勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.01.24~

夏は水不足になるのでしょうか、大使です。

 

 

コーヒー第二章。

前回は話が大きくズレすぎました。笑

 

岐阜が誇るコーヒーチェーンひぐち珈琲のたけるさんがインスタにあげてた投稿。

コーヒーの本に関する投稿。

 

ビビッときたので、珍しくすぐ本屋へ行き、買ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20200122124941j:plain

 

であります。

”まるで魔法”

で、あります。

 

”コーヒーを淹れるプロ”が読んでる本。

と言うことで買いました。

 

明日からできること、ではなく、今日からできることがたくさん書いてある。

一番早く実践したことは豆の静電気問題。

分かる人には分かります。

 

他にも役立てれることたくさん。

でも、一番納得したことは、

f:id:gk-murai33-gk:20200122125300j:plain

 

であります。

 

何に関しても「水」は大きなウェイトを占めているんですね。

人間の生活に直結し、命である水。

 

コーヒーも水が全て。

 

大使の家のコーヒーは飛騨の湧き水で淹れているので美味しいはず。

ちなみに炊き出しで淹れてた時も飛騨の湧き水。

多い時で72L持って行ってたのが懐かしい。

 

 

そしてこういう本を読むと、コーヒー環境を整えたくなる。

f:id:gk-murai33-gk:20200122125705j:plain

 

家でコーヒー(略して・いえコー)は至福のひと時。

淹れるのを機械化するのは簡単(コーヒーメーカー)だけど、手で淹れている時間は何にも替えがたい。

ハンドドリップとコーヒーメーカーってやっぱ何か違うんですよね。

機械では出せない柔らかさ。

 

大使はセブンイレブンのコーヒー信者ですが、僕が淹れるコーヒーには敵わない。

 

 

現代人は電車の時間に日常を奪われすぎていて、朝の時間をおざなりにしている。

15分だけ早く起きて、挽きたてのハンドドリップコーヒーを飲む。

機材を揃える必要がありますけどね。

でも1日が始まるスイッチにもなるし、朝だけどあわただしい時間のリセットもできる。

 

これだけでも手で淹れる価値はあるし、みんなに体験してもらいたい。

体験してよー。笑

 

コーヒーは「豆と水」だけで飲める世界一の嗜好品。

シンプルで簡単だけど、奥が深いのです。

 

この本を読んだら、一杯への意識が変わる。