勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~地元民の行きつけの店って...~

先日高山へ来てくれたゆーごが素敵な動画を制作してくれました。

とっても嬉しい、大使です。

 

 

観光地における地元民の居場所作りって大切だと思うんですが、皆さんはどう思いますか?

f:id:gk-murai33-gk:20190212141702j:plain

 

いやいや、そんなこと言ってたらせっかくの観光地なんだからもったいない!色々な人に知ってもらうべき!

って思う人もいると思います。

 

僕は居場所作り大切だと思う。

 

 

僕の移住した理由の一つに、

「観光地に住んでみたい」

というのがあります。

 

東海地方ナンバーワンの観光地・高山。

そこに住むっていうことは刺激にもなるし、いつでも”観光地”の中で生活しているというプレミアム感。

休みになれば観光客が増え、日本人が増え、祝日になれば町並みには国旗が掲げられる。

町を歩けば曜日の見当がつく。

 

 

一日平均12,000人観光客がやってくるこの町。

正直地元民が古い町並みに立ち入ることは少ない。

 

僕は週に2回ほど夜に行くお店があるけど、観光客は皆無。

色々店主にお話しを聞いてみたけど、

「地元民の居場所を作りたい」

という。

 

観光客が多い場所だからこそ、こういうお店が増えるのは難しいとしても、減っていかないように願いたいな。

 

 

ゲストハウスで働いていた時に時々、

「地元民しか行かないような店を教えてください」

って聞かれたときあるけど、教えなかった。

 

それっぽいお店は教えましたが。

 

宿業している人は必ず聞かれると思う。

でも守ってほしいなぁ、地元民の居場所。

 

想像してみてください、

20年通い続けている地元民しかいなかったお店が、観光客で溢れかえり、入店を断られてしまうことを。

 

 

地元民が行きつけるお店って、そこに住んでいる人たちで守っていくしかない。