勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.03.02~

サボテンの水のあげ時が分かりません、大使です。

 

 

先日久々に下呂温泉行ってきましたー。

f:id:gk-murai33-gk:20200226160937j:image

 

岐阜県の宝であります下呂温泉

日本三名泉と呼ばれており、独特のもっちり泉質から美肌の湯と呼ばれており、多くの人がこのお湯の虜になっております。

 

そして今、若者の旅の目的地になりつつ…

 

 

クアガーデンで露天風呂に入り、白鷺の湯でゆったり湯に浸かる。

f:id:gk-murai33-gk:20200226161137j:image

 

最高であります。

 

アルカリ性のお湯は肌の角質を溶かし、スベスベになりましたが、大使の肌に下呂温泉、合わず。笑

痒くなります…笑

f:id:gk-murai33-gk:20200226161710j:image

 

下呂っぽい。
f:id:gk-murai33-gk:20200226161703j:image

 

温泉街っぽい。
f:id:gk-murai33-gk:20200226161715j:image

 

隠しきれない温泉街感。

 

理想的な雰囲気です。

来る人をまず、ちゃんと雰囲気で楽しませる。

「ようこそ下呂温泉へ」

などのウェルカム感が嬉しい。

 

温泉受付のおじちゃんも、

「遠いとこからよく来てくださいましたー」と。

その一言が観光客は嬉しいのかもね。

 

「すんません、高山から来ました」って言うと、中日ドラゴンズ根尾くんの話題で盛り上がりました。

f:id:gk-murai33-gk:20200226162102j:image

 

昔も今もある意味宿場町。
f:id:gk-murai33-gk:20200226162105j:image

 

目抜き通りの一角には手湯。

多くの人が手をつけてました。

f:id:gk-murai33-gk:20200226162058j:image

 

お土産屋さんもさるぼぼの主張は強め。

温泉街っぽい演出ですね。

見ていて楽しい。

 

 

そして、なにより、若者が集まる理由。

f:id:gk-murai33-gk:20200226162304j:image

 

こんな店や、
f:id:gk-murai33-gk:20200226162301j:image

 

こんな店が増えている。

要はインスタ映えのお店。

 

あとはメディアの露出でしょうか。

 

 

岐阜県屈指の観光地飛騨高山に足らないモノ。

 

 

若者であります。

下呂温泉、圧倒的に若者が多い。

僕が行った日なんかは7割くらい若者でした。

 

これすごくないですか?

若者って経済的な問題であんまりお金は落とさないんですけど、発信力、最強。

予算が10万ある60代よりも、フォロワー1,000人の大学生の方が圧倒的に影響力はある。

 

今のご時世、発信力に勝るものないですから。

大使も岐阜県の経済動かせるくらいの発信していきたいです!

 

 

下呂温泉から飛騨高山は約40km時間にして1時間。

この40kmが遠いのか、近いのか。

それとも、

まだまだ飛騨高山の魅力が伝わってないのか。

いやいや、

みーんな下呂で満足するんです。

 

完全に今下呂温泉が狙っているターゲットは20代までだと思います。

 

 

思い返せば、免許取立ての初ドライブは下呂温泉郡上八幡

友達と楽しむなら、

下呂温泉一択か。

 

 

ますます面白くなる下呂温泉から目が離せません。