勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のボランティア~富津市2日目~

マッコリを飲んだ、大使です。

 

 

昨日に引き続き富津市のボランティアへ行ってきました。

同じ場所のボランティアをした理由は、単純で

土日と平日の人の入りを見たかった。

であります。

 

やっぱ少なくなりますね。

 

 

活動をしているともう、もどかしいことばかり。

色々なことを考え、思い、行動しているけど、結局ボランティアの人ができることには限界がある。

 

 

富津市は南北に長く、車を走らせればだいたい1時間くらいだろうか。

 

災害が起こると必ず出るのが災害ゴミ。

これを集積する場所が富津の北限、新富という地区だ。

 

南限の金谷から運ぶと軽く1時間。

往復もすると2時間を要する。

f:id:gk-murai33-gk:20190924205253j:plain

 

赤枠の左下海岸沿いが金谷。

本部も集積所も遠い。

運んでるときにでも事故したら大変よ。

思うことはたくさんある。

 

ゴミ集積所に行った時、どさくさに紛れて災害ゴミ以外の「いらないもの」まで捨てるやつが。

f:id:gk-murai33-gk:20190924212738j:plain

 

こんなん捨てんな。

まだ捨てるにしても値札ははずせ。

どんなセンスないもの買っとるんよ。

 

 

 

と色々書きましたが、

ikimasu広島代表と電話しました。

 

僕は大事なことを忘れていた気がします。

この人と話しとると大事なことに気が付けた気がする。

というか気づかせてくれた。

 

 

彼の存在は安定剤。

 

 

 

明日からは農家の支援です。

農業に携わるものとして、精一杯笑顔を振りまいてきます。

岐阜県観光大使のボランティア~本日~

マグロ尽くし寿司を食べた、大使です。

 

 

ニュースでよく見ますね、屋根が吹っ飛んだ映像。

 

どこか絵空事のようにも見えたりしました。

 

 

しかし行ってみると、目の前に広がるのは屋根のない家々。

f:id:gk-murai33-gk:20190923211124j:plain

 

現実でした。

ひどいもんですね。

これ、なにがすごいって屋根がないのもすごいんですけど、

屋根が周りに落ちてない...

 

家主さんにお聞きしたところ、

「どっかいった」

とのこと。

 

 

どこに行ったんだ笑

 

 

ありえないことが起こり続けるのが自然災害。

これもまたありえないこと。

 

 

 

今日は2軒見させてもらいました。

富津市というところですが、山中地区の被害が甚大。

読んで字のごとく、山の中の集落。

 

おじいさんとおばあさんが二人で暮らしていた築150年は経っているであろう古民家。

多くの人間に事実を知ってもらうために、何枚か撮影させていただいた。

f:id:gk-murai33-gk:20190923212624j:plain

 

外のトタンが風に飛ばされて土壁がむき出しになってしまっているお宅。

雨のせいで土壁も穴が開いてしまっていたり。

f:id:gk-murai33-gk:20190923212811j:plain

 

裏山が崩れた。

さらにこの左では大規模な土砂崩れが。

50mくらい流れてる。

よく命あった。本当によかったよ。

f:id:gk-murai33-gk:20190923213104j:plain

 

こうなってるから工事車両も入れなければ普通自動車も入れない。

早いとこ多くの支援者がこないと完全に崩れてしまうかもしれない。

 

 

ここの老夫婦は何から手を付けていいか分からない状態だった。

市の職員は見に来ることもなくボランティアに指示するだけ。

床下に泥が溜まっているのに、

「畳上げて床板拭いて消毒してください。」

そもそも裏山が崩れ土砂が床下にあるのすら知らない。

 

もう2週間くらいが経ちます。

被害範囲が広く、大変かと思いますが、とりあえず自分たちの目で見て判断してほしい。

被害を受けた人は何をしたらいいか分からない人が多すぎるんです。

 

僕はある程度経験があるのでおじいちゃんたちに次にどうするか、どうなるか、流れを言うことができましたが、経験のない方が今日の案件をやっても、今何をするべきか分からなかったと思います。

これ、本当に怖いことなんです。

 

結局ボランティアセンターから支持されたことには手を付けず、まずやらなければいけないことを優先してこっちの判断でさせてもらいました。

 

 

最後におじいちゃんが涙を浮かべ「ありがとう」と深く頭を下げてくれたのは一生忘れない。

僕は思った。

「本当に命あってよかった。」

ホッとしました。

出会えてよかった。

 

ほーんと優しい笑顔だった。

ありがとう。

 

 

 

こんな場所がたくさんあると思います。

僕は明日も富津市に行こうと思います。

休日と平日の人の入りを見て来たいと思います。

 

皆さんに少しでも現地のことを伝えられたらと思います。

岐阜県観光大使のボランティア~無事に拠点・佐倉市に到着~

千葉に着いた瞬間から蚊に刺された。

蚊ってまだいるんですね、大使です。

 

 

午前中に高山を出てはるばる7時間(割とスローペース)かけて、拠点となる千葉県は佐倉市に到着しました。

首都高色んな意味で怖い。

 

着いてみるとやはり杉の木などはバキバキに折れているところが多数。

木の中身が死んでしまって折れやすくなってるところ、暴風が吹いたので倒木。

なるほど納得です。

そりゃ電線にひっかかったら停電しますよ。

 

想像よりも被害範囲が大きそうなので明日は富津市まで車を走らせ、様子を見てくるのと、さっそくボランティアをしてきます。(車で1時間半くらい)

 

 

ところで皆さん知らない方も知っている方も、知っておいた方がいい情報。

「災害ボランティア高速道路無料化措置」

 

 

もちろん災害ボランティアなのでお金はもらえません。

ボランティアという言葉自体には有償、無償のボランティアがありますが...

 

ということはですよ、

お金は減っていく一方なのです。

貧乏の大使にはなかなか勇気のいる決断ですが。

 

車で行くとなると、

・ガソリン代

・高速道路代

がメインでかかります。

 

そんな中、災害ボランティアに従事する人には

「高速道路無料化」

という魔法を使う権利があるのです。

 

 

使わない手はない。

 

 

なので今日の片道分を振り返ります。

f:id:gk-murai33-gk:20190922175858j:plain

 

この紙を印刷してください。

www.e-nexco.co.jp

 

ここに分かりやすく書いてあります。

案内に沿って印刷してください。

 

印刷し、記載すべきことを書く。

書く内容としては難しくないです。

(往路と復路用があるので要注意、両方書く。)

 

書いたらあとは出発の日を待つだけ。

 

 

そして出発。

まず、高速道路の乗り方。

 

普段ETCで入る人が多いと思いますが、

「一般」

で入ってください。

 

ETCレーンではなく、一般レーン。

通行券を手にするのです。

f:id:gk-murai33-gk:20190922180344j:plain

 

そうだ、ボランティア車両証明書忘れないで持ってきてくださいね!

 

この通行券を手にしたら、ひたすら到着地のICを目指すだけ。

僕なら、

松本IC→八王子料金所→首都高→習志野料金所→佐倉IC

です。

 

ここでも注意すべきは、

「すべて一般レーンを通る」

であります。

 

料金所のおじさんに通行券と車両証明書を渡してください。

すると、

f:id:gk-murai33-gk:20190922180848j:plain

 

こんな感じでハンコが押されます。

これが大事なんです。

 

あとはこの繰り返し。

一般レーンに入って機械が通行券を出してくれたら取る。

一般レーンに入っておじさんがいたら車両通行証を渡す。

(通行券を持たず走ることもありますが、料金所があったらとりあえず一般レーンへ)

 

そして到着地で、

・通行券

・車両証明書

・公的に本人確認できるもの(運転免許証など)

これを見せます。

 

 

そうすると僕の場合、

長野県松本ICから千葉県佐倉ICまで無料で走行することができます。

 

 

帰りはその逆パターンですね。

 

 

そして、最後にして最大の重要事項。

 

 

 

復路の用紙に必ず、

「ボランティアセンターの押印が必要」

であります。

 

必ずだそうです。

いま、千葉県外、近郊外からボランティアへ行こうとしている方、注意。

 

今現在、

鴨川市館山市、富津市

のみ県外からのボランティア受け入れをしています。

 

それ以外は追い返されるので要注意。

 

 

 

高速代無料措置はありがたいです。

いかれるかたは是非使ってください。

 

分からないことあれば聞いてください〇

※シェア拡大求む、多くの人へ届け。

岐阜県観光大使のつれづれ~千葉県へいってきます!~

海鮮丼に醤油をぶっかる派、大使です。

 

 

9月22日~9月28日

f:id:gk-murai33-gk:20190920152902j:plain

 

千葉県、行きます。

 

今回も千葉県の知り合いの宿のご協力あって実現しました。

ありがとうございます。

悔いのないように安全第一で活動してきます。

 

興味のある人、協力したいけどどうしたいいかわからん...など不安のある方、ご連絡ください。

力になります。

 

283億円。

農林水産業の被害額だそう。

 

僕一人の力なんて10円にもならないような力だけど、精一杯寄り添う。

そして千葉県の農家さんに感謝を伝えてきます。

冬の飛騨のスーパーには千葉県産の野菜が並ぶことが多いのです。

 

今年はどうか分からないけど、また来年以降、当たり前に飛騨で千葉の野菜が食べられるように。 

 

 

落ちているハンカチを拾うような感覚で。

よし、

いってきます。

岐阜県観光大使のお知らせ~また一つ高山の歴史が終わる~

また台風がきます、大使です。

 

 

悲報です。

老舗がその町から消えるということは、町の終わりを意味します。

 

以前、半弓道場が閉店するというニュースが飛騨地方中に広がりました。

結局、我が黒岩(HD)代表が引継ぎ、創業100年へ走り続けています。

 

そして来る2019年9月30日(月)。

f:id:gk-murai33-gk:20190920142530j:plain

 

細江屋、閉店。

であります。

 

創業は100年以上。

年末年始を除いて無休で高山市民や観光客のお腹を満たしてきました。

 

高山に住んでいる人なら誰でも知っている名店が閉店。

深い思い出などはないのですが、すごく寂しい。

 

 

このお店は地元民からの支持も高かったわけでありますが、もっと支持していた人たちが。

f:id:gk-murai33-gk:20190920143154j:plain

 

陣屋朝市のおばさまたち。

朝市の目の前に位置し、朝からご飯が食べられるという条件が朝市の人たちにとっては何にも代え難いものでした。

 

もはや朝市の一部と言っても過言ではない。

 

 

そんな9月末閉店の細江屋へ行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190920143446j:plain

 

入口手前の食器たちは従業員のおばちゃんのまかないの食器。

お昼過ぎに入店すると当たり前の光景だったな。

それも見れなくなるわけですか。

 

まかないをどれだけ食べていても一つオーダーが入ると全員で取り掛かる。

これが細江屋だ。

f:id:gk-murai33-gk:20190920143815j:plain

 

色が変わった壁が歴史を物語ります。

小上がりも何度か座ったなー。

f:id:gk-murai33-gk:20190920144040j:plain

 

やっぱ定食でしょ。

これぞ定食屋といった黒板。

f:id:gk-murai33-gk:20190920144202j:plain

 

まかない中のおばちゃんが総出で作ってくれた肉しょうが定食。

細江屋ほど濃い赤だしを出す店が高山にあるだろうか。

美濃地方出身のものとしては非常にありがたかった。

 

 

入ってくる地元のお客さんが全員「閉店」の話題に触れる。

本当に愛されていた食堂なんだな。

 

 

これから問題になってくるのが、朝市のおばちゃんたちの朝ごはん処。

根強い人気を誇ったお店の閉店は非常にショッキングだろう。

 

でも時代の流れや高齢化、後継ぎ問題は一人の問題ではない。

 

 

仕方がないことだけれども、寂しいもんは寂しいね。

 

 

 

9月30日まで営業しています。

ぜひ、高山が誇る名店に行ってみて下さい。

岐阜県観光大使の祝福~お世話になっている人のおめでとう!~

朝が寒すぎ、大使です。

 

 

今回はおめでとうを一言。

f:id:gk-murai33-gk:20190919164356j:plain

 

宮川朝市にはなくてはならない元気印。

さごうさんのたこ焼き今日で4周年!

 

おめでとーーーーーーー!!!!!!!!

 

嬉しい!!!!!

これからもお客さんに元気を与えてくださーい!

 

僕ここ何年か、佐合さんのたこ焼き以外食べてません!笑

 

 

高山へ行かれた際はぜひ、佐合さんに会いに行ってください〇

岐阜県観光大使の出張~初!IKEA!yeah!~

腰の張りあり、大使です。

 

 

コストコは行ったことはあるけど、IKEAはない。

IKEAはないということで、突然閃く。

 

「そうだ、IKEAいこう。」

 

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20190910232557j:plain

 

エントランスにあるIKEA

ちなみにここで写真を撮っていたのは私だけ。

通りすがりのアベックが、

インスタ映えするね!」

って言ってたけど、

 

「しないだろ。」

 

と思う大使でした。

f:id:gk-murai33-gk:20190910233105j:plain

 

分かりやすいサイン。

期待大。

f:id:gk-murai33-gk:20190910233122j:plain

 

なんかテーマパークへ入るようなウキウキ感があります。

なんだろうこのウキウキ感。

f:id:gk-murai33-gk:20190910233316j:plain

 

マジで?

80円?

$80やなしに?

気になる。

食べよう。

f:id:gk-murai33-gk:20190910233430j:plain

 

店員さんテキパキ。

チキンのセットを頼みました。

f:id:gk-murai33-gk:20190910233511j:plain

 

ドリンク飲み放題で350円。

 

350円!!!!!

スウェーデンって物価安いの?

って勘違いしちゃいそうな価格。

 

たぶんスウェーデンは物価高い。

みんな勘違いはダメよー

 

 

食べ終わって店内見て周りましたが、

 

とてつもなくデカい。

ニ〇リなんて比にならないくらいデカい。

 

そして写真は...

 

 

 

ない!

 

 

 

 

とにかくデカくて品揃えが多いですが、

何か目的持って、買うもの決めていった方が絶対いい。

 

目移りすごすぎて、あれやこれやカゴにいれちゃいます。

ダメです。

 

 

 

でもまた絶対に行くと思う。

すげー楽しかったわ。

岐阜県富山県にもほしい。

 

 

高山から下道で3時間以上は遠いですが、とっても満足でした。

 

ちなみに、

f:id:gk-murai33-gk:20190910234218j:plain

 

タピオカのんだ。

 

これには並べないかな。

みんなよく並びますよね。

 

 

 

以上、IKEAリポートでした。

岐阜県観光大使の呼びかけ~悲しい現実であります。~

長野に来ています、大使です。

 

 

奥飛騨温泉観光案内所のFacebookページにこんな投稿が。

www.facebook.com

 

要するに、

 

迷惑駐車が多すぎる

 

という内容です。

 

 

写真を拝借してお伝えします。

f:id:gk-murai33-gk:20190917082439j:plain

 

迷惑駐車その1

雄大な山々を目の前によく人様の迷惑になるようなことしますよね。

一言、言いたい、

「本当に山が好きですか?」

f:id:gk-murai33-gk:20190917082619j:plain

 

細い道の両サイドに迷惑駐車。

あのー、あなたたちが停めた車の下に、植物いますよ!

命、長時間潰してます。

「え?山(自然)好きなんですか?」

f:id:gk-murai33-gk:20190917082816j:plain

 

奥飛騨の有名旅館の前に迷惑駐車。

逆の立場になったら、気持ちいいですか?

 

 

 

色んなコメントが見てとれました。

ネガティブなコメントを取り上げると、

「違法駐車と言う前に規制をかけるなりシャトルバスを走らせるなり、対策は必要」

「迎える側も対策できないの?」

「誘導員配置して。」

とか、色々。

 

 

いやまあ双方言いたいことは分かりますよ。

確かに迎え入れる側も対策を早急に検討して、来年の登山シーズンには実行できていないといけない大問題であるとは思います。

Uターンが難しい道をひたすら行って、新穂高に着いたら満車。

「あー...」

って気持ちも分からなくもない。

これは高山市街地の連休駐車場&渋滞問題も一緒。

 

 

だからと言って、

迷惑駐車をしてもいいんですか?

 

 

混んでるからその辺に停めるしかないとか、誘導員を配置しろとか言ってるけど、どんな手を尽くしても文句を言うやつは出てくる。

これは変わらない事実。

 

じゃあ停めるとこないけどどうしたらいいの?って言うやつ、出てきますよね。

 

 

 

「ちゃんと計画して来いよ」

 

 

 

って言いたくなっちゃう!笑

逆にずっと変わらないことなら事前に分かってるでしょ?笑

 

 

結局行政やらなんやら組織が動くには時間がかかるんですよ。よくわかんないけど。

こんなこと日本に住んでたら分かりませんか?

だったら自分たちが変わるしかないじゃないですか。

 

人間関係でも相手を変える前に自分が変わらないと。

って言いますよね。

 

登山に慣れて何回も来岐阜してくれて駐車場事情も分かっている人、

みんなに

「こういう事情だよ!」

って広めて下さいよ。

 

 

自然を守るって言うけど、誰か一人のわがままが生態系を崩したりするんです。

1つのタイヤの下で潰された植物から崩れるかもしれないんです。

 

 

 

とにかく!

ダメなもんはダメ!

迷惑駐車は100台でも10台でも1台でも迷惑なんです!

 

登山はみんなの理解があるから成り立つんですよね?

なんで下界ではそれが発動されないのか。

 

 

 

またこういういこというと、

「登山者は朝が早いんだ!」

とか言う人が出てくるんですよ...

 

 

じゃあ、言い返そう!

「登山口近くの宿泊施設に前泊しなさい!」

 

 

というと、

「そんなに休みが取れない!」

ってくるので、

 

 

結局ありつく先は、

「日本人有給休暇とれなさすぎ問題。」

であります。

 

 

迷惑駐車=有給休暇とれない

 

 

で間違いなさそうです。

 

 

 

 

冗談はさて置いて、

登山者の皆さん、本当に他人の迷惑になる行為はやめましょう。

ひとりひとりが今一度冷静になって、お手本になってください。

自分のことだけ考えるんではなく、自然のことまで考えてみてはどうでしょうか。

自然のことは僕よりも皆さんの方が知っているはずです。

岐阜県観光大使のつれづれ~国VS国<人VS人 これ重要~

台湾ラーメン&台湾まぜそば食べたことない、大使です。

 

 

先日富山県の某有名ホステルに遊びに行った時のこと。

友人であるホステル社長に日本語上手な韓国人スタッフを紹介してもらいました。

 

名前は「パク」

 

ワーホリビザで富山県へ来ているみたい。

そしてもうすぐビザが切れるため、韓国へ帰るそう。

 

一緒に呑みに行った席で、

 

タ「パク君、富山にいるけど、高山来たことある?」

パ「いえ、まだ行ったことないです。」

タ「え!!!!!」

パ「??????」

タ「明日行こう!」

パ「??????」

 

 

 

ということで、

f:id:gk-murai33-gk:20190910214630j:plain

 

ようこそ、飛騨高山へ。

 

荒木社長のご理解もあり、パク君に高山を見てもらうことができました。

ありがとうございます!

自分で「ちょっとオタク」と公言しているパク君。

 

 

いや、だいぶオタクや。

 

 

富山→高山の道中には映画「君の名は。」の聖地がたくさんあります。

知らなかったので教えてあげると大興奮。

さすがオタクです。

 

ちなみにパク君僕よりも日本語上手。

このブログも見てくれているでしょう。

 

ちょうど友達も遊びに来ていたので、

f:id:gk-murai33-gk:20190910220253j:plain

 

まとめて山へ送り込んだぜ!

秋の足音が聞こえる奥飛騨を満喫。

↑この表現ライターっぽい。

 

それにしてもパク君のスマホの写真画質がすごくいい。

f:id:gk-murai33-gk:20190910220851j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190910220913j:plain

 

メーカーは韓国のサムスン

素晴らしいね。

僕のと替えてほしいくらいです。

 

夜はお待ちかね郡上踊り。

f:id:gk-murai33-gk:20190910200927j:plain

 

せっかくの岐阜県

楽しんでほしい。

f:id:gk-murai33-gk:20190910221243j:plain

 

楽しむ大使。

踊りは本気で。

f:id:gk-murai33-gk:20190910221229j:plain

 

某有名ゲストハウスのスタッフも交えて踊り。

 

 

変わったお祭りも満喫してもらって次の日パク君は富山へ帰りました。

富山の次は韓国・済州島

 

次は僕が遊びに行かなくっちゃ。

 

 

 

 

今韓国と日本は色々な問題に直面しています。

GSOMIA解消とかホワイト国除外とかあるけども、

 

どれも国VS国であります。

 

僕たちに関係ない訳ではないですが、口を出せない訳ではあります。

どうしようもないことに個人と個人があーだこーだ言ったところで...

 

 

例えば道端で韓国人が困っていたら無視できますか?

逆に道端で僕たち日本人が困っていたら無視されるでしょうか。

 

時と場合にはよりますが、「国」で片づけたりしないはずです。

「人」として対応する。

 

確かに高山の町から韓国人がほとんどいなくなりました。

不買運動、航空機減便・欠航など、影響は出ています。

 

 

でも、

 

 

本当は日本に行きたい人、日本のモノを買いたい人、たくさんいると思う。

むしろ韓国の対応に批判的な人もいるかもしれない。

 

でも、国に逆らえない。

 

 

 

安心して日本に遊びに来てください。

僕たち日本人は韓国人の皆さんを受け入れます。

むしろ来てくれてありがとうって言うでしょう。

 

 

 

パク君と話していても、行動していても、いい意味で

「韓国人」ということを忘れます。

だって僕より日本語が上手なんですから。

 

なんで日本と韓国は仲が悪いのか。という疑問しか残らない。

 

 

ホント仲良くやってもらいたいものです。

小さなことから解決していきましょうよ。

大きなことを急には変えられませんから、小さなことから。

 

 

お互いに国同士豊かになりましょう。

個人同士はすでに、豊かです。

岐阜県観光大使の注意~ボランティア高速道路無料化について~

消臭元の蓋を取り忘れていた、大使です。

 

 

千葉県の各市町村、災害ボランティアセンターが立ち上がったり、もう少しの場所があります。

今はまだ「千葉県内の人に限るや日帰りができる方。」となっています。

いずれ準備が整うと、県外からのボランティアを受け付けると思いますが、今の段階での要注意。

知っている人いたら、「ふーん。」って感じで見てください笑

f:id:gk-murai33-gk:20190914163401p:plain

 

こんな感じで手続きが簡単になりました。

これはものすごくありがたい。

高速代けっこう高い。(日本高すぎ)

それが簡単な手続きで無料になるなら、やるしかない。

 

ということでサイトを見ていましたが、

f:id:gk-murai33-gk:20190914163837j:plain

 

4 対象道路

NEXCO東日本...

 

おやおや。

 

 

まんだ全国から募集をかけてないので東名高速名神東北道などは対象外なようです。

f:id:gk-murai33-gk:20190914164155j:plain

 

これが対象路線。

完全に近場ですね笑

 

 

なので印刷して内容を書いても、対象路線を行かないと無料にはならないってことです。(2019年9月15日現在)

 

 

近くボランティアへ行かれる方はご注意ください。

詳しくはNEXCO東日本のHPをご覧ください。

www.e-nexco.co.jp

www.e-nexco.co.jp

岐阜県観光大使の報告~令和初のおどり、終了~

そろそろホットコーヒーの季節、大使です。

 

 

先日9月7日、大使の夏が終わりました。

その出来事が、

 

 

 

 

2019年郡上おどり、終了。

 

 

 

...

f:id:gk-murai33-gk:20190910200130j:plain

 

最終日は屋形をみんなで送り出します。

ちなみにこの提灯、僕の家に飾ってあるので見に来てください。

 

「オシャレ!」

 

と言うしかないです!

 

最終日、それにしてもすごい人だ。

f:id:gk-murai33-gk:20190910200927j:plain

 

最終日、土曜日ということもあり盛り上がってます!

到着してすぐは暑すぎて汗が滝のように...

 

でも、踊ると汗なんて気にならなくなるくらい楽しいです。

f:id:gk-murai33-gk:20190910201357j:plain

 

最後は色々な人のあいさつがあり、閉幕。

 

本当に変なお祭り。

徹夜なんてもっと変わっているけど、

 

 

でもそんな郡上踊りが好きなんです。

 

 

今年もたくさんのお客様をお連れしました。

いかがだったでしょうか。

 

日本三大盆踊りであり国の重要無形民俗文化財であります。

だーれでも気軽に参加できます。

 

 

こんな言葉がありますね。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」

 

徳島県阿波踊りを指すような言葉ですが、

 

 

郡上踊りこそ、まさに!

であります。

 

 

行ったことないですけど、映像を見ている限り、

「魅せる」

踊りでもあると思います。

 

 

郡上踊りは、魅せ合う踊り。

 

 

であります。

 

”観客”が多いのが阿波踊りですね。

郡上踊りには観客ほぼいません。

全員踊り人。

 

 

 

踊らにゃ損の郡上踊り。

また来年!

今年よりも多く行きたいです!

 

 

皆で踊りに行きましょう〇

岐阜県観光大使の呼びかけ~台風15号ってすごい台風だった~

黒糖美味しくて止まらない、大使です。

 

 

台風15号の被害の全容がつかめておりません。

早く全容を掴む必要があります。

まず最初に言いたいのは、

「私たちの住んでいるところ被害が大きいですが、報道してくれません!」

ってSNSで発信するんじゃなくて、

「私たちの住んでいるところの被害は〇〇で、〇〇が足りていません!」

って発信してください。

 

隅から隅まで報道できるはずがありません。

メディアを責めるのもよくありません。

 

確かに助けが来なかったりして不安にあることがあると思いますが、行けないのには理由があります。

助けは必ず来ます。

 

なので、報道してくれない!じゃなくて、必要なモノ、人を明確に発信したほうがいいです。

f:id:gk-murai33-gk:20190913155104j:plain

 

僕たちのリーダーが動き出しました。

「千葉県へ行く」

災害ボランティアにおいて日本で一番頼りになる男が動きます。

確実な情報が必要です。

できる人は確実な情報をSNSで発信お願いします。

ikimasu広島FacebookInstagramTwitterにコメント、メッセージお寄せください。

僕に送っていただいてもOKです。

f:id:gk-murai33-gk:20190913160845j:plain

 

各市町村が災害ボランティアセンターの準備をしています。

現地に行って出来なかった。ではもったいないのでしっかり確認してからいきましょう。

物資もちゃんと必要とされているものを吸い上げてから持っていくなり送ったりしましょう。

自分が必要と勝手に思い込んで、勝手に送ると相手が必要じゃない場合があります。

そうなると、迷惑です。

確実に必要なモノを送れるようにしましょう。

f:id:gk-murai33-gk:20190913162107j:plain

 

未だ災害対策本部も立ち上がっていない。

確実な情報ネットワークが確立されていない。

内閣改造なんてこのタイミングで本当に必要だったのか。甚だ疑問である。

 

誰が大臣になろうが誰が福島へ行こうが、今、大事なのは、今困っている人へ手を差し伸べること。

であります。

とにかく一日でも早く災害対策本部が立ち上がるのを願ってる。

というか、立ち上げろ。

 

 

 

 

僕は9月23日から千葉県へボランティアへ行こうと考えています。

遠い遠い場所で、まだ詳細は決まっていませんが。

協力してくれる人、いたら連絡ください。

東海にお住みの方は車で乗せていくこと可能です。

 

 

みんなで千葉県を支えましょう。

出来ることがあるならば、協力しましょう。

 

 

 

千葉県!待っててね!

岐阜県観光大使のつれづれ~祝!リンさん初出版!~

今朝はとっても寒かった(18℃)、大使です。

 

 

タイトルが気になるところです。

祝だし、リンさんだし、初出版だし。

 

繋げてみて下さい!

 

 

「祝!リンさん初出版!」

 

 

であります。

 

コレコレ。

f:id:gk-murai33-gk:20190912132111j:plain

 

僕が働かせてもらってる飛騨高山の「cafe courier」のオーナー・リンさんがこの度台湾で本を出版しました。

「紙上珈琲館旅行」

とタイトルにありますが、

 

 

なんて読むんだー!!!!!

 

 

って感じだと思います。

ええ、僕も読めません。笑

 

でも何となく漢字を見るだけで、なんとなーく意味、分かりませんか?

 

「紙の上の珈琲館を旅する」

 ↓

「本の中に書いてあるカフェを旅しようぜ!」

 ↓

「...」

 ↓

「紙上珈琲館旅行」

 

見たほうが早い!

 

つまりはこんな感じ。

f:id:gk-murai33-gk:20190912132632j:plain

 

簡単に言っちゃうと、カフェの平面図を80軒本にしました!

簡単に言っちゃってなかなか失礼ですが、色々平面図からイメージして、簡単に行けない場所のカフェを脳内旅行しよう!って感じ。

f:id:gk-murai33-gk:20190912134254j:plain

 

平面図だけかと思いきや、写真もあるし文もある。

文に関しては全て中国語。

リンさんは台湾人です。

もちろん台湾での出版のなので。

僕は読めないのでGoogle翻訳を活用したいと思います。

今の世の中便利や!

皆さんも翻訳で読んでみて!

f:id:gk-murai33-gk:20190912134853j:plain

 

中をチラ見せ。

細かな部分までスケッチしてあって、僕はけっこう備品系好きですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190912135020j:plain

 

木組みも細やかに書かれています。

細かいなー笑

f:id:gk-murai33-gk:20190912135233j:plain

 

人物も。

f:id:gk-murai33-gk:20190912135207j:plain

 

お馴染みの顔も書いてあります。

分かる人には分かる。笑

 

 

インテリアデザイナーの経験を活かして細かい部分もこだわってスケッチ。

「そこ描くっ!?」

ってとこもスケッチしてあります。笑

そこを見るのも楽しい!

 

 

もう本となりましたが、cafe courierには、

f:id:gk-murai33-gk:20190912140603j:plain

 

原画があります!

本に書いてないお店もかなり細かく書いてあります。

 

「なぜこのクオリティで本に載ってないんだ!」

って感じのお店も。

※弊社はクレームを受け付けておりません。

 

お客さんには、

「逆に貴重ですね!」

なんて言葉もいただきました。

ありがたい。(何様。)

f:id:gk-murai33-gk:20190912141237j:plain

 

弊社も。

 

 

行ったことある店を見つけると、

「あー!確かにこんな感じ!」

ってなります。

 

ちなみにその店で働いてたりすると、

「あ、この椅子はもう壊れて店にないな」

なんてことも。笑

f:id:gk-murai33-gk:20190912141631j:plain

 

定価480台湾元。

これが中国元で計算すると7000円くらいするので笑

 

日本円で1600円で販売しています。

もちろんcafe courierでも購入可能、ネットでも購入できます。

大使に言っていただいても受け付けるので、興味のある方は連絡ください〇

 

 

cafe courierは9月23日(月)~10月1日(火)の間、お休みいたします。

リンさんが台湾でなにやら忙しいそうですよ。

 

 

 

本も手にしていただきたいけど、お店で原画も見てほしい!

 

ご興味のある方はぜひ~

岐阜県観光大使のつれづれ~ようこそ、秋~

千葉県で停電被害がひどいですね、大使です。

 

 

残暑が厳しいですが、暦の上では秋です。

美濃地方はまだまだ暑さが続きますが、飛騨地方は涼しくなり、時折寒くも感じます。

 

そして厳しい冬へ...

 

 

先日山を見に奥飛騨へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190910141009j:plain

 

すっかり秋。

標高1,000mを超える場所ではすでに季節が一つ進んでいました。

 

紅葉こそまだ先ですが、風は涼しく、気持ちがいい。

野生動物に気をつけながらゴロンと寝転がって昼寝をしたいものです。

 

秋もイベントが盛りだくさん。

大きなものでは秋の高山祭(八幡祭)であります。

 

今年は10月9日(水)10日(木)の平日。

 

観光客は土日に比べると少なくなりますが、町が賑やかになるのは間違いなし。

 

 

観光にいらっしゃる方は朝晩の冷え込みにご注意ください。

すーぐ風邪ひいちゃいますよ。

 

 

 

僕の秋の一番の楽しみは...

 

 

 

 

美味しい新米ですね!

岐阜県観光大使の行きつけ~土砂災害警戒地区?に建つ名店~

季節外れの猛暑はしんどいですね、大使です。

 

 

大好評シリーズ?大使の行きつけ特集。

本日は、ココ

f:id:gk-murai33-gk:20190307171251j:plain

 

丹生川にあります「パロット」さん。

この写真だけでもツッコむ箇所は1カ所。

 

・目の前なんちゅうカーブや

 急カーブに位置しています

 

立地こそ首をかしげたくなりますが、厳しい冬でも冬季休業せずに営業してみえます。

素晴らしい。感謝です。

f:id:gk-murai33-gk:20190307171621j:plain

 

外観はお世辞にも綺麗とは言えませんが、いい雰囲気を出しています。

営業中の横の軽い感じの「らっしゃい看板」が名物。

みんな一度はツッコむよね笑

 

タイトルに土砂災害警戒地区?と書きましたが、お店の後ろぎりぎりまで山が迫り、お店の表側には小八賀川が流れています。

 

そんな立地にビクビクしながら店内へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190307172059j:plain

 

店先の「らっしゃい看板」からは想像できないほどレトロな店内。

THE 昭和が味わえます。

 

ここに来る人はほとんど地元の人ですね。

昼時は国会中継が流れていること多いです。

 

注文しましょう。

ここの名物は何と言っても、

f:id:gk-murai33-gk:20190307172315j:plain

 

トマトチキンカレーであります。

ここが美味いのよ!

優しすぎる味のカレー。

職場で大変な思いをしてる人が食べたら一口で涙が出るような優しさ。

 

夏に訪れると全てj地元・丹生川産のお野菜でカレーが作られます。

 

ココのカレーは時期により美味しさが変わる。(いい意味で)

冬でも充分に美味しいんだけど、夏は丹生川の野菜が旨味をプラスしてくれるんです。

 

飛騨地方のカレーライス5強が出そろいました。

 

 

パロットのマスターはテキパキしています。

気持ちのいい接客。

こんな田舎にも素敵な接客があると、観光客はビックリするんじゃないでしょうか。

高山の接客はお世辞にも良いとは言えない。

 

コーヒーも美味しいですよ。

サイフォンで淹れるコーヒーはなんともまろやか。

カレーセットにすると1,000円でいただけます。

 

 

店を出ると山側に

f:id:gk-murai33-gk:20190307172952j:plain

 

小川が。(冬に撮影)

左側には湧き水も。

年中水温は変わりませんが、夏に飲むとコレが冷たすぎる!笑

 

夏の岐阜旅はぜひタンブラーを持ってお出かけ下さい〇

色々な場所に湧き水スポットがあって面白いです。

 

水を買うなんてもったいない!(体調によって決めてください)

 

 

以上、丹生川の名店の紹介でした。