勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

エモすぎる岐阜のまち2

最近よく寝れるな~最高嬉しい、大使です。

 

 

昨日の続きですね。

岐阜のまちはとにかくエモい。(夜)

昭和に盛り上がったまち、それがそのまま残ったまち。

 

当時の日常だったものが現代は不要になり、”なぜかそこに”というトマソンが生まれる。

町歩きの楽しさは不要の元日常を探すことでも満たされる。

 

それは現代になり「エモい」という言葉で表現されるようになった。

 

 

昨日の続き。

いってみよ~

f:id:gk-murai33-gk:20210322184333j:plain

 

な~んだ、道か。

と思うなかれ。

 

高低差が見れたら何かがある。

そう思ってもらっていいのではないのでしょうか。

それに気が付けるかどうかはあなた次第。

町歩きの楽しさはこういうとこから。

 

 

この写真は水路に蓋をされた「暗渠」の様子。

暗渠はロマンです。

ワクワクします。(僕だけか)

 

高低差の町歩きの続きは一緒に歩いたときにお教えします。

f:id:gk-murai33-gk:20210322184728j:plain

 

大平ビジネス※△■...

 

なに?

ビジネスホテルであってほしいけど、そうでもないのか。

どうしてもホテルが読み取れないぞ。

f:id:gk-murai33-gk:20210322184917j:plain

 

うひょ~

また高低差。

 

この先にはおそらく水路が暗渠で存在していると思います。

いいですね~

f:id:gk-murai33-gk:20210322185159j:plain

 

さっきのビジネスなんちゃらと似たような建物。

この時代は交差点の角でお店をするとこの形になるんでしょうか。

f:id:gk-murai33-gk:20210322185412j:plain

 

出ました、教科書通りのトマソン。

2階建ての古民家があったんでしょうね。

その名残は今も鉄筋コンクリートのビル壁に残ります。

当時を思い返せる貴重なトマソン。

f:id:gk-murai33-gk:20210322185612j:plain

 

死んだ室外機達。

理由は色々あるでしょうけど、なんでも死は悲しいものですね。

しかし、エモい。

f:id:gk-murai33-gk:20210322185919j:plain

 

あさまでだらだらやってるBar

であります。

 

 

 

やってませんでした。

f:id:gk-murai33-gk:20210322190012j:plain

 

ぬあー!

割と好き。笑

 

その先のビル群がエモいわ~笑

 

 

お気づきでしょうが、エモいって言いたいだけです笑

f:id:gk-murai33-gk:20210322190449j:plain

 

THE柳ケ瀬。

ここに行かず岐阜市は語れない。

f:id:gk-murai33-gk:20210322190626j:plain

 

です。

 

よければどうぞ。

ちなみに柳ケ瀬の名店です。

f:id:gk-murai33-gk:20210322190739j:plain

 

チャリエモすぎる。

この地域はチャリのことを「ケッタ」とか「ケッタマシーン」って言います。

 

エモいケッタ。

 

エモケッタ。

エモケッタを探す町歩きとか楽しいかも。

f:id:gk-murai33-gk:20210322191114j:plain

 

とあるステンドグラス。

オシャレ。

最高にオシャレだな。

家にほしい。

f:id:gk-murai33-gk:20210322191205j:plain

 

急にホラー。

これめっちゃ怖くないすか。

 

何か感じちゃったらごめんなさい。

でも、最強に撮りたかったから。

 

 

 

そしてこれが最後の写真という笑

 

 

夜の町。

少し怖くて心細いかと思います。

安全ではないし、安心もない。

 

でもすごく楽しいです。

 

 

なので、必ず誰かと一緒に歩きましょう。

安心安全の岐阜市でもいつ何があるか分かりません。

 

 

大使に前もって言っていただければ予定空けますよ~

一緒に町歩きしてみましょう!