勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のブラタクヤ~ブラ”タクヤ”と”タイシ”~

スタバって結局暇人の集まる場所、大使です。

 

 

今、東海圏は盛り上がりを見せています。

いや、見せようともしています。

 

全てはこの男が動いているからかもしれない。

f:id:gk-murai33-gk:20190626133829j:plain

 

やまだたくや(通称:ヤマタク

北海道出身の彼は大使と同い年。

話すと長くなるので割愛しますが、名古屋在住です。

 

この人、とにかく忙しい人なんです。

そんなヤマタクが大使のために歯医者をキャンセルして、

「ブラタクヤしてくれたので、あります。

 

まさに、

「ブラタクヤ」×「ブラタイシ」

世界が夢見たコラボレーション。

実現不可能?と言われたコラボでもあります。(話を盛る癖があります。)

ブラタモリ世界の車窓からがコラボするようなもんです。

f:id:gk-murai33-gk:20190626134330j:plain

 

とても前置きが長くなりました。

ブラタクヤは前日から始まりました。

 

写真を一切撮ってないんですが、ディープなガード下のお店に連れてってくれました。

ゆーこりんは途中参加。

相変わらずの「ゆーこりんworld全開」で疲れが癒しに変わりました。

 

なにげにヤマタクと呑むのは初。

約一年以上ぶりの再会でした。

最高に嬉しい。

 

ヤマタク邸におじゃまして、次の日は朝から行動!

f:id:gk-murai33-gk:20190626134721j:plain

 

ココはどーこだ!

そう、円頓寺商店街であります。

f:id:gk-murai33-gk:20190626134804j:plain

 

江戸時代、堀川は交通の要所。

名古屋城のお堀から港までを結んでいる川ですが、当時は物資を運ぶ重要な河川でした。

堀川を渡り、左へ曲がると。

f:id:gk-murai33-gk:20190626135108j:plain

 

四間道であります。

皆さん四間道って読めますか?

道幅四間(約7m)の蔵が立ち並ぶ風情ある道。

 

江戸時代だとなかなか広い道幅だったんですかね。

大きな道+蔵が立ち並ぶ。

これはだいたい防火道路です。

 

隣の町へ火が移らないように燃えにくい蔵を配置したんですね。

 

役割はまだあって、堀川を上ってきた物資たちをピックアップして蔵に入れた。

川沿いにこの四間道はあります。

 

 

さて四間道なんて読むか分かりましたか?

正解は、

 

「しけみち」

 

であります。

 

 

想像よりも町並みが残っている区間が狭かった。

あとは電柱の地中化かな。

ここだけでもしてほしいね。

f:id:gk-murai33-gk:20190626135706j:plain

 

なにやらオシャレな空間へヤマタクが連れてってくれます。

f:id:gk-murai33-gk:20190626135821j:plain

 

来ちゃいました。よろしくどうぞ。

 

最近オープンしましたニューポピー。

f:id:gk-murai33-gk:20190626135926j:plain

 

吹き抜けのセンスが良く、かっこいい焙煎機が遠くに望めます。

蔵を改装したような店内。

飛騨にいると暖房効率とか真っ先に考えてしまいますが、ここは効率的な店の造りをしていました。

空間づくりが秀逸。

f:id:gk-murai33-gk:20190626140324j:plain

 

 

そしてモーニング。

トーストが美味しかった。

 

ブレンドコーヒーも苦みがメインなのと酸味が少しあるのと選べるところも高評価。

f:id:gk-murai33-gk:20190626140301j:plain

 

円頓寺周辺は、時間が昭和で止まってる地域もあります。

超高層ビルを背景に昭和レトロ。

いいですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190626140527j:plain

 

めちゃくちゃな感じも最高。

f:id:gk-murai33-gk:20190626140604j:plain

 

今盛り上がりを見せている円頓寺商店街

イベントも多数行っているので、要チェック。

 

岐阜の柳ケ瀬商店街をはじめ、商店街の復興は地域活性に欠かせないコンテンツ。

イオンなどのショッピングセンターができればいいってもんじゃないんです。

 

地元の商店街は地元民で支え合って残していく。

 

 

日本の商店街復興大にでもなろうかな。