勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~野菜は嘘をつかない~

最近目が痒い、大使です。

 

 

僕は畑が好きです。

時々気分転換に友達の農園に行き、収穫等の手伝いをしています。

土いじり、野菜いじりをしているとなんだか落ち着きます。

 

”田舎”と形容される場所に住んでいます。

そう、飛騨高山。

 

「北は立山、東に乗鞍、西に白山、南に御嶽」

 

四方を山々に囲まれ、来るものを拒むような山奥。

 

 

しかし、山に囲まれどそこは日本でもトップクラスの知名度の一大観光地。

日本から、いや、世界各国から観光客が押し寄せます。

 

住んでいる場所も建物に囲まれた住宅地。

古い町並みからは歩いて5分もかかりません。

 

 

これが意外と賑やかなんですよね。

 

 

そして仕事も人を相手にしている。

そもそも人を相手にした仕事は好きなのか。という問いがあったとする。

 

答えは、

 

迷わず、YES。

 

接客は大好き。

 

でも人を相手しているとなかなか疲れるんですね。

 

そんな時一人で黙々と作業ができる収穫作業。

 

 

最高で最強の気分転換。

f:id:gk-murai33-gk:20190723174401j:plain

 

こんな可愛い表情されるとこっちもにやけます。

そう、

 

にやにやしてぶつぶつ独り言言って収穫しています。

 

危ないです。

 

 

でも、そんな危ない状況に立たされても、心はリセットされます。

 

ハウスの中では野菜が主役。

僕たちは野菜がかっこよく輝けるようにお手伝いをしているだけ。脇役です。

f:id:gk-murai33-gk:20190723174616j:plain

 

時々こんな風に並べちゃいます。

 

もう可愛くてしょうがないですね。

 

 

野菜は正直です。

野菜だけじゃなく、人間以外はだいたい正直。

 

愛情を注げば注いだ分育つ。

反対に愛情を注がなければ枯れる。

 

愛情を注いだけど災害等で育たなくなる。

それはそれは大変悲しい。

自然災害なんて悲しみをぶつける先もない。

 

野菜は自分で大きくはなれますが、それだけしかできない。

 

人間との二人三脚じゃないと輝けないんです。

 

 

そんな野菜の相手をする...いや、野菜に世話をしてもらっているのかも。

世話をしてもらっていると、ストレスを忘れ(もともとストレスを感じないけど)、浄化されます。

 

 

机に並んだパプリカだって

f:id:gk-murai33-gk:20190723175038j:plain

 

彼らが一人でここに来れた訳じゃない。

 

僕たちが収穫をしたのでここにいる。

 

そう二人三脚。

 

 

 

だからこそ、愛を注げ、愛を返してくれる。

 

 

 

こんな環境で生活できるのは幸せです。

 

 

僕の農業原点となった山之村にもいかないと。

晴れて休みが一日あったら遊びに行こうじゃないか。