勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~花の名は。~

居酒屋の新規開拓に成功した、大使です。

 

 

何となく”ふと”感じたことを書きます。

面白いか面白くないかは見る人次第。

 

大使は自然界のことに詳しくありません。

木の種類、鳥の種類、動物の種類、そして花の種類。

先日出勤途中に何とも色鮮やかな花を見つけました。

f:id:gk-murai33-gk:20190708184705j:plain

 

花の名は。

なんでしょう。

全然分からないし、調べようもない。

こんなに綺麗だから誰かに注目されながらも、意外と猛毒を持っているのかもー。とか沢山妄想しては、終わる。

 

たくさん植物が群生している中で見つけたこの花。

ひょっとしたら、毎年咲いているのだけれど僕が気が付かなかっただけなのかも。

ごめんよ。

 

桜は毎年花をつけると大勢の人たちが集まってくる。

確かにあのピンクは人を引き寄せる魔法があると思うんだ。

桜の木の下でレジャーシートを広げ、弁当を食べ、酒を呑む。

桜は本当に多くの人を呼び、人々が飽きないうちに散る。

 

桜のような生き方ができれば、素敵なんだろう。

長く生きすぎることもない。

 

 

たまたま見つけたこの花、結局名前は何だろう。

 

 

 

「たまたま」「偶然」というカテゴリで分けると、「人との出会い」もなかなか素敵だと思う。

 

皆さんはどう思うだろう。

・中学校で知り合って今まで何となくな関係を続ける人と人。

・2年前偶然福岡県朝倉市災害ボランティアで出会った旅人と僕。

 

どちらに運命を感じるだろう。

 

僕は今その旅人を待ちながらスタバでチャイティーラテを飲んでいる。

 

後者を遡っていくと色々な奇跡が見えてくる。というか全て奇跡だ。

 

1大使災害ボランティアに参加、大宰府の宿に泊まる。

2その日、旅人がヒッチハイクで宿に来る。クレイジーだ。

3無一文の旅中、路上ライブで稼いだ”カネ”を寄付しに来る。クレイジーだ。

4明日のボランティアに誘ってみる、行くってさ。

5共に汗を流し、共に悲しみに浸る。

6ただ僕たちの志は一緒。

 

7今、スタバで再開を待っている。

 

偶然なのか、必然なのか。

どちらにせよ、存在すら知らなかった2人が別々に行動し、別々に動き、一緒の宿で出会う。

んー、やっぱり偶然?いや、必然か?

 

答えなんて導けるはずじゃないのに答えを探しちゃう。

だいたい、縁起が悪いけど、災害が起きていなければ僕たちは出会うことはなかった。

神様、なんて皮肉なの。

 

誰かの「死の裏」にこういう出会いがたくさんある。そう、僕たちだけじゃない。

 

考え出すとキリがないけど僕たちは少なくとも誰かの犠牲(死)の上に成り立つ友情。

聞こえは悪いけど、本当なんだ。

 

だから僕たちはどれだけ年をとっても、どれだけヨボヨボになっても「トモダチ」。

日々生きていることに感謝して、この出会いにも感謝をする。

彼が困ったら問答無用で助けに行く。

僕が困ったら問答無用で助けに来てよな。

 

 

色々出会いの形はあるけれど、「簡単で単純な出会いじゃない」出会いもあるということを覚えておかなきゃだ。

 

 

そうそう、僕たちの出会いに名前を付けるとしたら、どんな名前がいいかな。

 

「出会いの名は。」