勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.01.09~

横浜流星は横浜生まれ、大使です。

 

 

来飛騨してくれた人を居酒屋へ連れて行き、美味しいお酒と地のモノを食べてもらう。

その中での不動の人気、

「漬物ステーキ」

f:id:gk-murai33-gk:20200107090114j:plain

 

バターやごま油などで漬物を炒め、卵でとじたり写真みたいに鉄板の上にのせたり。と色々な作り方がある。

 

ほどほどの女将・ななさんも漬ステファンのそのひとりだ。

f:id:gk-murai33-gk:20200107090409j:plain

 

お待たせしました。

ふっつてぬぐい、進呈。

 

いつも応援してくれてありがとうございます!

 

漬ステを作れば場が盛り上がる。

日本酒が進む。

飛騨を感じる。

話が弾む。

...

いい事ばかり。

 

そんな”漬ステ中心”の場所のことを。

「漬ステーション」

という。

(大使が勝手に作ったコトバ。)

 

ということは、

「漬ステーションinほどほど」

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20200107090832j:plain

 

熱海からのゲストさんがまさかの干物を買って来てくれて、山&海のコラボ。

 

日本の食卓はどうしたって酒が進むようになっているんです。

 

 

ちょいちょい出てくる「inほどほど」というワード。

南知多は最南端にある宿のこと。

f:id:gk-murai33-gk:20200107091327j:plain

 

暫定日本一居心地が良くて、のんびりしすぎちゃう和室。

を有する宿。

この部屋はずるい。

 

着いたこの日は僕の貸し切りだったのでもはや実家。

実家を超えてしまうほどの実家感。

いや、実家はマンションだから一軒家を実家と言うならば、ここが実家。

 

数えきれないほど宿には泊まりましたが、ここがダントツの居心地。

南知多にお越しの際は、日帰りではなく泊まって!ほどほどに!

もったいないよ!

というか素敵な宿がある「半島」で日帰りと言う選択肢はない。

hodohodo.jimdofree.com

 

今年は必ず!去年よりも多く、ほどほどに行く!

f:id:gk-murai33-gk:20200105184851j:plain

 

漬ステから宿の話へ。

 

「漬ステーション、ほどほど」(勝手に認定)

 

でした。