勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の桜情報~臥龍桜、満開(平成最後の満開桜)~

GWは雨が多そうですね、大使です。

 

 

飛騨の宝、いや、岐阜の宝、臥龍が満開になりました。

f:id:gk-murai33-gk:20190423174322j:plain

 

樹齢1,100年のエドヒガンザクラ。

平日にも関わらず、多くの花見客を魅了。

今年も咲いてくれてありがとう。

f:id:gk-murai33-gk:20190423175759j:plain

 

見上げて分かる迫力。

その昔、高山線建設中にこの桜を見た人が、龍が臥している姿に見えるということを言ったため、臥龍桜」と呼ばれるようになったそうです。

二本の幹の真ん中に一本繋がった枝があったそうなんですが、災害によって折れてしまったようです。

台風の影響で復活は不可能だと言われていたそうですが、見事復活。

なおも生き続ける銘木。

国指定天然記念物に指定されています。

 

しかし岐阜県には素晴らしい桜が多いこと。

しかも花見をする期間も長い。

本当に恵まれている県なんですよ、県民の皆さん!

自覚しましょうね!笑

昨日のブログじゃないけど笑

f:id:gk-murai33-gk:20190423180638j:plain

 

左の大きな桜が臥龍桜。

他と比べても大きさが分かりますね。

 

臥龍桜の近くには飛騨一之宮駅があります。

鉄道が近くを通るということは、このショット、必須です。

ワイドビュー臥龍桜。平成最後の満開桜はいいショットが撮れました。

ちなみにこの時期のワイドビューはスピードを落として駅に入るので、乗っても良し、撮っても良し。

JR東海様様。

f:id:gk-murai33-gk:20190423181234j:plain

 

平成最後の満開桜。

臥龍桜、咲いてくれて良かったです。

荘川地区の荘川桜は5月の満開なので、平成最後がココ。

近くの水無神社に感謝を伝えてきました。

 

桜と共に歩んできた平成。いや、いつだって桜は身近でした。

令和の時代も、咲き誇ってほしいですね。