勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の出張~静岡県焼津市へ。そこには何が。第2章~

ところてんが食べたくなった、大使です。

 

 

第2章です。

大崩海岸を後にして向かった先は静岡市

焼津を出てでも行きたい場所へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190711222612j:plain

 

久能山東照宮

であります。

 

そもそも聞いたことないですよね?

何がそんなに行きたい場所なのか。

 

知らない人、驚いてください。

この久能山東照宮に...

 

徳川家康の遺骨が眠っています。」

 

え?????

 

日光東照宮じゃないの?

そんな質問が飛び交っているかと思いますが。

実は日光東照宮には骨はないらしく、毛髪や遺品、久能山の土などが埋めてあるそうです。

 

これは知らなんだ。(諸説あるかもだけど有力)

 

久能山東照宮は標高270mの崖の上に建っています。

ここまで上がるのが一苦労。

f:id:gk-murai33-gk:20190711222631j:plain

 

こんな感じに段差の小さい階段が1,159段。

馬でも登りやすいようにでしょうか。

とってもしんどいです。

f:id:gk-murai33-gk:20190711223511j:plain

 

楼門。

 

久能山東照宮は平成22年、国宝に指定されました。

どうですか。

このきらびやかさ。

 

中井大和守正清という大棟梁が1年7か月ほどで造り上げてしまったそう。

この人は棟梁にもかかわらず、大名級の権限が与えられていました。

 

中に入ると。

f:id:gk-murai33-gk:20190711223832j:plain

 

なんともきらびやかな。

f:id:gk-murai33-gk:20190711223941j:plain

 

さすが国宝。

まばゆいばかりの色使い。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224035j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711224102j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711224121j:plain

 

ついにご対面。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224212j:plain

 

徳川家康が眠る場所です。

このお墓は西を向いています。

ちゃんと意味があります。

直接聞いてください。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224355j:plain

 

一ノ門からは素敵な景色が。

贅沢ですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224409j:plain

 

石段も上から望むと美しい。

九十九折りとはこのこと。

 

ちなみに神社で働いてみえる方たちは、毎日この階段を登って下りるそうです。

雨の日も、風の日も。

大変すぎるやろ。

 

残業多いとかでくよくよしていた時代が恥ずかしくなります。

 

焼津市内に戻り。

ホットスポットへ。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224635j:plain

 

コワーキングスペースです。

いけてます。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224724j:plain

 

平和な風が抜ける商店街。

今日も焼津は平和です。

 

この日出会ったジュンヤとまさかの展開になります。

 

ぎんじと夜飯!

バイトしていた店へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190711224845j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711224918j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711224925j:plain

 

全てが美味しい店。

こんなお店は絶対になくしちゃいけない。

永遠に続いてほしい店。

 

食べてからは地元スーパー田子重へ。

魚コーナー、練り物コーナーの豊富さはさすがです。

f:id:gk-murai33-gk:20190711225114j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711225127j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711225142j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190711225141j:plain

 

これ全部魚、練り物コーナー。

岐阜県じゃありえないです。

 

 

そんな感じの2日目。

 

意外と楽しめてますよね。

 

3日目はまさかの人と、まさかの場所へ。

お楽しみに!