勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のお気に入り~飛騨伝統工芸品、飛騨春慶~

靴下は左から履く、大使です。

 

 

皆さんの住んでいる場所、故郷に伝統工芸品ってありますか?

ここ高山にもたくさんあるんですが、今回取り上げるのは

 

「飛騨春慶」

 

であります。

 

飛騨春慶って?

f:id:gk-murai33-gk:20190215172947j:plain

 

慶長12年(1607年)、当時の高山城主であった金森重頼のとき、大工の高橋喜左衛門が椹(さわら)の木で作った、蛤(はまぐり)の形のお盆を、重頼の長兄である重近(宗和)に献上し、気に入った重近が、塗師の成田三右衛門に塗らせたのが始まりとされています。

(伝統工芸品飛騨春慶 一部抜粋)

 

要は、木を加工する人と漆を塗る人の合体作。

木の木目を消さないように薄く漆を塗って飛騨春慶は完成します。(行程は色々はしょりましたが...)

 

 

最近若者の間で流行っている?

「飛騨春慶のある生活」

というワード。

 

え?まだその生活してないの?

と都会の人に言いたくなります。

 

名刺入れなど気軽に持てる商品も多数あるので、買う人が続出しております。

 

そして僕も影響されて名刺入れ買いました。

前から欲しかったので衝動買いではないですが、いい買い物ができました。

 

そんな名刺入れを購入したのがコチラのお店。

f:id:gk-murai33-gk:20190215173539j:plain

 

山田春慶店さん。

場所は桜山八幡宮の参道に位置しています。

 

店内には飛騨春慶の商品が並んでいます。

艶やかな春慶独特な光沢、伝わるかな?

f:id:gk-murai33-gk:20190215173730j:plain

 

全て「木」と「漆」です。

この光沢は購買意欲を掻き立てます。

f:id:gk-murai33-gk:20190215173838j:plain

 

山田春慶店さんは4色の色を展開しております。

茶、赤、緑、青。

f:id:gk-murai33-gk:20190215173938j:plain

 

これが春慶塗の工程。

飛騨春慶には機械で漆を吹き付ける「スプレー技法」や化学塗料(カシュー)で漆を吹き付ける「カシュー技法」がありますが、山田春慶店さんは飛騨春慶連合協同組合が定めた塗師による「手塗り技法」によるもの。

 

要するに、最初から最後まで職人の手によって製作されています。

f:id:gk-murai33-gk:20190215174401j:plain

 

天板に布を敷いた小箱や

f:id:gk-murai33-gk:20190215174449j:plain

 

布を敷いたコースター。

ちなみにこのコースター、裏面は普通の春慶塗なので気分によって変えれます。

ナウい言葉でいうとリバーシブル。

f:id:gk-murai33-gk:20190215174609j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190215174644j:plain

 

こうした春慶のアクセサリーは娘さん?のアイデア

どれもおしゃれやなぁ。

f:id:gk-murai33-gk:20190215174745j:plain

 

お皿も。

f:id:gk-murai33-gk:20190215174819j:plain

 

インスタもやっています。

見てあげてね!

f:id:gk-murai33-gk:20190215174830j:plain

 

高山で一番ナウい飛騨春慶取り扱い店

「山田春慶店」さん。

 

ぜひ近くにお越しの際はお立ち寄りください〇

www.yamada-shunkei.com