勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

世界で一種類の桜は樹齢1,500年

マスクって本当に増産されてるんですかね?大使です。

 

 

地元へ帰った時、桜を見に行きました。

この春、花見で岐阜県に来ようと思っていた数少ない人たちのために。

大使の仕事と言うことで雑な正義感で見てきました。

 

岐阜県を代表する淡墨桜は日本三大桜。

行こうと思いましたが、コロちゃんの影響で夜間ライトアップ中止。

気づいたときには散り際でしたので今年はパス。

ちなみに樹齢は1500年以上です。

 

今回訪れたのは、

f:id:gk-murai33-gk:20200406123126j:plain

 

国指定天然記念物・中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)

であります。

樹齢は約1200年。

岐阜県には少なくとも樹齢1000年を超える桜が3本ある。

守り続けていかなければならない日本の宝です。

 

誓願桜はヤマザクラの変種。

大変珍しいもので、世界で一本しかない桜。同種の桜がないんです。

 

樹高8.1m、幹径1.5mで幹は意外とシュッとしている。

20~30弁の花弁を持ちます。

 

この写真を撮ったのがもうすでに散り際。

f:id:gk-murai33-gk:20200406123945j:plain

 

若葉と桜。

共存であります。

ご覧の様に多くの花びらが付いています。

 

 

でもまだ蕾もあったりで、自然ってすごいですね。

一年に一度、美しい花を纏い人々を魅了させるのは約一週間。

その姿に人間は勇気をもらい、感動をもらい、笑顔になる。

 

 

桜は散ってすぐに蕾を付けると言われます。

来年のその時までじっと待機している。

その時がこれば、一気に咲き誇り、一気に散る。

 

桜は桜にしか歩めない一生だ。

なんならこのサイクルを1200年続けている。

 

生まれ変わったら猛禽類の鳶がいいと言い続けていましたが、

生まれ変わったら、桜でもいいな。