勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の東京出張~都会は3日で飽き、田舎は3日で慣れる?パート1~

名古屋市北区は年間自転車盗難数900軒、大使です。

 

 

なんで盗っちゃうんでしょうね。

名古屋の人って自転車買うお金もないのでしょうか。

 

「鍵がかけてない!ラッキー!→乗ってく」

これは窃盗です。

 

かくいう僕は高山で自転車の鍵かけてないですけどね笑

 

 

 

東京、行ってきました。

タイトルにもある通りどうも僕は3日で飽きてしまうようです。

 

当初の目的というか、僕の旅のスタイルは

「どれだけ友達に会えるか」

であって

「どれだけ都会を楽しむか」

ではないんです。そこだけ先に伝えておきますね。

 

 

東京での行きつけ喫茶店へ行って、マスターとお話。

大都会東京にも居場所はありました。

 

とにかくたくさんの人と会うことができて幸せです。

 

エネルギーというかパワーをもらえた気がする。

本当にありがとう。

 

友達と撮った写真はわずか2枚。

f:id:gk-murai33-gk:20190131085311j:plain

 

わざわざ熱海方面から来てくれたたかのぶ。

 

顔もイケメンながら行動力もイケメンかよ。

わざわざ会いに来てくれたことに価値を感じました。

 

出会いは数年前のカンボジア

彼は当時ハタチ。今は...

 

それ以降何度も会っているけど、なんだろう、

「今日が一番うれしかった!」

 

本当にありがとう。

また高山に遊びに来てね〇

 

 

もう一枚は、

f:id:gk-murai33-gk:20190131085631j:plain

 

銭湯スタンプラリーを真っ最中のたくやさん。(右)

銭湯好きに悪い人はいないという言い伝えがありますが?

本当にその通り素敵な人!

家に泊めてもらいました、お世話になりました〇

 

 

気になるのは左側の彼。

K沢大学に通うたいせい。

 

もともと知らない人だったけど、

銭湯で仲良くなった笑

 

銭湯ってお風呂に入るだけの場所じゃない。

不特定多数の人が集まる最強のコミュニティースペースだと思う。

 

なので僕が暇であれば隣の人に声かけるし、誰かが暇ならば声をかけられる。

 

 

東京という日本の1割の人口を抱える小さくて大きな”町”ですが、

通り過ぎる人は足早に。喫茶店でも足早に。

そこに会話なんて生まれやしない。

だってここは大都会・東京。

 

銭湯って唯一都会で落ち着けるオアシスみたいなもの。

 

こんな貴重な場所が23区内に508カ所あります。

年々減少傾向でありますが、こんな素敵な場所がなくなっていくのは残念。

 

 

隣にいる人に話しかけても、嫌な気持ちにはならないと思うし、その反対も。

 

まだ岐阜県に来たことがないと言っていたたいせい。

銭湯での出会いも何かの縁です。

お金と時間に余裕ができたら遊びに来て下さい。(早めに連絡してね!笑)

 

ちゃっかり営業活動もするという徹底ぶりです、大使。

 

 

話はズレますが、紙のカップで提供されるコーヒーってどうやって飲みますか?

僕は、

f:id:gk-murai33-gk:20190131090645j:plain

 

こうです。

蓋ははずすスタイル。

 

そもそもあの蓋の意味って何でしょう。

 

机に座って飲むときにいるんでしょうか。

 

 

ス〇バでは店内で飲むとき、

「マグカップでのお渡しでもいいですか?」

と問われますよね?

 

なので

机に座る=蓋はいらない

なんです。(他にも理由はありますが...)

 

なので僕は

・車を運転するとき

・歩きながら飲むとき

以外は蓋をはずして飲んでいます。

 

 

なんの話や!!!!!

 

 

ちなみに高山にあるス〇バはこだわりあります。

使用されている机、椅子が地元・飛騨産業のモノ。

 

座り心地抜群、回転率という言葉を知らないんでしょうか。

でもそこがス〇バです。

居心地重視。

 

高山に来た際はス〇バかよ!と思わずに、来店ください。

またちゃっかり宣伝です。

 

 

最後は東京全く関係なかったですね。

とにかく、会ってくれた人たち、

本当にありがとうございました!

 

パート2は明日更新。