勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

初!奥飛騨温泉郷へ!

めんつゆの万能さに驚いています、大使です。

 

 

さてさて、広島災害支援シリーズが続いておりまして、居候ナオキの更新が滞っておりました。

再開させていただきまーす!

 

乗鞍へ行った次の日、またまた山へ登ろうとしていましたが、一緒に行く方が筋肉痛で山登りが中止に。

居候ナオキを奥飛騨温泉郷へ連れて行くことに。

 

日本屈指の最強温泉地・奥飛騨温泉郷は初です。

別府温泉、湯布院に次いで温泉の湧出量が多い温泉地。

 

そんな奥飛騨旅をお送りします。

f:id:gk-murai33-gk:20210831210117j:plain

 

温泉を巡るにあたり大事なのは水分。

水を汲みましたが、近くには管理人がおりました。

目が飛び出て~、作業着だし~

怖いよね~

しかし完成度の高い人形である。

f:id:gk-murai33-gk:20210831210354j:plain

 

北アルプス大橋からの景色は文句なし。

しっかりと岐阜県側の”壁”が見えました。

f:id:gk-murai33-gk:20210831210510j:plain

 

居候ナオキ、格好つける。の巻。

圧倒的大自然が背後に迫る。

こんな写真が撮れるのも奥飛騨ならでは。

f:id:gk-murai33-gk:20210831210703j:plain


橋の上から見た新穂高の湯は休業中。

もうこのまま営業しないかもね。

秋とか最高に綺麗なんだけどね。

営業しないんならしないでしょうがないけどね~

f:id:gk-murai33-gk:20210831210933j:plain

 

蒲田川の上流なので水の淀みはほぼゼロ。

絵には描けない色の水が真下を流れます。

f:id:gk-murai33-gk:20210831211123j:plain

 

毎度お馴染みの深山荘。

shinzansou.com

 

川沿いにある露天風呂は本当に開放感抜群。

 

三段に分かれている露天風呂。

一番下だけが混浴なんだけれど、ルールを守らないおばさんがいる。

混浴は男性だけがルールを守らないとか常識がないとか言われるけど、女性も女性だぜ。

ルールは守りましょう。お互いが気持ちよく。

f:id:gk-murai33-gk:20210831211448j:plain

 

タオルをぐるぐる回しながら橋を渡るナオキ。

初混浴だったみたい。

 

そう言えば僕が車を停めた隣の車が友人である牛さんの車でした。

山を登っていたみたいで、すごい偶然。

さすが飛騨。

こんな偶然もあるんですね。

f:id:gk-murai33-gk:20210831211720j:plain

 

奥飛騨からの帰り道、お馴染みのココモックさん。

バナナジュースと黒糖の台湾カステラ。

乾ききった体にバナナジュースが染み渡ります。

バナナジュースって甘くておいしいよね~

時々無性に飲みたくなります。

cocomockcafehouse.wixsite.com

 

 

居候ナオキには奥飛騨温泉も堪能してもらいました。

大自然の中で入る混浴。

きっとこの先も混浴を探し続けて旅をするんでしょう。

 

そんなに混浴はないですからね笑

でも見つけたらぜひ入ってほしい。

必ずお湯に自信のある場所しか混浴はしてませんから。

 

 

この後も居候ナオキの高山ライフ続きます...