勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の出張~いざ、日光へpart3~

友達の結婚式二次会に行ってきた、大使です

 

 

日光ブログもpart3です。

絢爛豪華な門の先にあったのは、

f:id:gk-murai33-gk:20190901082606j:plain

 

工事中の本殿。

これだけの建造物だと、相当気を遣いますね。

金箔一枚でも剥がせないですら。

 

ここに入る前に、

f:id:gk-murai33-gk:20190901082735j:plain

 

眠りネコ。

意外と小さかった!

 

正面から見るとおとなしく寝ていますが、

少し角度を変えると...

 

続きは東照宮でお確かめください。

f:id:gk-murai33-gk:20190901082857j:plain

 

家康様の眠る場所へ続く階段には。

重荷を背負うんです。

何でもいいから。

f:id:gk-murai33-gk:20190901083021j:plain

 

家康様の眠る場所。

トンボも同じ方向を見ていたのでトンボにピントを合わせました。(謎)

f:id:gk-murai33-gk:20190901083129j:plain

 

階段からは昔からの風景が。

日光東照宮の敷地内で一番好きな場所かも。

なんかカッコよくないですか?

f:id:gk-murai33-gk:20190901083242j:plain

 

場所は変わって、また門!

本殿の中は撮影NGなのであります。

中も相当豪華です。

見に行ってみて下さい。

f:id:gk-murai33-gk:20190901083355j:plain

 

オランダから送られてきた灯篭には家紋が逆さに配置されたものが。

うっかりなのか、確信的なのか。

f:id:gk-murai33-gk:20190901083503j:plain

 

色々と謎と感動が眠っている日光東照宮

入場料1,300円を支払って入る価値はあると感じました。

 

好きな人にはたまらないね!

相当時間を費やすので時間には余裕を持って。

 

 

日光東照宮編は終了!

次回は華厳の滝

であります。