勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のクッキング~栗きんとんづくり~

今日は最高の秋晴れ、大使です。

 

 

栗拾いしてきましたが、その栗で何を作るのか。

あの大使が何を作るのか。

まー、栗は手間がかかりますからねー。

 

これ作りました。

f:id:gk-murai33-gk:20191009165402j:plain

 

栗きんとん。

であります。

 

岐阜県民の栗きんとんはコレ。

栗と砂糖で作る和菓子です。

 

今日はどれだけ作るのがめんどくさいか、お見せします。笑

f:id:gk-murai33-gk:20191009165551j:plain

 

使う栗は1㎏。

一昨日獲れたばかりの栗を使います。

これを30分から40分、茹でます。

その後、

f:id:gk-murai33-gk:20191009165713j:plain

 

アツアツの栗を包丁で半分にし、中身を出して

f:id:gk-murai33-gk:20191009165832j:plain

 

すりつぶします。

もうすでに重労働。

f:id:gk-murai33-gk:20191009165937j:plain

 

はあはあします。

手も痛くなるし。

その次はグラニュー糖をぶち込みます。

割合は〇〇%。

企業秘密です。

f:id:gk-murai33-gk:20191009170227j:plain

 

これくらいの量です。

だいたい1㎏の半分くらいが殻の量ですからね。

その後、

f:id:gk-murai33-gk:20191009170357j:plain

 

ラニュー糖が溶けて、なじむまでフライパンで熱を加えます。

これも少し時間のかかる作業。

焦げ付いてしまわないように目を離さず見守ります。

既にここまで3時間弱。

f:id:gk-murai33-gk:20191009170600j:plain

 

溶けました。

さて、もうそろそろ仕上げです。

 

ちなみにフライパンに残ったものは、

f:id:gk-murai33-gk:20191009170715j:plain

 

栗おこげであります。

あと引く美味しさ。

栗きんとんよりこちらの方がレアかも。

f:id:gk-murai33-gk:20191009165402j:plain

 

そして、完成。

 

 

栗きんとんは一粒200円以上もする高級な和菓子。

作るとこれまた高いのが分かります。

 

作るのめんどいのさ。笑

でも、作っちゃう。

 

美味しいもん。

 

 

今日はクーリエで無料で出してたけど、好評でした。

お菓子これしか作れないから嬉しいね!

 

季節商品やけども、また機会があれば作ろう。