勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の温泉情報~待望のリニューアルオープン~

ブログの連続更新数日本一って何件なんですかね、大使です。

 

 

4月15日、ある温泉施設が待望のリニューアルオープンしました。

それが、

f:id:gk-murai33-gk:20190424140217j:plain

 

「ひめしゃがの湯」

であります。

芝桜がきれい。

 

改修工事前でも絶大なる人気を誇っていたんですが、去年長期休業に入りました。

 

そして、リニューアルオープン、行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190424140638j:plain

 

外観はそんなにというか変わってない?

飲泉所も変わらずあります。

玄関前には入浴を終えたperfumeが寛いでいました。

f:id:gk-murai33-gk:20190424141539j:plain

 

そうです、ココの温泉は

「炭酸泉」

であります。

 

大使は、というか風呂ニストの人は炭酸泉が好きなはず。

しかもココは天然の炭酸泉です。

 

飛騨の炭酸泉、名湯、秘湯は以前のブログでも紹介したココ。

gifu.gifutaishi.com

 

来た者を必ず満足させる名湯ですね。

 

 

飛騨小坂という場所は天然の炭酸泉が湧く日本でも珍しい温泉地。

あまり人には知られていない秘湯です。

 

入ってみました。

浴室内は写真は撮れませんので、あしからず。

 

浴槽の配置、シャワーの配置、露天風呂とう大きな変化は見られませんが、

それ以上にありがたい変化。

 

改修前は炭酸の泡が肌にあんまりつかなかったんです。

しかし、泡をもっと派手につくような(もちろん天然温泉)装置を設置。

 

この装置がすごい。

内湯のみだとは思うんですが、入っているときは常に泡がまとわりつく。

パチパチ泡がはじけるのが分かります。

例えて言うと、

「全身ドクターフィッシュ」

な感じ。

 

慣れるまでけっこう違和感ですが、効果は絶大。

 

炭酸泉ってそもそも何がいいのか。

炭酸泉の二酸化炭素が体内に入ると、体内の酸素が足りない!ということで血管が拡張、血流が良くなります。

炭酸泉は湯温を高くすると炭酸が抜けてしまうため、38℃くらいに設定しています。

そのため高血圧にならず、心臓に負担をかけることなく、体内の環境を整えてくれる。

 

そして、泡がつくと楽しい。笑

 

源泉が冷たいので、交互浴ができます。

 

 

もうね、

 

「リラックスしかしない」

 

であります。

体の疲れがスーッと抜けて頭の中が真っ白に。

 

 

 

岐阜県にとって非常にありがたい施設が再開しました。

本当に嬉しい。

 

価格は少し上がって700円。しかし納得できます。

JAFの割引が利くみたいです。

 

 

定期的に通いたくなる温泉施設です。

himesyagaspa.web.fc2.com

 

 

小坂という町ははなももが有名。

f:id:gk-murai33-gk:20190424144201j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190424144209j:plain

 

町には桜より多いんじゃね?っていうくらいはなももが。

来年、はなももも一緒に見に行くのもいいですね。

 

※少し前の情報です。悪しからず。