勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~約7時間くらいかけて来てくれました。感謝しかない。~

少し暑さが落ち着いて安心しています、大使です。

 

 

先日、静岡県熱海市から友達が来飛騨してくれました。

彼との出会いは約5年前のカンボジア

とあるツアーのグループで一緒でした。

f:id:gk-murai33-gk:20190528173245j:plain

 

静岡県出身のたかのぶ。

1月終わりぶりの再開でした。

 

初日夜から高山におったら呑みますよー

f:id:gk-murai33-gk:20190528173433j:plain

 

さすが、東京が近いだけあって最新技術を駆使して写真を撮ります。

手元のアップルウォッチをガン見。

 

そして定番の半弓も。

f:id:gk-murai33-gk:20190528173717j:plain

 

イケメンには半弓くらいでしか勝てません。

世の中不公平です。

 

明日は乗鞍に行こうということになり、次の日は早起き。

f:id:gk-murai33-gk:20190528173827j:plain

 

朝の宮川は平和です。

 

そしゃ、向かいます。

 

 

乗鞍岳・畳平(標高2,702m)へ向かうにはマイカーでは行けません。

畳平へ向かう乗鞍スカイラインイカー規制。

高山側から行くと”ほおのき平”でバスに乗り換え。

往復2,300円で畳平まで行けます。

全長約15㎞、所要時間約45分です。

 

乗鞍は23峰で形成される大きな山。

地殻変動を繰り返し、この山の形になりました。

 

高山側からは市街地にいながらして、この乗鞍の存在を毎日確認できます。

その大きさは見る者を驚かせ、感動させます。

見れるだけで幸せ。

f:id:gk-murai33-gk:20190528174224j:plain

 

車窓からはこの景色。

迫力がスゴイ。

クネクネ道を上り、バスの運転手さんに関心をしながら、

f:id:gk-murai33-gk:20190528174358j:plain

 

あっという間に畳平到着。

日本で一番高所にあるバスターミナル。標高2,702m。

富士山で言うと7合目より少し低いくらい。

そこまでバスで行けるってすごくないですか?

 

ここからは写真を多めに。

一応ですが、このスケール感は写真では全く伝わらないのであります。

f:id:gk-murai33-gk:20190528174838j:plain

 

よくポスターに出てくるあの道。

f:id:gk-murai33-gk:20190528175336j:plain

 

真下に見える池は絵の具をたらしたような色をしていました。

f:id:gk-murai33-gk:20190528175005j:plain

 

ゴツゴツ。

f:id:gk-murai33-gk:20190528175034j:plain

 

なにやらフォトジェニックな石もありました。

標高2,500mの森林限界を超えるとハイマツが地表近くに生い茂ります。

f:id:gk-murai33-gk:20190528175111j:plain

 

こいつなんかは割れ目に苔。

苔なのか?

とにもかくにも、オシャレであります。

f:id:gk-murai33-gk:20190528175155j:plain

 

場所は移って富士見岳。(標高2,817m)

富士見ですが肉眼で富士山を見るのはなかなか難しいみたい。

直線距離で約170㎞離れてるみたいです。

 

この山頂に来てから撮影会が始まります。

f:id:gk-murai33-gk:20190529082855j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190529082930j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190529082951j:plain




「ここが私のアナザースカイ、乗鞍です。」

をイメージした写真。

彼にとってココがアナザースカイかどうかはさておいての撮影です。

f:id:gk-murai33-gk:20190529083115j:plain

 

イメージはラーメン屋店主の撮影。

なんとなく腕を組んでいるイメージ。

f:id:gk-murai33-gk:20190529083214j:plain

 

極めつけはこの景色。

遠くは笠ヶ岳槍ヶ岳奥穂高岳、焼岳、反対方向には八ヶ岳連峰が見れます。

今年のベストショットに決まりだな。

写真欲しい人送るのでおっしゃってください。

f:id:gk-murai33-gk:20190529140311j:plain

 

この外国の方はなんとバチカンからの来日。

遠い場所からわざわざ。

ありがとうございます。

この景色の素晴らしさを自国で話してほしいな。

f:id:gk-murai33-gk:20190529140540j:plain

 

この時期限定の雪の壁。

開通したての時はもっと高かったんやろな。

f:id:gk-murai33-gk:20190529140709j:plain

 

一番高い所で4mくらいですかね。

雪質はもちろん、カチカチ。

f:id:gk-murai33-gk:20190529140835j:plain

 

証明写真。

f:id:gk-murai33-gk:20190529140910j:plain

 

サングラスを外した君はもう抜け殻だ。

ナイスな写真やさ。

 

お昼ご飯の写真いりますか?

f:id:gk-murai33-gk:20190529141303j:plain

 

天ぷらうどん+おにぎり。

登山後の飯は、美味い。

f:id:gk-murai33-gk:20190529141436j:plain

 

よくばりカレーを食べるたかのぶ。

この日の夜もカレーを食べてしまいます。

この人曰く、

「カレーはどれだけでも食べられる。」

とのこと。

f:id:gk-murai33-gk:20190529141917j:plain

 

空が近い。雲が近い。飛行機が近い。

乗鞍の空は綺麗だ。

f:id:gk-murai33-gk:20190529141946j:plain

 

大きなベンチにたったひとり。

イケメンはこんなことでは動じない。

f:id:gk-murai33-gk:20190529142058j:plain

 

太陽の周りに輪っかが!

珍しいの?

f:id:gk-murai33-gk:20190529142239j:plain

 

下山後は...

温泉でしょ。

たまらなく気持ちいよね。

奥飛騨が誇る名露天風呂に入ります。(混浴)

f:id:gk-murai33-gk:20190529142355j:plain

 

画面が割れていて字がぶれる。

どもならん。

たかのぶ私より白く見えるやん。

f:id:gk-murai33-gk:20190529142518j:plain

 

蝶がふ化する瞬間。

命が今まさに誕生している様子。

f:id:gk-murai33-gk:20190529142646j:plain

 

高山の小さな名店で野菜カレー。

いつもいつも美味しいご飯です。

f:id:gk-murai33-gk:20190529142840j:plain

 

〆はいつもの店。

満足過ぎた3日間。

 

 

たかのぶは熱海のまちづくり会社に勤めています。

正直、熱海のまちづくりは素晴らしい。

V字回復した意味が分かります。

今の高山で熱海のまちづくりは、難しいのではないかな。

 

今後の熱海の発展が楽しみ。

 

熱海行きたい!

湿気が多くて過ごしづらいので、涼しくなったら行きたいな。

 

 

また季節を変えて遊びに来てほしいものです。

秋とかね!

 

 

本当にきてくれてありがとう!

また会おう!