勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

飛騨の夜は、「飲んで打って飲んで...」?

先日久々に室温が氷点下になりました、大使です。

 

 

室温氷点下になると寒さで目が覚めます。

同時に生きていると再確認。

適切な就寝室温は18℃らしいですね。

布団の中がかなり温かいので布団から出た時にヒートショックになるそうです。

雪国の冬は、命がけ、大使です。

 

 

ゲストハウスとまるに宿泊。

二日目の夜にはオーナーしんごさんと飲みに出ました。

サシで飲むのは恐らく初めてじゃないかな。

覚えてないだけかもしれませんが笑

 

「一茶に行きたいね~」

なんて話をしていたので、名店の開店時間まで他のお店に行くことに。

f:id:gk-murai33-gk:20211214080817j:plain

 

生のハイネケンを出す店はココしか知りません。

飲みさし、

ジビエ料理を提供してくれるうり坊やさん。

猟から加工、提供まで同じ会社がやっているので、他のお店よりもずっとお得な価格でジビエが食べられます。

f:id:gk-murai33-gk:20211214080953j:plain

 

猪のチャーシューだったっけな。

なかなか食べられませんよね~

美味しい。

f:id:gk-murai33-gk:20211214081055j:plain

 

毎度お馴染み、鹿のタタキ。

明日のことを気にせずにんにくたっぷりで食べてほしい。

飲んでる時くらい明日のことは考えずにいきましょう!

とか言いつつ、気にするタイプです。

f:id:gk-murai33-gk:20211214081242j:plain

 

餃子

であります。

 

いやいや、ここはジビエのお店。

普通の餃子が出てくる可能性ってのは0%です。

というか、普通の餃子出てきたら暴れます。

 

これはタヌキ餃子

であります。

 

初めて食べたけれど...

すこ~しクセがあるかな。

敏感な人は苦手かも。

僕は、大好きでした。

f:id:gk-murai33-gk:20211214081454j:plain

 

ジビエを嗜んだ後は、お馴染みの半弓道場。

もはや説明不要。

見たままの娯楽施設。

 

とまるに泊まって、飛騨高山体験クーポン3,000円をもらうと、ここで使用することができます。

「飛騨」を体験するには、絶対ここで使うのがオススメ。

初心者は一回600円で二回目からは400円なので腕がパンパンになるまで打つことができます。

腕がパンパンになったら、サロンパスを貼りましょう。

 

さて、一茶のお時間です。

f:id:gk-murai33-gk:20211214082158j:plain

 

今日は湯づきうどんの気分。

しんごさんは鍋焼きうどん。

さては僕がこの前インスタにあげたからだな~

インスタグラマーですね。

 

タイトル通りまさに「飲んで打って飲んで」

 

 

とまるから呑み屋街(朝日町)は歩いても10分かからず。

その朝日町までもたくさん素敵なお店が多くて、ひょっとしたら

「飲んで飲んで飲んで打って飲んで飲んで潰れて朝がきて...」

みたいな感じになるでしょうね。

この時期外で朝を迎えるという事は、「死」を意味するのでお気を付けください。

 

飛騨で凍死しないためにも!

とまるに100円で泊まって、岐阜旅コイン2,000円もらって、体験クーポン3,000円もらって...

いただいた5,000円分を目いっぱい楽しんでください。

体験クーポンで利用できる施設はHPをご覧ください。

www.wakuwakutaiken-hidatakayama.jp

 

寒いけど、すごく楽しいです。

県民割万歳です。

今現在、貯めた岐阜旅コインが10,000円分あります!

 

1月のエンゲル係数が下がります。

ありがとう。