紹介。

f:id:gk-murai33-gk:20190326151543j:plain

 

下呂の香り」

初っ端から捉えようによるとアウトなお菓子。

f:id:gk-murai33-gk:20190326151657j:plain

 

下呂げろまんじゅう」

絵で和らいでいますが。下呂も二回いうことで少しクッションいれてますね。

この商品は枝豆味のまんじゅう。

枝豆は岐阜県の名産品ですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190326151933j:plain

 

これはひらがなでげろ。

f:id:gk-murai33-gk:20190326152047j:plain

 

もう勢いが止まりません。

いま観光客増加で盛り上がっている下呂

 

 

ネーミングすごいね。

 

 

もちろん美味しいですが、ウケ狙いにもピッタリのお菓子です。

 

 

 

そうだ、ひとつ、皆さんにいいたいのは、

 

下呂というイントネーション。

 

「げろ」のアクセントは「げ」です。

「ろ」につけると嘔吐の意味です。

 

温泉をつけると「ろ」にアクセントでいいですが、温泉がつかないときは

「げ」にアクセントを置きましょう。

 

 

以上、色々とアツい下呂土産情報でした。

岐阜県観光大使のつれづれ~DiscoverJapan_TRAVEL飛騨高山~

Have a nive day!!!いい言葉、大使です。

 

 

最近飛騨高山がざわつく本が出版されました。

それが、

f:id:gk-murai33-gk:20190327172907j:plain

 

「DiscoverJapan_TRAVEL飛騨高山」

であります。

 

そう、一冊まるっと飛騨高山。

 

 

買おう買おうと思っていて先日やっとこさ買いました、京都で。

 

 

 

本の中身は、

春夏秋冬の様子がカラー写真で載っているのと、食文化、伝統工芸、匠、高山祭等、本当に永久保存版だと思います。

 

 

よく行くお店や仲良くしていただいている方、「え?それはちょっと...どうなん?」っていうことも載っております。

 

 

 

このブログを読んでいただいている人たちの中にも飛騨高山が大好きな人、たくさんいますよね?

販売されたばかりなので、立ち読みではなく、買って永久保存版として、そしてぜひ書いてあることを実際に感じに来岐阜してください〇

岐阜県観光大使のグルメ情報~天下分け”めん”所 in 関ケ原~

やっぱ高山は落ち着きます、大使です。

 

 

高山→京都の車移動途中に(下道)、関ヶ原という場所を通ります。

そう、皆さんご存知関ヶ原の合戦があった場所です。

 

天下分け目の戦いと言われた出来事ですが、日本を代表する歴史合戦地。

 

 

徳川家康初陣地があったり、石田三成の初陣地があったり、決戦地があったり、色々な見どころがあります。

 

 

関ヶ原で欠かしてはいけないみどころは、ココ

f:id:gk-murai33-gk:20190326144417j:plain

 

「食事処 やまびこ路」さん。

国道21号線沿いにある食事処。

 

なぜ、ごく普通の食事処の紹介なのか。

理由はコレ

f:id:gk-murai33-gk:20190326144644j:plain

 

そう、分岐点なんです。

ここで疑問ですが、

誰が認定地にしたのか笑

 

しかし、これはポジティブに捉えて売っていきましょう!

f:id:gk-murai33-gk:20190326144936j:plain

 

「天下分け”麺”処」

こんな感じで、売っていこう!

 

店内はもちろん歴史の張り出しもの多め。

f:id:gk-murai33-gk:20190326145139j:plain

 

すし処っていう文字はここで初めて出てきます。

f:id:gk-murai33-gk:20190326145503j:plain

 

料理のバリエーションは豊富。

旅の途中でこういう食堂はありがたいですね〇

 

前述にもありますが、うどんの出汁、関東関西の分かれ目。

f:id:gk-murai33-gk:20190326145911j:plain

 

気づきましたか?

出汁はもちろん、餅の違いも、再現。

僕は関西の出汁で食べました。

f:id:gk-murai33-gk:20190326150117j:plain

 

餅が丸いんです。

にしても、器がデカすぎる。

片手で持つのは女性では辛いかも。

f:id:gk-murai33-gk:20190326150251j:plain

 

こういうのや、

f:id:gk-murai33-gk:20190326150357j:plain

 

こういう張り紙も。

なにやら必死さが伝わる掲示物。

関東は負けている模様。

お待ちしております。

f:id:gk-murai33-gk:20190326150527j:plain

 

最後にこういうの大好き。

PULLではないでしょう?

 

 

あと、ホールのおばちゃんは料理提供するときにクセが強め。

提供する時、持っていくテーブルのだいぶ手前から「お待たせしましたー」って言うんです。

もうね、誰に持っていくか分からないくらい。

 

お待たせって言ってから10歩くらい歩きますからね。

 

 

美味しくて、話のネタになる食事処。

行くときは2人以上で行って、食べ比べしてみてください〇

www2.kanko-sekigahara.jp

岐阜県観光大使の季節情報~岐阜市の早咲き桜~

犬(動物)を虐待するやつは本当に許せない、大使です。

 

 

先日岐阜市を通過したときに岐阜城の麓、岐阜護国神社へ行ってきました。

訪問の目的はコレ

f:id:gk-murai33-gk:20190326140615j:plain

 

「鵜飼桜」

であります。

 

岐阜市の早咲き桜です。

樹齢150年を超えるエドヒガンザクラ。

 

 

お休みとイベントの効果も相まって人出がかなりありました。

河川敷の駐車場は満車。

 

神社境内の駐車場は丁度1台空いていました。

 

 

ほかの桜はまだ咲いてないのに、不思議ですよね~

f:id:gk-murai33-gk:20190326141358j:plain

 

満開。

 

鵜飼桜に言い伝えられることがあって、

花数が多いほど鵜飼が豊漁になるということ。

 

今年は花数が多く、豊漁が期待されているそう。

f:id:gk-murai33-gk:20190326141846j:plain

 

1年ぶりの桜って本当に綺麗ですよねー。

桜のためだけに見に来る日本人って本当に素敵。

日本に住む人の特権ですね。これは誇りにしたい。

 

 

鵜飼桜は早く咲いておりますが、他の桜はまだ咲くには時間があります。

入学式と一緒に見られるかもしれませんね!

f:id:gk-murai33-gk:20190326142843j:plain

 

岐阜県は桜の名所がたくさんあります。

県内約1か月は桜を楽しむことができるので(桜前線は北上する)、まだまだ春は続きます。

 

遊びにいらしてくださいね〇

岐阜県観光大使のつれづれ~平成が終わるってよ~

好きなものは最後まで残す、大使です。

 

 

元号が発表されるまで残りわずか。

各地で次の元号を予想するイベントが開催されていますが、はたして何になるのか。

そして見事当てる人はいるのか。

エイプリルフールだからって嘘つく人はいるのか。

 

色々妄想が広がります。

 

 

あれから30年。

 

 

平成がまさに終わろうとしています。

 

 

 

平成といえばココ。

f:id:gk-murai33-gk:20190316173407j:plain

 

「道の駅 平成」

であります。

 

関市は下之保にあります道の駅。

平成はいつまでも続くと思っていたため、あまり注意してみていませんでしたが、忘れてはいけません。

 

駅名の由来は元々この周辺が「平成(へなり)」という地名だったから。

1996年に登録されましたので、平成時代になってからですね。

 

 

ありがとう!平成時代

 

 

とか書かれると寂しいですね。

 

上之保のボランティアの時は毎日のように食料調達でお世話になりました。

砂まみれだった駐車場を忘れません。

f:id:gk-murai33-gk:20190316173924j:plain

 

情報が比較的多いのもいいとこ。

名物のしいたけはぜひとも表示したかったんですね。

 

にしても右側のゆるキャラはなんなんだ。

Hey!せいべい君ってギリアウトじゃない?笑

 

整理が追いつかないのもいいとこ。

f:id:gk-murai33-gk:20190316174154j:plain

 

さっそくやってますね。

的中させたっていう言葉のチョイスが素晴らしい。

平成がまさに終わろうとしているのに、平成グッズを渡しちゃうあたり、素敵。

 

元号パブリックビューイングもするそうです。

f:id:gk-murai33-gk:20190316174438j:plain

 

おそらく景品で渡されるであろう平成グッズ。

入口の一番いいところに配置してありました。

 

 

こう見てみると平成って愛されてますね。

平成に生まれた僕たちは、一時代終わるような気がして寂しいです。

 

 

色々あった平成時代。

時間がありませんが、改元までの間に「道の駅平成」で平成31年間を振り返ってみてはいかがでしょうか。

www.michinoeki-heisei.nksv.net

岐阜県観光大使の観光客募集のお知らせ~正直な宿は好きです~

みやび庵やっちゃんの投稿を見て鰻が食べたくなりました、大使です。

 

 

高山にはゲストハウスという簡易宿泊施設がたくさんあります。

いわゆる素泊まりの宿。

 

 

僕が高山にハマり、通いだしたキッカケの宿、

f:id:gk-murai33-gk:20190323173647j:plain

 

「ゲストハウス串焼き」

 

 

 

ではありません。

間違えた。

 

「ゲストハウスとまる」

 

です。

 

オーナーのしんごさんや家族には大変お世話になりましたし、今もお世話になっている宿。

僕が高山を好きになったキッカケの宿です。

 

 

そんなとまるですが、スタッフの入れ替わりでスタッフ募集をしていました。

それと同時に予約サイトを少し止めておいたそうなんです。

 

 

 

しかし!!!

 

 

 

最近になってスタッフが集まってきたみたいなんです〇

いいことなんですが、スタッフはいても予約サイトを止めていたのでお客さんが...

 

 

 

 

ということで、直球で書きます。

 

 

 

 

 

みなさん、とまるに泊まろう。笑

高山へ遊びに来よう。笑

 

お客さんを募集しているみたいなので遊びに来てください。

 

 

大使が高山の魅力にハマったきっかけの宿です。(3回目)

これだけ説得力のあるワードはないでしょう。笑(自分で言っちゃう)

f:id:gk-murai33-gk:20190323174347j:plain

 

ラウンジにあるこのソファー、座りやすいんやよ。

壁には必要最低限、観光客が一番知りたい情報が張り出されていてわざわざパンフレットやスマホを見なくても大丈夫です。

 

ちなみに高山で8年?やってるゲストハウスでなかなかの古株です。

オーナーのしんごさんは東京からの移住者。

でも、高山のこと、飛騨のこと、町のこと、移住について、将来宿をやってみたい人など、幅広い経験知識を持っている人なので相談事を勝手に受け付けます笑

 

 

安定感抜群で居心地抜群で交通の便抜群のとまるに一度泊まってみてはいかがでしょうか〇

www.hidatakayama-guesthouse.com

 

外部の予約サイトを通して予約すると、宿側に手数料がかかります。

宿に優しい旅人になるためにも、メールか電話、大使に言っていただければ予約をいれておきますのでお気軽にお問い合わせください〇

(Booking.comやExpediaでももちろん予約は受け付けております!)

岐阜県観光大使のグルメ情報?~ラーメンの美味しさの先~

イチロー長い間お疲れさまでした、大使です。

 

 

普段のグルメ情報はラーメン店のことを取り上げないでいたんですが、

今回お邪魔したラーメン屋

「麺屋 力」さん。

f:id:gk-murai33-gk:20190323145152j:plain

 

外観は定食屋。

看板と店内はラーメン屋。

とっても人気のラーメン屋で土日は必ず並ぶ名店。

 

こだわり抜かれた食材、麺。

f:id:gk-murai33-gk:20190323145430j:plain

 

当店のらぁ麺は進化し続けます。

 

「らぁ」で力が抜けてしまいます。

ラーメンではダメなんでしょうか。

 

メニュー数は決して多くはありませんが、

f:id:gk-murai33-gk:20190323145630j:plain

 

シンプルなメニュー表。

名前を言わず、番号で答えても大丈夫ですよ。

①番なんて「至宝」ですからね。

ラーメンに至宝ってつけてるの初めて見ました。

 

期待します!

f:id:gk-murai33-gk:20190323145910j:plain

 

ででん!

もう美味そう。

てか美味い。

 

高山ラーメンは塩辛いですが、このラーメンは辛くありません。

高山ラーメンとして見ないほうがいいかも。(もちろんいい意味で)

 

鶏むね肉や豚肩ロースも美味しい。

 

お客さんが並んでまで食べたい理由が分かります。

 

〆は

f:id:gk-murai33-gk:20190323150205j:plain

 

スーチャー丼であります。

刻んだチャーシューとラーメンの残りスープをぶち込んでお茶漬けのように食べます。

 

んー、美味。

 

 

トータル的にみても満足度の高い麵屋。

オープンと同時に入店すると並ばずに食べられます。

 

 

ぜひみなさんも麵屋力さんへおこし...

 

 

いやいや、大使のラーメン屋紹介がここで終わるわけありません。

 

 

 

ここの名物は何と言っても大将の

「湯切り」

であります。

 

横綱が土俵入りするときくらいの迫力です。

f:id:gk-murai33-gk:20190323150754j:plain

 

振りかぶって...

f:id:gk-murai33-gk:20190323150908j:plain

 

振り下ろす。

これを2回。

 

極めつけは、

f:id:gk-murai33-gk:20190323151026j:plain

 

よいっしょぉーーーーーー!!!!!!

って声を上げたくなるほどの大将の躍動感。

 

両国国技館か?と錯覚するほどの迫力。

素晴らしいです。

 

この完璧な湯切りのおかげで、繊細なスープが薄まることなく最後まで美味しく食べられます。

 

 

ラーメンに集中するもよし、大将の湯切りに集中するもよし。

 

 

素敵なラーメン屋でした。

www.facebook.com

岐阜県観光大使のお酒情報~渡辺酒造蔵まつり~

金なら腐るほどあるって心から言ってみたい、大使です。

 

 

先週のお話ですが、古川町にある渡辺酒造さんで蔵まつりがありました。

f:id:gk-murai33-gk:20190321173419j:plain

 

この写真は蔵まつり感ありませんが、ちゃんとした蔵まつりです笑

雪が降る中、行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190321173515j:plain

 

渡辺さんといえばこの銅像

思わずシャッターを切りたくなる銅像です。

振り返ってみると、何故撮ったのか。なぞだけが残りました。

f:id:gk-murai33-gk:20190321173644j:plain

 

受付を済ませ、中に入ると、酒米のサンプルが。

たくさんの種類を扱っているんですね。

僕は渡辺酒造蓬莱の愛山が好きです。

 

この蔵まつりは一部を除き日本酒が飲み蓬莱。

間違えた、飲み放題。

 

 

この展示のお隣では...

f:id:gk-murai33-gk:20190321173821j:plain

 

地酒ガチャなるものが。

出たものを振り返ったら、確かにハイリスクでした。

でも、お酒はもらえます!

このガチャは蔵まつりの時だけではなく、通常営業の時もできます。

f:id:gk-murai33-gk:20190321173951j:plain

 

一緒に行ったけんじと大司は利き酒イベントを。

全然当たってなかった。

まだまだやな~笑(去年僕はひとつも当てることができませんでした。)

f:id:gk-murai33-gk:20190321174116j:plain

 

しかし気を取り直し、コスプレ。

似合ってると思います!渡辺さんで働こう!

このはっぴほしいんだよなー。だれかくれないかな。

f:id:gk-murai33-gk:20190321174242j:plain

 

日本酒を作る上でかかせないものが麹。

試食で来たので食べてきました。が、

栗の感じは遥か彼方で感じました。

日本とノルウェーくらいの距離感だったと思います。

f:id:gk-murai33-gk:20190321174506j:plain

 

いよっ!!!

これぞ蔵まつりの醍醐味。

二人ともけっこう飲んどったな。笑

こんな目の前に置かれるとそりゃ飲みたくなりますよね。

 

あとは出口でお酒を購入できる売店が仮設されています。

 

外にはいろいろ地元企業が出店しており、とっても賑やか。

土曜日は「8.6秒〇ズーカ」が来ていたそう。

毎年ひとブームさった人たちを呼ぶのが渡辺流。

 

 

こんな感じで今年の蔵まつりが終了。

 

いったい何本空瓶がでたのか気になるところですが。

f:id:gk-murai33-gk:20190321174859j:plain

 

大司目がいってるぜ笑

気持ちがよくなってる証拠ですね笑

 

 

来年も開催されると思いますので、今年来た人は必須。

来てない人は3月の予定を今から空けておいてくださいね。

 

酒好きなら来るべし!!!!!

www.sake-hourai.co.jp

岐阜県観光大使のつれづれ~たいせいに贈る感謝。~

好きなコーヒーはコロンビア、大使です。

 

 

前に東京へ行った際、銭湯で素敵な出会いをしました。

あ、このお話はノンフィクションです。

 

大使は友達と酔っ払って銭湯に行ったわけですが、露天風呂で少年と会話をしました。

「この辺に住んでるんですか?」

少年は、

「そうです。」

と答えます。

 

 

この言葉をきっかけに、

f:id:gk-murai33-gk:20190320173108j:plain


少年は飛騨高山へやってきました。

 

 

 

高山の銭湯っておじいちゃんおばあちゃんが多めなんですよ。

「東京は銭湯にも若者って来るんや」

という単純な感想から会話が始まりました。

 

いやいや、普通に怪しいやつやん。

 

って思われてもしょうがないですよね笑

 

 

でもね、銭湯とか茶店って最高のコミュニケーション会場だと思うんですよ。

常連になればお互いの生存確認にもなるし(あれ?最近〇〇さん見ないね。とか)、情報共有という意味では週刊誌よりも早く噂、情報は広まる場所。

 

それが銭湯。

 

せっかく知らない土地まで来たんだから話しかけよう。

それが大使のスタイル。

 

 

 

少年の名前は「たいせい」

東京で生活するいわゆるシティーボーイ。

f:id:gk-murai33-gk:20190320173534j:plain

 

高山に帰ってしばらくすると、

「本当に高山へ遊びに行ってもいいですか?」

 

こんな連絡が。

 

「もちろん。」

 

 

 

この出会いのもと、たいせいは知人に高山へ行くということ、銭湯で変なおじさんから声をかけられてその人を訪ねに行く。

そんなことを話したそう。そう、親にも。

 

 

知人や親は口を揃えて

「やめたほうがいい、騙される。」

 

といったそうです。

 

 

 

たいせいは昔に人間関係で少し悲しい経験をした持ち主。

周りのみんなは放っておくわけがないですね。

行くのを止めるのが友達。

むしろそれは一般社会では正しいこと。

 

 

 

 

でも、来てくれた。

f:id:gk-murai33-gk:20190320173947j:plain

 

ブレブレ笑

 

 

余談ですけど最近自撮りが上手くない笑

 

 

 

冷静に考えると銭湯で1時間くらいしか会ってない見ず知らずの奴を訪ねるって、

 

 

 

 

たいせい、お前は勇気のあるやつだ。笑

 

僕なら行かないかもしれない笑

 

 

 

でも、たいせいが勇気を出して、極端な話死ぬかもしれないという感情のもと、来てくれたのは分かってました。

でも何かのアンテナが反応したんでしょう。

 

高山という自然豊かな土地を、何もストレスを感じない土地を。

 

行くべき場所なんて日本中どこにでもありますからね。

 

 

そして、こんな出会いはしたことないので、このおじさんを信じてみるか。

もしかしたらそんな感じで来たのかな。

 

 

 

僕は精一杯のおもてなしをさせていただきました。

色々な人に出会うというおもてなし。

 

古い町並みをみて感動しているたいせいに城下町の歴史なんて必要ない。

ただそこに連れていき、非日常を、この町を感じてほしい。

見るもの全てが新鮮だったでしょう。

 

僕たちが普段見ている何気ない景色でさえ、都会っ子には新鮮そのもの。

 

 

一切の歴史を話すことなく滞在は終わりました。

f:id:gk-murai33-gk:20190320174626j:plain

 

スマホの充電がすり減っても大好きなお店に通ったねー。

安心して、

ここはいつでも君の居場所だ。

 

 

 

そして夜遅くでも呑みに付き合ってくれてありがとうな。

 

 

 

今回の滞在でたいせいは好奇心のある人だと感じた。

色々な人のお話が聞ける人。聞く人。

 

そして自分の経験にできる人。

 

 

 

僕の好きな言葉で、

「好奇心に逆らうな」

っていう言葉があるけど、まさに今回の滞在、訪問はそれだと思う。

 

 

動かなければ出会うことのなかった人たち、お店、景色、空気。

 

 

もとはというと僕が銭湯で話しかけていなかったら、

この出会いは一瞬の出会いで終わっていた。

遡れば遡るほどこの出会いは奇跡。

 

東京にこの期間に行ったこと、新宿で呑んだこと、はしごをしなかったこと、あの銭湯を選んだこと...

 

どれか一つでも違う選択をしていたら会ってなかったかもね。

 

 

 

 

全ての出会いには意味がある。

これこそ最高の縁だ。

 

 

 

 

とても感謝しています。

来てくれたこと、楽しんでくれたこと、また来てくれると約束してくれたこと。

最後の悲しそうな顔は印象的でした。

本当に寂しそうな顔。

 

 

 

いつでも待ってます。

ひとりでもいい、友達とでもいい、彼女(できたらね!笑)とでもいい。

 

 

 

岐阜県は来た人を必ず笑顔にさせます。

 

 

美味しい空気が吸いたくなったら、

戻っておいで~

 

来てくれて本当にありがとう。またね!

f:id:gk-murai33-gk:20190320175157j:plain

 

岐阜県観光大使の温泉情報~山奥の地元民が多い名湯~

みたらし団子は醤油味派、大使です。

 

 

いくつか記事を書いてきました、飛騨の名湯の特集をしていなかったと思い、今回満を持しての登場。

地元も民が愛してやまないお湯。

f:id:gk-murai33-gk:20190319172938j:plain

 

「荒城温泉 恵比須之湯」です。

 

地元民憩いの場なのでブログに載せようか迷いましたが、

公共交通機関を使ってくる人や、車で日帰りが多い高山なので来る人は少ないやろうということで書きます。

場所も場所なのでね。

 

浴場の写真は控えますが、掲示物は多めに撮っておきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190319173233j:plain

 

ここの常連さんにお話を聞くと、昔はもっと上流にあって、ここはまだ新しいんやよ。とのこと。

 

右の張り紙は一見フリかな?とも思えますが、飲まないほうがいいと思います。

たぶん体内おかしなる笑

 

これも浴室でお湯を見たら成分の強さが分かるでしょう。

f:id:gk-murai33-gk:20190319173450j:plain

 

一番上のお願いは本気のお願いだと思います。

用法容量を必ず守りましょう。的なね。

f:id:gk-murai33-gk:20190319173559j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190319173637j:plain

 

なにやら専門用語や化学的なこと書いてありますが、

要するに、

 

 

 

最高の温泉

 

 

 

ということです。

 

体に気泡が付く炭酸泉です。(源泉のみ)

 

 

みなさん温泉に行くと疲れが取れるじゃないですか?

ここも確かに疲れが取れるんですけど、温泉成分が最強のためか、

 

めちゃくちゃ疲れる。

 

出た後に襲い掛かる脱力感。(いい意味で)

もうこのあと何もしたくない!ときっぱり思わせてくれる温泉。(いい意味で)

 

 

内湯1つ(42℃)、外湯1つ(40℃)、源泉(26℃)

 

 

源泉以外の浴槽は、加温をしているので化学反応で濁ります。

茶色っぽい鉄臭い感じ。

源泉の炭酸感は加温すると気化してしまうので濁り湯では気泡は付きません。

 

内湯の床は温泉の成分で千枚田状態。

温泉好きはたまらない光景やと思います。

 

 

そして外湯と言っても露天ではありません。

天井が透明なだけです。

 

雨などが入ってきて成分が薄くなるのを避けるためかと。

 

 

しかし、最高の温泉ですよ。

僕はここの温泉が東海地方で間違いなく一番だと思います。

 

そんな温泉まで車で20分。

 

 

 

 

最高。

 

 

 

結構なスパンで来ていることになんと、気づいてしまったので、

f:id:gk-murai33-gk:20190319174349j:plain

 

買っちゃった。

これで無敵です。

 

「ひらゆの森 年パス」「恵比須之湯 回数券」

 

最高の2019年幕開けです。

f:id:gk-murai33-gk:20190319174824j:plain

 

場所が場所なので定休日は意識して行きましょう。

 

この先に本当に温泉があるのか?

と不安になるかと思いますが、迷わず進みましょう。

 

 

地元の人が多いのでルールは守って入浴しましょう。

www.ebisunoyu.jp

岐阜県観光大使のグルメ情報~朝ごはんは、たこ焼き~

ふきのとうを見つけた、大使です。

 

 

高山には日本三大朝市と言われている”宮川朝市”があります。

ロケーションは申し分なし。

365日毎日開催されています。

 

宮川のせせらぎを聞きながら、朝の散歩とか最高じゃないですか?

 

朝市のある通りは、夜は静かですが、朝になると観光客がまず訪れる賑やかなスポット。

 

 

朝市のちょうど真ん中らへんにお店を構えているお店。

それが、

「たこ焼き さごう」さん

f:id:gk-murai33-gk:20190318173040j:plain

であります。

 

 

黄色い台と、いい匂いと、焼ける音と、焼く姿を眺める観光客と、ボンバー姿のさごうさんが目印のお店。(ほぼ特徴を言ってしまった...)

 

え、私、お店探すの苦手...

っていう人、

道は一本しかないので行けば分かります!

 

行けば分かるさ!

 

ここのたこ焼きは、

f:id:gk-murai33-gk:20190318173354j:plain

 

こんな感じ。

 

解説しましょう。

石川県の能登半島の先に「輪島朝市」ってのがあるんです。

輪島朝市も日本三大朝市のひとつ。

 

その朝市は基本的に海鮮系。

日本海の荒波で体を鍛えた魚などが並びます。

 

その輪島で獲れたたこをまず使用。

歯ごたえが抜群なのです。

 

飛騨の名産といえば、ネギ。

飛騨ネギを食べずして死ぬのはもったいないと勝手に言っていますが、それくらい甘みが強いネギです。

 

その両方を食材にしたたこ焼きがここさごうさんのたこ焼き。

f:id:gk-murai33-gk:20190318173921j:plain

 

写真右の焼き機の中にはネギ。

最初にネギを焼くことで甘みを出します。

このひと手間が完成したときの大きな味の違いになります。

 

あれ?こんなにペラペラ書いて良かったかしら?

 

さごうさん、ダメなら消します!笑

 

 

ネギの次は生地、たこという順番に作っていって、出来上がりは...

f:id:gk-murai33-gk:20190318174232j:plain

 

美しい。

背景じゃないですよ。

たこ焼き。

 

ソースか醤油が選べます。

醤油が選べるたこ焼きは珍しいのでは?

 

早朝、寒空の下、アツアツのたこ焼きを宮川を目の前に食べる。

 

朝から贅沢であります。

 

 

地元の人からも愛されるたこ焼き屋

味も間違いないでしょうが、やはりさごうさんの人柄ではないでしょうか。

 

気さくに話しかけてくれて友達を連れて行っても必ず話しかけてくれるのでありがたいです。

 

 

3日間とか友達を案内して、最後の最後で

「3日間で何が一番良かった?」

って聞いた際、

「朝市のたこ焼き」

って答えていただける方が多数おり、

もはや、大使としては喜んでいいのかダメなのか。

ものすごく複雑であります。

 

それと同時にさごうさんの魅力、たこ焼きの美味しさを知ります。

 

いやいや、喜ぼう。嬉しい限りです。

 

 

色々と元気をいただけるたこ焼き屋

朝市に来たら、いや、高山に来たら必ず訪れてほしい名店です。

www.facebook.com

岐阜県観光大使の雑学~東京都VS高山市~

つぶあんこしあんも好き、大使です。

 

 

タイトルが気になりますよね。

「東京”都”VS高山”市”」

 

都と市の戦い。

 

 

日本一大きい市はどこにあるか知ってますか?

 

北海道?

 

え、絶対北海道でしょ。

 

あんなに土地あるし。

 

あんなに道真っ直ぐやし。

 

 

 

実は、

 

岐阜県高山市です。

 

 

どれほど大きな市なのか。

f:id:gk-murai33-gk:20190228150126j:plain

 

むむ。

 

東京都2,188㎢

高山市2,178㎢

 

であります。

 

 

 

東京ってちっちゃいね。

 

 

 

いやいや、高山市がデカいんです。

東京都とほぼ同じ面積ということは、

大阪府1,899㎢、香川県1,862㎢よりも大きい。

 

 

 

スゴイね!

 

東西81㎞、南北55㎞。

 

 

大都会東京都と岐阜県の山奥の市が張り合うことなんてなかなかない。

 

 

でも、

高山市の人口、8万9千人。

東京都の人口、1385万人。

 

約155倍であります。

 

 

高山市の可住地面積は272.12㎢

東京都大田区、世田谷区、足立区、江戸川区練馬区合計269.94㎢

 

 

東京都の5区の人口は369万人。

高山市は8.9万人。

 

高山市可住地人口密度は328人/㎢

 

 

 

面積日本一なのに市の人口密度は40人/㎢。

東京都の人口密度は6,329人/㎢。

 

 

 

どれだけ広いか、人が少ないか。

 

 

 

しかし、高山市の最低標高は436m、最高標高は3,190m。

その標高差は2,700mを超えます。

 

高山の魅力はここですね。

 

 

 

人が多ければいいってことないです。

豊かすぎるほどの自然があり、身近に感じられる。

 

お金を出して東京の人は自然、山を見に来ますが、僕たちは家を出れば山が見え、美味しい空気が吸える。

 

お金をかけずに自然を感じることができます。

これはどれだけお金があっても都会では感じることができない。

 

こう考えると世の中お金で買えないもののほうが価値がありますね。

 

これだけで東京都と岐阜県を比べたときに、上に立っている気がする。

これからも魅力度上げてこー。

岐阜県観光大使の情報~日本最強のパワースポット?~

ついつい言いたくなる言葉は漬ステ、大使です。

 

 

タイトルにもありますが、勝手に岐阜市観光大使最強の?パワースポットを紹介していただきました。

そして紹介の次の日に行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190313150930j:plain

 

「銀幣社 本荘神社」

その前に神社名の前にある銀幣とは?

 

全国の神社には位が(金幣、銀幣等)授けられていたんですが、戦後はこの方式が改められて、全国一律になりました。

しかし当時の岐阜県神社長官が岐阜県は一律にしないぞ!ってことで、岐阜県のみ金幣、銀幣等つく神社があるんです。

 

金幣、銀幣、白幣などの違いですが、神社庁の長官が参向する場所を金幣。

神社庁支部長が参向する場所を銀幣。

部会長が参向する場所を白幣。

 

ということらしいです。

 

 

 

さて、本荘神社へ戻ります。

 

この神社なにがパワースポットか。

f:id:gk-murai33-gk:20190313152348j:plain

 

簡単に言ってしまうと(失礼ですが...)、

本荘神社を中心に、

・東 富士山

・西 出雲大社

・南 伊勢神宮

・北 白山

 

つまり、日本を代表する4つのパワースポットを線で結ぶと、ちょうど中心地がココ、

「本荘神社」

ということになります。

 

ちなみに、出雲大社って

「いづもたいしゃ」

ではなく

「いづもおおやしろ」

って読みますからね。

www.izumooyashiro.or.jp

 

 

話はそれましたが、本荘神社って気が集まる場所なんです。

縁結びの神社らしいですよ。

縁を欲してる人、集合。

f:id:gk-murai33-gk:20190313153212j:plain

 

こんな感じ。

f:id:gk-murai33-gk:20190313153058j:plain

 

四方に鳥居が。

土台がけっこう新しかったので、最近作ったのかな?

それとも最近まで気づかなかったのかな?

 

すごく住宅街にあって、駐車場も狭くて、正直、

「え?ココ?」

って感じの場所ですが...

 

興味のある方は行ってみてください。

 

僕も縁結びを願ってきました!

honjojinja-gifu.in.coocan.jp