勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の地元愛~僕の地元4~

情熱大陸に出演したい、大使です。

 

 

今回の地元愛ですが、

 

 

 

え、待って、まだ続ける?

 

 

 

という声が聞こえそうですが、

いくらでも続けられますよ笑

 

今回は皆さん一度は手にしたことはある、食べたことがある?あの銘菓。

 

 

この銘菓も全国区なのにどこで作られているか知られていない。

これは知らせないと。

 

 

これです

f:id:gk-murai33-gk:20190228172221j:plain

 

「ヤングドーナツ」であります。

絶対見たことあるでしょ?

スーパーとか駄菓子屋さんとかで!

我が町、各務原市が本社の宮田製菓さんで作られています。

 

我々は宮田のヤングドーナツを食べて大きくなったと言っても過言ではありません。

小さい頃は体の6%がヤングドーナツでできていたと言っ...

 

そんなヤングドーナツですが、2018年で

f:id:gk-murai33-gk:20190228172454j:plain

 

 

あめでとーーーーーーーーー!!!!!!!!

僕が生まれる前からここ各務原で作られていたんだね。

 

今でも時々食べたくなるんだよね。コレ。

でも、高山にあんまり売ってないの。

 

今度帰ったときは爆買いして帰ろ。

 

ちなみにヤングドーナツのキャラクターが

f:id:gk-murai33-gk:20190228172811j:plain

 

ヤングくんであります。

ツイッターでちょいちょい絡んでくるヤングくん。

 

各務原市ゆるキャラにしちゃえ。

 

 

そもそもヤングドーナツ誕生の由来は、

創業当時何を作ってもうまい具合に売り上げが上がらず、ミーティングを重ねた結果、

「子供が喜び、子供が食べやすいドーナツを作ってはどうか」

という意見から始まったそうです。

自分のお小遣いでも買えるように金額も設定したのがまさに「ヤング」ドーナツ。

 

 

当時少ないお小遣いを使いヤングドーナツを買っていた子供たちは現在25~30才。

 

まさに大使世代のお菓子。

 

遠足とかバナナと同じくらい、いやそれ以上にお世話になったな。

 

 

原材料もこだわっていて、北海道産の牛乳、大豆等。

理想を言えばもちろん地産地消で地元各務原のモノや岐阜県のモノを使ってほしいですが、おそらく価格が跳ね上がるのでそれはよくないです。

 

あくまで「子供がお小遣いを握って駄菓子屋に買いに行く」をモットーにしているので?価格を大きく変えることは許されないのであります。

 

 

しばらく食べてないなー。

純粋に食べたい。笑

www.miyataseika.co.jp