勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の観光情報~マイナスイオンたっぷりの穴場~

あとは夏を迎えるだけ、大使です。

 

 

先日の荘川桜の続き?とはなりませんが、荘川桜の次に訪れた場所。

もちろん愉快な仲間たちと一緒に。

 

ひるがの高原。

まずは分水嶺へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190503130508j:plain

 

ここで分かれた水は二度と出会うことはない。

僕の流した葉っぱは日本海側に流れていきました。

今頃御母衣ダムで止まっているんでしょうね。笑

 

こんな感じに分水嶺を目で見れるところはなかなかないので、お近くをお通りの際はぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

分水嶺を後にして、少し下にある滝へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190503130731j:plain

 

国道のU字カーブのそのさらに奥にひっそりと佇む瀑布。

夫婦滝

であります。

 

水量が少なすぎると夫婦にならず、水量が多すぎても夫婦にならずのなかなか難しいやつ。

前日まで雨が降っていたのでこの日の水量は多め。

でもしっかりと夫婦になっていました。

 

硬い岩盤に囲まれた中で轟く水の落ちる音。

迫力満点、マイナスイオン満点であります。

 

この滝は美濃地方を悠々と流れる長良川の源流。

ここから川の全てが始まります。

f:id:gk-murai33-gk:20190503173838j:plain

 

場所が場所なので人も少ない。

落ち着いて滝を鑑賞することができます。

足元がぬかるんでいるとこがあるのでサンダルの人とか要注意。

f:id:gk-murai33-gk:20190503173959j:plain

 

愉快な仲間たちと滝。

GWって感じ!

 

高山は人で溢れかえっているのでこういうとこに行くの、大事ですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190503174058j:plain

 

この水は太平洋へ。

160㎞以上の長旅です。

マイナスイオンたっぷりの滝を後にし、ひるがの高原に戻ってお茶タイム。

f:id:gk-murai33-gk:20190503174236j:plain

 

友達、所さんのコーヒースタンド。

自家焙煎の美味しいコーヒー屋さんです。

黒ソフト、気になるでしょ?

f:id:gk-murai33-gk:20190503174335j:plain

 

大使も驚きのあまり、この表情。

(何度も食べたことある)

 

安定の美味しさでした。

(黒ソフトを食べる直前までソフトクリームを食べていました)

 

体が冷えるぜ!

 

そんな時はホットコーヒーで温まりましょ。

 

 

荘川桜からのひるがの高原のはしご。

とっても距離的には近いのです。

標高900mと夏は避暑地にもなりますので下界で息苦しくなった人はひるがのへどうぞ。

これからが気持ちのいいシーズンです。

 

 

ちなみに、連休の時は白川郷、混雑します。

ご丁寧に白川郷ICまで乗られるのもいいとは思いますが、渋滞にはまります。

ひるがの高原SAスマートICで降りるか、荘川ICで降りて国道156号線で向かうほうが白川郷駐車場まで渋滞にはまらないです。(5月2日は昼過ぎに飛騨清見IC~白川郷ICで約15㎞の渋滞ができていました。おそらくICから駐車場までの約5㎞も渋滞。すべて白川郷からの渋滞でつっかえている感じです)

 

次の大型連休も渋滞することが予想されますので覚えていてもいいかもですね。

 

 

さらにちなみに、高速で白川郷に行くのも、荘川で降りて下道で行くのも所要時間はほとんど変わりません。

 

大使情報でした。