勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

一年に二週間しか見られない滝。今年は短すぎるよ〜

外国人観光客が増えた気がします、大使です。

 

 

2日連続で紅葉情報をお伝えしてきました。

もう少し続けましょう。

美しき飛騨の紅葉は、みなさんに共有します。

 

土曜日、日曜日と紅葉を追いかけてましたが、行った場所はほぼ同じ。

土曜日は前半戦が晴れていたので後半に行った場所は、雨。

 

寒くて寒くて寒くて...

あ~秋だけど冬だな~

そんなことを思いました。

 

そして日曜日。

昨日雨だった同じ場所へ。

 

 

そこで見せてくれたのは、秋と冬のコラボでした。

f:id:gk-murai33-gk:20201025211334j:plain

 

昨日の夜は雪が降ったみたいです。

山頂は銀世界。

 

しかしその直下。

真っ赤に色づいた木々。

まるでスポットライトが当たっているかのよう。

 

手前の色づきはまだかしら?

 

超近距離の「三段紅葉」であります。

 

 

*ちなみにこの写真がCBCゴゴスマ(全国30都道県)で紹介されました。

やった~!

f:id:gk-murai33-gk:20201027154119j:plain

 

本当に一瞬でしたが!

ありがとうございました!

 

 

これから色づきがピークの場所へ行きましょう!

f:id:gk-murai33-gk:20201025211738j:plain

 

ほぼ一台分の幅しかない道を約13㎞走ると、駐車スペースが。

目の前は赤、オレンジ、黄色、緑...

ブナ、͡ナラ、カラマツ、ヤマモミジ...

 

目の前が忙しい。

そして、寒い。

 

ここで出会うおじいちゃんは滝好き。

自称6,000の滝を見たという。

 

そう、この紅葉トンネルの先には滝があります。

 

このおじいちゃんは4度見に来たそうですが、今回初めてお目にかかるそう。

あ、島根県から来てるって。

 

そんなおじいちゃん、”5度目の正直な滝”がコチラ。

f:id:gk-murai33-gk:20201025213012j:plain

 

絵みたいでしょ?

やばくないですか?

 

白水の滝

であります。

 

落差は72m、幅は8mの大きな滝。

日本三名瀑に数えられる”ことも”あります。

 

個人的には数えられてはいけないと思ます。

なぜなら、アクセスの問題。

 

運転中、集中力を切らすと間違いなく事故る。

崖下に転落か、出合頭の事故。

道中は携帯の電波が通じません。

大きな事故=死に直結する場所です。

 

なおかつ今年は2週間ほどしか見ることができない滝。

 

 

これほどまでに大きな滝。

上から見下ろすことは日本全国探してもそうそうありません。

 

滝壺の色は...

???

 

たぶんこの世には例える色がありません。

実は温泉の成分が混じっているのでこんな色になるんですね。

 

 

6,000もの滝を見ているおじいちゃん。

「これほどの滝はなかなか見られない。5回も島根から通った甲斐があった。」

 

こんなこと言われちゃうと嬉しいですよね。

 

 

その後おじいちゃんが消えました。(フラフラと撮影へ)

ちゃんと奥さんと合流できてますように。

 

 

滝を後にして、終着地点へ。

f:id:gk-murai33-gk:20201025215222j:plain

 

なんだここ。

 

水こそ減ってましたがいつ来てもここは天国だ。

言葉はございません。

 

行った人間しか分からないこの美しさ。

今年に関しては2週間の景色だ。

 

昨日は湖の端っこなんて見えないくらいの悪天候だったけど、

あんなに雪が積もっていたんですね。

 

 

美しい以外の言葉はない。

 

 

友達が多くやってくる来週。

恐らくここまで紅葉は残っていません。

いや、その前に来週には通行止めだ。

 

ここにお連れできたのは今年は2人。

この景色が見られたのは1人。

 

 

大使の紅葉ツアー(プライベートツアー)は間違いございません。

時間に余裕があるならば、来た方が...

 

 

思い出の残る滞在にしてほしいものです。

魅力度ランキング42位の岐阜県からお伝えしました。