勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の桜情報~明宝の明るい宝~

熟成しすぎのお酒は苦手、大使です。

 

 

桜前線は北上中。

岐阜県ついに高山が満開。

めでたすぎるろ。

郡上八幡の桜は散り際ですが標高が少しでも上がると桜はまだまだ咲いていますね。

 

そんな郡上市の中で行っておきたい桜スポット。

f:id:gk-murai33-gk:20190421175131j:plain

 

「國田家の芝桜」

であります。

撮影時はまだ6,7分咲き。

 

もう亡くなってしまいましたが、國田かなゑさんというおばあちゃんが咲かせた芝桜。

もともとお花が大好きだったかなゑさん。

1961年に実家から1株の芝桜を持ち帰ってきたのがきっかけ。

1年を通してかかさず草取り。これだけの面積の芝桜の管理は大変難しいみたいです。

その後も芝桜を植え続けます。

次第に花畑の面積が広がり、「花咲かばあちゃん」と呼ばれ、今現在もたくさんの人に感動を与えています。

かなゑさん実はすごい人で、

・平成4年 花のまちづくりコンクールで農林水産大臣賞受賞。

・平成4年 花ざかりコンクールで個人部門金賞。

・平成4年 岐阜県県民栄誉賞受賞

・平成8年 緑化推進功労賞受賞

・平成8年 内閣総理大臣賞受賞

 

これほどまでの賞を受賞している人なんです。

 

そして亡くなった今、ばあちゃんの偉大さが感じられます。

大使も負けてられない。

県民栄誉賞くらいは欲しい!笑

 

そんな芝桜を少しだけ。

f:id:gk-murai33-gk:20190421180312j:plain

 

額縁を自分で持って行ったわけではありません。

常設です。笑(しかも今年から笑)

ただ額縁があるのとないのとでは映え方が全く違いますね。

f:id:gk-murai33-gk:20190421180238j:plain

 

ソメイヨシノ芝桜。

風がなければ綺麗に水面に写っていましたが...

風が弱い朝早い時間がオススメです。

f:id:gk-murai33-gk:20190421180608j:plain

 

かわいすぎる。

かわいすぎる。

かわいすぎる。

f:id:gk-murai33-gk:20190421180726j:plain

 

計2カ所の額縁を発見。

インスタ映え狙う人、額縁なくても十分映えますからこれ目当てで来ないでくださいね。

f:id:gk-murai33-gk:20190421180837j:plain

 

真上から。

かわいすぎる。

かわいすぎる。

かわいすぎる。

 

「サクラ」って本当に不思議で奇跡の植物だと思うんです。

 

ソメイヨシノエドヒガンザクラなど木の桜は花びらは下に向いて咲きます。

芝桜は上を向いて咲く。

なんだか素敵じゃないですか?

大使得意の妄想。

お互い目と目を合わせて咲く。

敢えて大文字で。

 

「なんて素敵なんだ。」

 

僕ね、ヤマザクラも好きなんです。

緑が生い茂る中、俺を見てくれと言わんばかりに咲き誇る。

桜並木とか群をなして咲く桜は咲くタイミングをカンニングできますが、ヤマザクラは長年の勘や自分自身の自信で咲き誇っている気がします。

 

この國田家の芝桜を維持するために、

f:id:gk-murai33-gk:20190421181655j:plain

 

このような箱が。

簡単に言えば、見学料払ってくださーい。っていう箱。

芝桜の維持には人も金も必要です。見学料を取って当然なんです。

 

毎年美しく咲いてくれて、僕たちの目を気持ちを穏やかにしてくれる貴重な存在。

僕も毎年足を運んでいます。

 

来年も同じように花が咲きますように。

皆さんのご協力をお願いいたします。