勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の出張~奇跡の土地・伊豆へ行ってきました。南国だ。~

海より山派、大使です。

 

 

それぞれ意見が割れますが、が、が、

大使は山派。

山って考えながらも歩けるし(木が何でこういう風に生えているのか等)景色のいいところへ行けば何も考えずにボーっとできる。

 

そんな山が大好きの、大使です。

 

 

 

本題に入る前にコチラ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926083724j:plain

 

沖縄の海。

ではありません。

伊豆です。

 

 

朝早くから行動しました。

そう!

久しぶりに新幹線に乗るため!

f:id:gk-murai33-gk:20180926083926j:plain

 

7時59分発ぷらっとこだまで静岡へ。

静岡からは鈍行で三島まで行きました。

 

そこで待ち合わせたのは

伊豆大好き人間、たくや。

f:id:gk-murai33-gk:20180926084143j:plain

 

真ん中のなぜかトウモロコシを持っている青年。

実は彼、今年の夏に高山へ遊びに来てくれていたんです。

そこで出会い、今回は僕が伊豆へ。

 

そんなたくやくんのブログがコチラ↓

takuya262.hatenablog.com

 

伊豆愛に満ちたブログもよろしくお願いします。

 

 

そして合流後最初の行先は、道の駅みたいな施設。

めちゃくちゃいいスタートダッシュやん。

f:id:gk-murai33-gk:20180926084448j:plain

 

伊豆・村の駅。

地のものが集まり人が集まる。

まさに現代の理想とされるものがここにはあった。

それにしてもすごい人!

f:id:gk-murai33-gk:20180926084715j:plain

 

個人的にご当地バーガーを出すのは最終系。

何も手札がない時に出すのがご当地バーガーだと思っていますが、

このバーガーいい感じでシャレが利いてるやん?

「This 伊豆 SHIITAKE バーガー」って。

これだけでインスタン映えです。

 

店内には色々な野菜や海産物、お土産屋惣菜が所狭しと並んでました。

 

さっそく勢いのある伊豆を見せつけられました。

www.muranoeki.com

 

お昼時です。

お腹が空いてきました。

少し車を走らせ、山中へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926085515j:plain

 

お店の駐車場からはこんな里山風景が。

天気はどんよりだけど落ち着く。空気がいい。

稲がみんな色づいたら綺麗なんだろうなー。

 

ランチは「やまびこ」さん。

なんでも自家自然有機栽培で育てた野菜を使って料理を出してくれます。

最初に出てきたのが

f:id:gk-murai33-gk:20180926085920j:plain

 

斬新!

野菜が美味しいからできるこの盛り合わせ。

 

注文したのは

f:id:gk-murai33-gk:20180926090028j:plain

 

香味蕎麦(1,300円)

これでもか!っていうくらい野菜が乗ってます。

到着後早々からこんなに野菜を食べられて幸せですね。

f:id:gk-murai33-gk:20180926090227j:plain

 

手書きの案内マップ。

現代は機械やパソコンに頼りっぱなしですが、やっぱり手書きが一番愛を感じますね。

ロケーション最高!名店です。

www.yamabiko-izu.com

 

続いて向かったのは

f:id:gk-murai33-gk:20180926090546j:plain

 

なんだかカッコイイ建物。そして横文字。

「BAIRD BREWERY SHUZENJI」

ビール工場です。

 

タップルームという試飲(有料)ができる場所へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926092803j:plain

 

こんなに種類が...

悩めるわー。

 

ビールはあんまり得意じゃないので店員さんに飲みやすいビールを選んでもらいました。これ↓

f:id:gk-murai33-gk:20180926092953j:plain

 

なんか飲みやすかった!

名前忘れた!

 

もともと沼津にあった工場を移設。

ホップから育てたいということになって現在の修善寺に移設したようです。

 

もっと全国で飲めたらいいね!

ベアードビールHP↓

https://bairdbeer.com/ja/

 

昼から一杯ひっかけて向かった先は

f:id:gk-murai33-gk:20180926093820j:plain

 

「つづら折り~浄蓮の滝~♪」

石川さゆりさん天城越えでお馴染みの浄蓮の滝へ行きます。

こんな人?がお出迎え

f:id:gk-murai33-gk:20180926094011j:plain

 

「滝推し」なのか「わさび推し」なのか。

ゆるキャラではないはず!

 

さあ、滝見るぞ!

f:id:gk-murai33-gk:20180926094136j:plain

 

途中ワサビ田が。

そう、天城周辺はわさび生産が盛んです!

 

浄蓮の滝

f:id:gk-murai33-gk:20180926094258j:plain

 

水量えぐい。

迫力がものすごいです。

柱状節理が綺麗に残っています。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094414j:plain

 

youtu.be

 

あなたと越えたい天城越え

 

浄蓮の滝を後にして、

道の駅天城越えへ。

ここではこんなものを食べます。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094738j:plain

 

わさびソフトクリーム。

驚愕でしょ?

本わさびがちょこんと乗った一品。

味は...想像にお任せいたします。

 

ソフトの後は観光大使たくやオススメの場所。

滑沢渓谷。

f:id:gk-murai33-gk:20180926094951j:plain

 

とにかくネイチャーな場所。

マイナスイオン浴びまくります。

f:id:gk-murai33-gk:20180926095031j:plain

 

たくや、この青を見て何を思う。

「滑沢ブルーって名付けちゃいましょうかね!」

 

よろしい!付けよう!

 

仁〇ブルーって言葉あるけど気にせず付けます!

 

人も少なく、車の音も聞こえずですごく神秘的な場所。落ち着く。

 

そしてついに、

天城越え!!!

 

の写真はないので、これで想像してください。

youtu.be

 

again

峠越えの定番曲。

この曲を聴きながら峠を越える人は少なくないはず。

たぶん過去100万人はいたはず。

そして

f:id:gk-murai33-gk:20180926095613j:plain

 

越えた先のループ橋。

あっけなく僕の天城越えは終わりましたが、充実。満足。

 

その後はいざ、下田へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926095832j:plain

 

情緒ある下田の町並み。

こんないい町並みで素敵なお洒落なお店が多いのに、

電柱が地中化されてない!!!

いいのか下田!!!笑

 

せめてこの通りだけでも...と感じた大使でした。

 

ついでに下田の町をブラブラ。

 

たくやくんがオススメするパン屋へ。

コレが有名。

f:id:gk-murai33-gk:20180926201603j:plain

 

「平井製菓」さんの

ハリスさんの牛乳あんパン。

 

これ、美味い。

日にちの関係(気温の関係も)でお土産買ってこれなかったけど、食べる価値あり!

お取り寄せできるそうです。

ぜひ食べてみて!

hiraiseika.shop-pro.jp

 

その後も下田の町を歩きましたが、素敵なお店が本当にたくさんある!(レトロ)

全部の店入りたかったけど夕飯は決めていたので今回はパス。

下田に通って調査する価値あります。

定食屋さんと中華が多め。

どの店も1,000円でおつりがくる名店ばかり。

次訪れたら絶対に2軒は入るぞ!笑

f:id:gk-murai33-gk:20180926203459j:plain

 

こんな感じの渋いお店が多いです。

渋い銭湯も。

f:id:gk-murai33-gk:20180926203558j:plain

 

たまらんなー。

魅力の尽きない町でした。

www.shimoda-city.info

 

下田を後にして南伊豆町へ。

やっと、やっとお宿に到着です。

今夜のお宿

f:id:gk-murai33-gk:20180926204046j:plain

 

「ゲストハウスりん」さん。

明るいオーナーが迎えてくれました。

とっても居心地のいい宿だったので1泊で帰るのがもったいなかったですが。

周辺のこともいろいろ教えてくれました。

guest-house-rinn.wixsite.com

 

伊豆に行かれる際は泊まってみてください〇

海まで近いです。

 

夜ご飯と温泉に出かけましょう。

クセの強いお店が大好きなので観光客が行かない地元中華へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926204515j:plain

 

「南京亭」

玄関先のバイクがいい味出してるでしょ?

行ったタイミングでまさかの宴会中。

座敷のない中華で宴会?って思いましたがすぐに入れました。

 

そして入店して衝撃の一言。

南「ご飯ものはなくなったよ。」

大「あ、はい。」

大「焼肉ラーメンで」

南「はい」

...

南「お待たせしました」

f:id:gk-murai33-gk:20180926204955j:plain

 

一色!!!笑

これは期待できる!

 

うん、うまいよ。

普通に味濃いし。

 

宴会やる理由が少しわかった夜でした。

 

お腹がふくれました。

さあ、温泉です。

 

お宿福家さんの温泉に行きたかったんですが、絶賛迷う。

 

彷徨っていたらなんとか到着。

いざ温泉!!!

f:id:gk-murai33-gk:20180926205240j:plain

 

え???

ちょっと。

クセが。

 

トロピカル温泉ってなんね。

さらにポリネシヤ風呂って。

 

少しの恐怖感と多くの期待感を持っていざスライドドアを。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205438j:plain

 

心得です。

料金が格安。300円。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205844j:plain

 

極めて謎。

 

中へ。

f:id:gk-murai33-gk:20180926205930j:plain

 

えーっと。

え?

 

木!!!

 

湯舟の上を優雅に飛んでいく龍のように木が!ある!笑

すごいな。

ちなみに温泉はめちゃくちゃいい。

地元民が高頻度で通うほどの温泉。

最高です。

 

ちなみに女性風呂はマンゴーの木が鎮座しているため年に2個くらい実がなるそう。

お客さんは罪悪感に苛まれ食べられないという。

 

1つだけある家族風呂には、

パッションフルーツ

もう何が何だかわからない。

 

男性風呂も特権があります。

詳しいことは直接聞いてください。笑

 

 

ここまでが1日目なんですが、大使ブログ史上初

「後半へ続く」

です。

 

次回をご期待ください!