勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の忘れてはいけない日~今日は何の日~

昨日まで地元戻っていました。

伊奈波神社で「平和」を願ってきました、大使です。

 

 

今日、1月17日

阪神淡路大震災」から丁度24年。

f:id:gk-murai33-gk:20190116230748j:plain

 

岐阜も揺れたみたいです。

大使は少年にもなっていなかったので覚えてはいませんが。

 

24年の間に色々変わってきました。

町も人も。

 

今でも当時の写真、映像を見るとゾッとします。

 

もちろん被害にもゾッとしたし、何より

スマホSNSもない時代の大震災」

ってことにゾッとした。

 

 

今の復興には少なからず「スマホSNS」の活躍もあると思っています。

ボランティア要請、被災者の呼びかけ等ができるのはそれらがあるから。

 

時代は変わっていくものですが、当時、震災の時、

スマホSNS」がある状況だったら、

被害は少し変わっていたのかもしれない。

 

当時のことを思うと、ボランティアの人とかってどこで情報を手に入れるんでしょうか。

被害にあわれた人たちはどうやって助けを求めるんでしょうか。

 

 

日本人は昔に比べて弱くなってる。

情報発信ができない時代の人たちは当時を生きて今を造ってきた。

 

でも、当時から変わらないもの、

 

「現地を想う気持ち」

 

だと思います。

 

 

困っている人がいれば手を差し伸べる。

 

みんなボランティア行くのすごいとか言うけど、

週5日、1日8時間やりたくもない仕事を続けている人のほうがよっぽどすごいと思う。

 

もちろん誰でもできることではないけど、これだけは言いたい。

 

「特別なことはしていません。」

 

 

 

あとあれやね、訪日外国人観光客が3000万人を超えて増加中。

外国人も増えてるけど、災害も増えてる。

 

訪日外国人へ「災害大国」ということを再度認知してもらう必要もあると思う。

日本はどこにいても安全ではないということ。

 

 

忘れないでください。

24年前、未曽有の大災害があったことを。

 

伝えていきましょう。

24年前、未曽有の大災害があったことを。

 

助け合いましょう。

僕たちは”日本”に住んでいます。