勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の神社情報~知る人ぞ知る、秘境神社~

新緑の春です。ウキウキする、大使です。

 

 

皆さん、パワースポットってどんなとこでしょうか。

質問が雑でしたが、多くの人が

「パワーをもらいに行く」

場所ですね。

 

いや、実際そうだと思います。

心が折れている人とかってパワースポット行くと回復した感じになりますもんね。

 

 

でも、本当の?パワースポットに行くと、

パワーを抜かれます。

ホントに。

 

マジな場所はパワー抜かれないように行かないとダメです。

 

 

僕がパワーを抜かれた秘境がココ

f:id:gk-murai33-gk:20190409225158j:plain

 

「金弊社・大山白山神社

です。

創建は養老2年、718年に建てられた歴史ある神社。

 

 

気軽に行けそうですが、

f:id:gk-murai33-gk:20190409230053j:plain

 

車1台通れる道を3キロ以上上がります。

車1台ともすれ違うことなく、駐車場に到着。

この道幅からは想像できないくらい広い駐車場です。

 

一枚目の鳥居の奥、階段をひたすら上がります。

途中には

f:id:gk-murai33-gk:20190409230901j:plain

 

何という姿のスギでしょう。

こんな姿見たことない笑

 

さらにさらに上がっていくと...

f:id:gk-murai33-gk:20190409231107j:plain

 

江戸時代に再建された拝殿。

中には予約なしでは入れないですが、天井の絵は非常に見ごたえがあるそう。

 

もう一つの注目は右下の石垣。

f:id:gk-murai33-gk:20190409231400j:plain

 

石の積み上げ方が非常にオシャレですね。かわいい...

こんな積み方初めて見た...

いつからの石垣なのでしょうか。

 

この神社、この拝殿までではありません。

さらに上があります。

 

標高862mまで上がることができ、そこに向かう階段がすごい。

f:id:gk-murai33-gk:20190409232032j:plain

 

神様はこの先に鎮座しておられるわけですが、

この石段。

 

現在の大阪府阪南市から来た石工が1744年に造ったもの。

残ってるってスゴイ。

右側の整備されたほうを上るのは味気ないので、もちろん石段を。

 

その途中、

f:id:gk-murai33-gk:20190409232554j:plain

 

国指定天然記念物の大スギです。

樹齢はなんと1200年。

 

こんな山奥に、こんな立派なスギが。

この神社ができたときから歴史を見てきたスギ。

 

ここ、間違いなくパワースポットなんですが、このスギに両手で触ってしまったんです。

その後から襲い掛かる脱力感。

とんでもない脱力感で行きつけのお店で、今日は元気がないやん!と言われるほど。

 

パワーをもらいにいったはずなのに、こちらの気持ちが本気じゃなかったってことでしょうか。樹齢1200年のスギにパワーを抜かれました。

気安く超大先輩に触るもんじゃないですね。

 

でも次行くときはしっかりした意志で再開したい。

 

 

山頂からは、快晴で花粉黄砂なければ、御嶽、乗鞍が眺められるそう。

f:id:gk-murai33-gk:20190409233204j:plain

 

圧巻の景色。

ここの主は、この場所で養老2年から景色を見続けていたのか。

この空の青と、山の緑はひょっとしたら養老年間から変わってないのかも。

感慨深いですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190409233548j:plain

 

駐車場まで下りてきて、鳥居の右奥には夫婦スギが。

木の真ん中で手を取り合っているような姿。

f:id:gk-murai33-gk:20190409233423j:plain

 

ぜひ、みなさん行ってみて下さい。

本当にパワー感じます。