勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のお散歩~たまには近所を歩いたよ。~

今朝の地震ビックリしました、大使です。

 

 

僕が住んでいる場所。

旅好きの人、自然が好きな人は一度くらい聞いたことあるはず。

 

飛騨高山

 

年間450万人を越える観光客が日本のみならず世界から押し寄せる。

四方を深い山に囲まれる土地としてはありえない観光客数だ。

 

ところで「風光明媚」という言葉がピッタリのこの町は、四季折々で様々な表情を見せてくれます。

文字にするのは難しいのだけれど、住んでいて目が飽きることない。

 

春は春で。

夏は夏で。

冬は冬で。

 

そして一番早く過ぎ去り、一番美しくも儚い季節。

秋。

 

たまには近所を散歩してみた。

 

目の前に広がる景色にただただ見惚れた。

f:id:gk-murai33-gk:20191112163622j:plain

 

普段見ている何気ない日常は、この時期一変する。

グレーの石畳は黄色に染まり、緑の葉は赤や黄色、さらに葉が夕日に照らされれば無数の彩りができあがる。

まさに、彩り。

この絵に描いたような彩りは家から徒歩数分。

このために住んだ価値があるといっても過言ではない。

そう、飛騨高山の四季を見るため。

f:id:gk-murai33-gk:20191112164533j:plain

 

この町には「住む価値がある」と思う。

人も土地もそして、自然も。

住む上で重要なことって「飽きない」ことだと思うんです。

 

僕の場合は人と自然。

f:id:gk-murai33-gk:20191112170952j:plain

 

見上げれば、赤・黄・緑・青。

「見るなら今しかないよ!」

と言わんばかりの色づき。

 

いつまでも見ていられる彩り。

f:id:gk-murai33-gk:20191112172125j:plain

 

普段天敵の逆光ですら味方につけることができる。

紅葉に関して言えばこれ以上の味方はない。

f:id:gk-murai33-gk:20191112172502j:plain

 

こんな感じにも撮っちゃう。

苔ってなんにでも合いますよね。

綺麗な赤が深い緑に合います。

イイ感じ。

 

 

どうでしたか。

僕の家から徒歩圏内の紅葉。

飛騨高山の紅葉は今週がピークでしょうか。

徐々に紅葉前線は標高の低いところへ下がっていきます。

 

岐阜県内まだまだ見どころたくさんあります。

11月中はどうぞ、岐阜県の紅葉を目に焼き付けに来てはいかがでしょうか。

 

 

 

久々にボランティア以外の投稿でしたが、こちらもお忘れなく。

まだまだ来週も行きますし、現地での炊き出しも考えています。

取り組み面白いな、協力したいなと思われているかた、どうぞその素敵な想いを僕に託してみて下さいね〇

現地の人のために使わせていただきます。

polca.jp

 

手渡しや口座振り込みも承っております〇