勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~逆転。~

スタバ高山店の隠れさるぼぼ知ってますか?大使です。

 

 

前回のブログでお馴染みゆーごにサプライズで会ってきたこと、

お伝えしましたよね。

彼は3月末で大学を中退、4月から今の職場で働いています。

 

今回ホテルまで会いにいった訳ですが、当日までのサプライズ。

 

でもね、まさかこんなに早く泊まりに行けれるとは思ってませんでした。

f:id:gk-murai33-gk:20190722185911j:plain

 

当日までサプライズでしたが、厨房に宿泊者名簿が回っていて出てきてくれる前にはもうバレてました笑

サプライズってそんなもん。

 

でも村井って名前があって、そこから住所まで調べるとは。

そりゃ高山市〇〇町だったら僕ですわ。

 

 

この姿で厨房から出てきたときは嬉しかったなー。

コックコートも似合っとる。

 

それと同時に安心もして。

ちゃーんと働いとったもんで笑

 

嬉しくてウルッと来ましたが、我慢しました。

もはや親心。笑

 

 

出会った頃は、

僕がスタッフ、ゆーごがゲスト。

f:id:gk-murai33-gk:20190722190455j:plain

 

今回はそれが逆転。

 

僕がゲスト、ゆーごがスタッフ。

 

感慨深いですね。

迎え入れられる側になりました。

 

人生何が起こるか全くわからない。

 

どれもこれもあの時出会ってなかったら実現しなかったことで。

存在すら分からなかったんでしょう。

分かるはずがない。

岐阜と京都だもん。

ゆーごとは特に共通点もないし。

 

 

引っ越しの時は京都まで手伝いに行き、ゆーごを高山まで拉致。

1週間滞在し、白川郷まで送迎。

 

僕の部屋の片隅は彼の荷物置き場。

立ってるものは親でも使え。といったとこでしょうか。

部屋の片隅は見事に支配されている28才。

 

 

そこまでやってあげる必要なんて全くなかったのにね。

だって引っ越し業者使えば早いし。

でも動けたということには何か理由がある。

それが愛なのか愛じゃない何かなのか。

そこに愛があるのか愛がないのか。

 

ひょっとしたら羨ましかったのかもしれない。

20才という若さでの大きな決断。

色々な人に否定もされ、肯定もされ。

 

 

 

おい、僕の20才は、どうだ。

 

 

 

こんな大きな決断どころか、小さな決断もせず、能天気に毎日を生きてきた。

ハッキリ言って、腐ったような毎日。

腐っているという基準がよく分からないのだけれど、振り返った時に特に何も思い出せないんだ。

つまり惰性の毎日。

こんな決断、しようとも思わなんだ。

 

 

そもそも今、普通に生活していて20才の大学生に会うこと自体滅多にないこと。

過去の自分と比べて、彼の「決断」疑似体験したかったのかもしれない。(いい迷惑か笑)

人の夢に乗っかるってこういうことが始まりなんだ。と実感した。

 

 

ゆーごは真逆のセンス、真逆の趣味。

何かそれが羨ましかったのかもしれない。

いや、羨ましかったんだ。

過去の自分と比較してね。

だからこそ色々と彼から学ぶことが本当に多いです。

 

 

これ以上書くとガチで出演料取られるので終わりにしましょう。

闇営業って言われない程度に書きます。

 

ひとつだけ最後に言うと、

僕はゆーごの日本で一番のファンだ。

 

それだけ感謝しているし尊敬している。

 

 

こんな出会いと経験はこの先求めない。

だって、大変だから。

 

大変だったからこそ、その分の愛は大きい。

 

 

何か困ったらいつでも相談しなさい。

自分が損してでも力になるさ。

必要なら人並みの人脈を使って解決に導くさ。

 

 

と、また弟への愛と感謝を語る大使でした。

この男にみんな会ってほしいな。面白いぜ。

 

おわり。