勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

朝から風呂でキメたい人は多いはず。

オリンピック始まったね~、楽しみましょい、大使です。

 

 

東北から帰ってきたわけでありますが、向こうを夕方に出発し、夜通し運転。

ずーっと運転していると目の前の景色は流れっぱなしになり、酔った感覚になります。

岐阜県に入る直前の松本で、これはダメだと思って少し仮眠。

3時間くらい寝て飛騨へもう少し。

 

「うーん、このまま帰ってもいいけども、朝風呂行けるな...」

 

そう機転を利かし行った先は、

f:id:gk-murai33-gk:20210724171215j:plain

 

臥龍の郷

であります。

 

国道41線沿いに位置しており、高山市街からは車で10分ほど。

割と広い駐車場ですが程よく車が停まっております。

ここには宿泊することもできます。

f:id:gk-murai33-gk:20210724171416j:plain

 

入浴中に服を洗うこともできるし。

旅人にはピッタリの仕様であります。

f:id:gk-murai33-gk:20210724171520j:plain

 

カラオケHOUSEであります。

歌うこともできてしまう。

ここはもはや、ホテルです。

f:id:gk-murai33-gk:20210724171616j:plain

 

さてお湯をいただきに行きましょうか。

f:id:gk-murai33-gk:20210724171744j:plain

 

臥龍の郷は環境にも優しい温泉でございます。

石油を一切使用せず、山に取り残された木材を使用。

ECOやな。

土砂災害の際も放置してある木が多いと下流部での被害も最小限になり、いいことずくめです。

f:id:gk-murai33-gk:20210724172040j:plain

 

獅子と手筒花火が迎え入れてくれます。

入って行く~

 

受付でお金を払うんですが、AM8時までに受付をするとこんなも貰えます。

f:id:gk-murai33-gk:20210724172212j:plain

 

なんと朝食が無料でついてきます。

これはありがたいサービスです。

受付は8時までですので。

9時は食べれる時間ですね。

これはあとで紹介。

 

入浴料は700円。

朝食は時間外に注文すると330円するので、圧倒的に朝がお得。

 

内湯は温泉ではなく、お湯。

温泉は外湯です。

 

アルカリ性単純硫黄泉なので外湯はほのかに硫化水素の香りがします。

ほのかに香るくらいがいいよね。

 

緑に囲まれた露天は開放感抜群。

開放感あるとこで裸。

最高であります。(少し間違えるとアカンやつ)

 

サウナもいいらしいよ。

ここは水風呂がすごくいいらしい。

僕は入らないのでよく分からないけども。

サウナ―は行ってみてよ。

f:id:gk-murai33-gk:20210724172925j:plain

 

休憩所もなかなか豪華。

外には牧成舎の牛乳が売ってるので、ゆっくりしてください~

 

風呂から出たらモーニング。

臥龍の郷の真骨頂です。

f:id:gk-murai33-gk:20210724173045j:plain

 

割とちゃんとした空間で食べることができます。

お皿を選択してパンを焼くんですが、

f:id:gk-murai33-gk:20210724173146j:plain

 

このベルトコンベアに乗せると自動的にパンが焼けるんです。

これはなかなか楽しい。

というかあんまり見ない機械であります。

f:id:gk-murai33-gk:20210724173257j:plain

 

綺麗な焼き具合。

家にはほしくないけど、定期的に焼きたくなる。笑

f:id:gk-murai33-gk:20210724173415j:plain

 

シンプルなモーニング。

お風呂入ってこれだけのものが食べられるのであれば、幸せではないだろうか。

 

ちなみにコーヒーは飲み放題。

常識程度に飲んでください。

 

 

 

気が付けば臥龍の郷には朝しか行ったことないのかも?

どうせ入るなら朝ごはんがついてた方がいいもんね。

 

僕みたいに風呂の後で食べてもいいし、風呂の前に食べてもいい。

風呂の前だと、時間に追われることなくお風呂を楽しめますね。

 

すごーく素敵な温泉施設だと思いますので、朝お時間に余裕があればぜひモーニング風呂行ってみて下さい。

www.garyunosato.jp