勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

創業から50年以上経つ国道沿いの喫茶店

エビスにグラスが付いてたから買っちゃった、大使です

 

 

おまけにめっぽう弱い、大使です。

 

 

華厳寺を後にした一行は、お腹が空いたのです。

腹が減っては戦はできぬ。

誰かが言ったんでしょう、反論しようがない名言でっす。

 

さて、場所を谷汲から中野町の喫茶店へ移動します。

 

 

 

「どこやねん」

 

 

 

そこは大垣市中野町。

f:id:gk-murai33-gk:20211201220915j:plain

 

レストラン中野

であります。

 

なぜ。

なぜオーストラリアの国旗なのか。

 

まだ誰も知らない。

f:id:gk-murai33-gk:20211201221502j:plain

 

目立たぬ場所で人知れず明かりを放ち続けるくるくる。

僕は見ているよ。

f:id:gk-murai33-gk:20211201221909j:plain

 

入口はなぜか二つ。

ですが、左側にある正面玄関から入ってみましょう!

眼科みたいな外観です。

f:id:gk-murai33-gk:20211201222214j:plain

 

店内は広め、そしてお客さん多め。

昔から賑わいはさほど変わらなさそうです。

 

席に着いて気になったのが、お好み焼きコーナーです。

その先には数席鉄板がついているテーブルがありました。

後で聞いたら、お好み焼きを注文した人や注文したい人はこちらへ通されるそう。

お好み焼きを食べなくても席には座れるそうです。

f:id:gk-murai33-gk:20211201222534j:plain

 

大きな大きなメニュー表。

というか、宴会場は分かるけども、会議室があるお店は初めて来ました。

今度「勝手にホールディングス」の会議を開催したいと思っています。

f:id:gk-murai33-gk:20211201222714j:plain

 

ぬ!

なんなんだこのおぞましいメニュー数は...

しかも、パフェがあるではないか!

名店、早くも名店であります。

 

さらにメニューを開いてみると、

f:id:gk-murai33-gk:20211201222857j:plain

 

ぬ!

だから多いって笑

 

ファミレスも背筋が凍るほどのメニュー数。

その数150を超えます。

 

多いね~

すごいよ。

 

そしてここまで多いと迷う。

shoくんは飛騨きっての優柔不断と思わざるを得ないほど迷っております。

 

僕はカツ丼と迷いましたが、鉄板イタリアンに決定。

迷った時間はおよそ7秒弱。

 

カツ丼は次の機会に注文したいと思います。

f:id:gk-murai33-gk:20211201223241j:plain

 

おまけのサラダ。

うむ。

普通である。

ドレッシングが老舗の喫茶店の味です。

懐かしい。

f:id:gk-murai33-gk:20211201223758j:plain

 

スパゲッティと言えばこの相棒ですね。

お馴染みであります。

 

 

さて、メインの到着です。

f:id:gk-murai33-gk:20211201224313j:plain

 

わお~

鉄板が四角だぞ~!

恐ろしく食欲をそそるビジュアル。

 

僕はイタリアン(ナポリタン)をほぼ鉄板でしか食べたことがありません。

お皿に盛ってあるっていうのがなかなか想像し難い。

鉄板文化の場所に生まれて幸せ。

f:id:gk-murai33-gk:20211201224735j:plain

 

わ~

最高に美しい。

 

上に乗っているコーンが何とも言えない。

目に優しい。

 

お味はとっても優しいケチャップ味。

きっと、この安定感は創業以来の味でしょう。

初めて訪れたお店ですが、懐かしさを感じます。

 

すごく美味しいです。

 

 

食後にはホットコーヒー。

f:id:gk-murai33-gk:20211201225053j:plain

 

教科書通り老舗喫茶店の濃さのコーヒー。

しかし、食事を提供する喫茶店で浅煎りのコーヒー出てきても「???」ってなりますけどね。

スジャータのフレッシュの花言葉は、名誉。

わたくしに一番必要のない言葉です。

f:id:gk-murai33-gk:20211201225441j:plain

 

shoくんは食後にオレンジジュースを注文していましたが、お気に召さなかったみたい。

僕は好きなタイプのオレンジジュース。

 

たぶん搾りたてのオレンジなのでスカッと爽やかすぎる風味がするんでしょう。

とっても美味しかったです。

 

 

 

レストラン中野、メニュー数が多すぎでした。

そして創業は50年以上。

昔も今も変わらないメニューなんでしょうね。

 

大垣市中野にあるからレストラン中野

だと思っておりました、が、

ここのご家族、おそらくですが、中野さんです。

 

お店に併設されているご自宅の表札が中野でした。

 

 

レストラン中野は中野町にある中野さんのお店。

うん。

 

 

おいしけりゃなんでもいっか。