勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のブラ大使~お世話になった人たちをご案内~

かき氷は少しでいい、大使です。

 

 

去年の9月。

僕が1ヶ月働かせていただいた高山のお宿、tauさん。

住むところを探しているときに寝床を提供してくれた命の恩宿。

なかなかできない仕事もさせていただいたし、色んな人と出会えました。

 

そんなtauさんの女将なおさんスーパースタッフあやさんを誘拐して、我が地元、

岐阜市

を案内させていただきました。

(オーナー熊さんはお留守番)

 

早朝から大使ツアーは始まります。

各務原モーニング。

f:id:gk-murai33-gk:20190706095544j:plain

 

各務原を代表する喫茶店

「梅田家」さん

であります。

 

たぶん岐阜モーニング初心者はビックリすると思いますが、お値段500円。

モーニングってこの金額を超えると「高いな。」って思うラインが人それぞれあります。

ちなみに大使の場合は420円を超えると「高いな。」と感じます。

ということは、このモーニング、「高い」わけであります。

しかし、梅田家さんは自家焙煎のコーヒー屋。

さらにほぼ2杯分のコーヒーが入っています。

 

他の地域で自家焙煎って聞くだけでお高い。

そして朝から営業していない。(朝に豆を焼きたいから)

 

もう、その条件を満たしているだけで満足度は120%であります。

 

モーニングを食べ終わり、いざ岐阜市方面へ。

女将なおさんは御朱印集めが趣味。(素敵な趣味です。)

岐阜県を代表する神社、伊奈波神社参拝後、金華・井の口エリアへ。

岐阜大仏さんを見て来ました。

f:id:gk-murai33-gk:20190706100531j:plain

 

いつ来ても穏やかな顔です。

岐阜大仏に関しての記事はコチラ。

gifu.gifutaishi.com

 

お二人の満足されたみたい。

心も穏やかになり、町歩きへ。

f:id:gk-murai33-gk:20190706100838j:plain

 

道路の真ん中に石畳が横切っています。

石畳の場所には昔、が流れていました。

この石畳より向こう側に武家屋敷があったそうです。

堀で分けるのは城下町でよくあるパターンですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190706101340j:plain

 

お洒落な格子。

なんだか変な気分になります。

f:id:gk-murai33-gk:20190706101451j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190706101531j:plain

 

この2軒のお宅。

戦国時代から変わらないあることが見てとれます。

なにか分かりますか?

ブラ大使は質問形式にして考えていただく。

城下町は考えて妄想してが楽しいですから。

聞けば納得、見て納得。

気になる方は大使に聞いてください。

f:id:gk-murai33-gk:20190706102418j:plain

 

岐阜護国神社御朱印もらいーの、

f:id:gk-murai33-gk:20190706102503j:plain

 

金神社(こがねじんじゃ)でごしゅい...

すげー!!!!!

スーパースターや。

この二人と旅人の木さんのコラボ。

ちなみに藤井聡太くんのもありました。

f:id:gk-murai33-gk:20190706102746j:plain

 

川原町。

古い町並みでございます。

お腹が空いたので川原町屋さんへ。

f:id:gk-murai33-gk:20190706103007j:plain

 

長い通路の先には蔵。

蔵の中で素敵な時間を過ごすことができます。

土日ともなると混雑します。

平日の訪問がオススメ。

f:id:gk-murai33-gk:20190706103230j:plain

 

バターチキンカレー。

ピリ辛で上品な味。

ペロッといけちゃいます。

 

お腹を満たして次は岐阜城へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190706110231j:plain

 

青空+城

良いですね。

うん、よい。

復元天守閣。

観光用の展望台天守閣としては日本で一番古い。

f:id:gk-murai33-gk:20190706110432j:plain

 

今日は少しもやってました。

最大視認距離は名駅でした。

f:id:gk-murai33-gk:20190706110532j:plain

 

遠くには池田山。

南には養老山脈が。

蛇行していく長良川も素敵です。

「城+山+川+町」

岐阜だけじゃないでしょうか。

 

この先は芸術的なチャートを紹介。

全部金華山です。

f:id:gk-murai33-gk:20190706110822j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190706110906j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190706110926j:plain

 

まさに芸術であります。

戦国時代、織田信長様も見ていたチャートです。

硬い岩盤の上に城が築かれたことが分かります。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111045j:plain

 

鵜飼舟に乗ると決めましたが、その前に汗を流します。

岐阜と言えばのはら湯。

 

時間があまりなかったのでダッシュで出ます。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111311j:plain

 

そして乗船。

この提灯も何かい撮影したことか。

 

そうだそうだ、今年初鵜飼です。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111424j:plain

 

救命胴衣に描いてある絵、クセがあります。

フリガナが下にふってある。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111534j:plain

 

上流から流れてきます。

ゆらゆらと篝火が水面を照らし幻想的。

何度見てもいいですね。飽きません。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111651j:plain

 

ブレブレ。

ハッキリ見たい方はぜひ現地で見てください。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111747j:plain

 

総がらみは鵜舟が横一列になり、一気に魚を獲る追い込み漁。

鵜飼もこれで終了。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111902j:plain

 

乗船所の近くにあるラーメン屋。

f:id:gk-murai33-gk:20190706111945j:plain

 

シンプルなラーメンを食べて、一路高山へ帰宅です。

 

 

帰り道はせせらぎ街道。

真夜中。

野生のシカを7頭見ました。

彼らの縄張りなのでこちらがお邪魔しているという感覚ですね。

 

夜中はいつ走ってもハラハラします。

 

 

無事高山帰宅。

お二人とも満足していただけたようで良かったです。

ブラ大使はいつだってゆるーく町を歩きます。

僕が紹介していくバージョンもありますが、知らない土地で新たに発見していくスタイルもあります。

どちらにしても、面白いんですけどね。

 

またどこか歩きましょうねー。