勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.04.11~

神木隆之介くん面白いですよね、大使です。

 

 

勝手に大好評PCで花見コーナー。

花見に出にくい今だからこそ、大使が桜を届けるコーナーです。

 

今年はですね、運が悪いことに桜の持ちがいいそうです。

こんな時に皮肉ですね。

コロちゃんなければ長い期間花見ができましたね。

まぁこればっかりはブイブイ言っても仕方ない。

 

 

 

昨日は水戸野枝垂れ桜をお伝えしました。

ライトアップは紅葉と一緒で美しいですね。

それが水に反射となると、美しさは5倍に。

紅葉の反射よりも桜の反射の方が好き、大使です。

季節の変わり目を感じます。

 

今日の記事は、

岐阜県下呂市にあります、

f:id:gk-murai33-gk:20200408162130j:plain

 

苗代桜(なわしろざくら)

であります。

 

こちらもライトアップしておりました。

関係者は、

「桜のライトアップがなくなっているが、この桜だけは見てほしかった」

と言っちゃえるほどの美しさ。

名前の由来は、

その昔、桜の開花を待って苗代(稲の苗を作る田)の準備を始めたことからこの名前が付いたそう。

2本の吉野桜からなります。

 

スーパームーンで空が明るい。

 

水戸野、苗代どちらの桜も里山にあり、静寂に包まれている。

f:id:gk-murai33-gk:20200408162724j:plain

 

聞こえるのはカエルの鳴き声とソーシャルディスタンスを意識した場所からのカメラのシャッター音。

なんとも神秘的な雰囲気の中、桜を眺められました。

 

 

夜桜、なんとも素敵な雰囲気でいいですね。

 

この先の桜はいよいよ、北飛騨地方です。