勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の伝統紹介~斐太高校、白線流し~

今日は洗濯日和、大使です。

 

 

今日から3月。

2月は28日までしかないから短く感じると言われましても、短く感じるものは感じるんです。

 

3月1日は高等学校卒業式。

大使にも卒業式はあったのです。

 

高山市内には高校がいくつかありますが、ここ斐太高校では

白線流しを行います。

 

白線流しとは?

毎年、卒業生たちが学帽の白線とセーラー服のスカーフを一本に結び、川に流す行事です。

斐太高校の前を流れる大八賀川で行われます。

昭和中頃に一旦中止されましたが、その後復活。

以降70年に渡り、行われています。

 

 

伝統ってこのことですね。

 

 

ドラマ化もされており、なんと主題歌はスピッツ空も飛べるはず

 

 

 

そんな伝統行事「白線流し」に行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20190301145650j:plain

 

合崎橋の上に密かにスタンバイ。

12時を回り生徒たちがぞくぞくと出てきます。

f:id:gk-murai33-gk:20190301150053j:plain

 

この通り、保護者さんや卒業生で橋の上は溢れかえります。

車で通りかかる人も「え?なに?」

って感じで通り過ぎます。

 

在校生の言葉や卒業生の言葉が終わり、白線流しが始まります。

f:id:gk-murai33-gk:20190301150249j:plain

 

卒業生が繋いだ、結んだソレが流されます。

在校生からエールが飛びます。

卒業生はそのエールに応えます。

 

 

 

 

なんなんだこの青春。

 

 

 

 

素晴らしい伝統が残ってるね。

その先も続けてほしい。

f:id:gk-murai33-gk:20190301150701j:plain

 

ソレは流れていきます。

その先に...

f:id:gk-murai33-gk:20190301150755j:plain

 

回収班。

冷たい水の中でお疲れ様です。

川を汚してはいけませんからね。

 

 

飛騨を代表する卒業式行事をこの目で見られて良かったです。

この先もどうか続いていきますように。

 

とにもかくにも、

 

 

皆さん、ご卒業おめでとうございます!!!