勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~いつまでも残したい景色~

好きな番組は国会中継、大使です。

 

 

どこかへ行ったとき、真っ直ぐ家に帰るのはもったいない。

たまには寄り道をして帰りたいものです。

 

信号がない道をいつもなら30㎞、どこも経由せずに行き来をしますが、今回は気になっていた場所へ足を延ばしました。

 

 

場所は秘密。

なぜなら村人の普通の生活があるから。

行った人間だけが味わえるスケール感。

そして空気感。

 

ソコには素敵な神社もありました。

ご神木は社殿右側の大きなヒノキ

f:id:gk-murai33-gk:20190305192117j:plain

 

幹回りは2.4m。

見上げればまるで千手観音。

 

社殿左には

f:id:gk-murai33-gk:20190305192419j:plain

 

大きな栃の木。こちらもご神木のよう。

大きさがピンと来ていないと思います。

樹齢何年かが書いてなかったのでそこは知りたいです。

 

横に立ってみました。

f:id:gk-murai33-gk:20190305192609j:plain

 

でか!!!!!

僕の身長が175㎝なので直径は2mを超えると思います。

 

そのほか周りを見てみても立派なヒノキがたくさん自生。

森の手入れもしっかりされており、森を守っているのが見て分かります。

 

こういうことってすごく大事。

森が生きてました。

 

 

社殿を正面に見て、後ろを振り返ると...

f:id:gk-murai33-gk:20190305193353j:plain

 

オーマイガー

ここの神様は毎日この景色を、乗鞍を見ているのか。

ここに立っているだけでパワーをいただけます。ホンマに。

人もおらず、パワーだけを感じる。

 

 

さらに乗鞍をドンと見れる場所を探します。

f:id:gk-murai33-gk:20190305193938j:plain

 

何気ない日常を彩る乗鞍。

意図しているのか、この集落からは乗鞍しか見えない。

もはや電線ですら絵になる。

 

 

集落は国道からも離れており、少し高台。

人の気配はなく、聞こえるのは...

 

 

何の音もしない。

 

 

天国のような場所です。

 

 

 

さらに散歩を続けます。

 

 

すると。

f:id:gk-murai33-gk:20190305194727j:plain

 

なにこれ。

 

「わたしはこの場所に乗鞍だけを楽しむカフェを作りたい。」

と思った。

その他は何もいらない。

 

 

たぶんこんなに近くに乗鞍をフルで楽しめる、見れる場所って日本でここだけ。※

 

 

ずっと見てたい。

そんな景色。

f:id:gk-murai33-gk:20190305194951j:plain

 

アップで。

迫力がハンパない。

 

ここでしか見られない、感じれない、味わえない。

画面上では感じられない迫力があるのは山。

 

いつも見ている乗鞍も、今日だけはいつもよりカッコよく見えた。

 

 

 

集落散策を続けると、

究極田舎風景が。

f:id:gk-murai33-gk:20190305195335j:plain

 

king of 田舎。

 

 

 

この景色をずっと守りたい。

守らなければならない。

 

まだまだこんな景色が岐阜県には残っている。

 

後世にこの景色は伝えなければならない。

 

 

そんな思いにさせる景色がココにはありました。

 

※大使調べ(乗鞍全体を楽しめる)