勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

コーヒーの価値観は押し付けない

ジャイアントパンダの一日の食費10,850円、大使です。

 

 

長野市滞在時、フラッと寄ったコーヒー屋でのお話。

ひとりで入ったのですが、隣の席に後から座ったのは男女。

アベックなのか、友達なのかは会話の中で解決できませんでしたが。

 

とりあえずこの男女の話は、

「コーヒーの話題」

であります。

 

大使の妄想では、女性の仕事は、

カフェかレストランの店員さんor店長。

 

ここ「平野珈琲」さんの焙煎豆を扱う扱わないとか話してた。

f:id:gk-murai33-gk:20200109170908j:plain

 

注文した種類の違うコーヒーが手元に届く。

 

ここから女性の攻撃が続く。

 

 

女「これとこれの違い分かるー?」

男「(ゴクリ)」

女「分かる?」

男「んー正直同じに感じるなー。」

女「えー!うそでしょー?」

女「こっちのほうが明らかにスッキリしてるよねー?」

男「そ、そうかな...」

女「苦みと酸味の違いは分かるよね?」

男「うん。」

 

 

恐ろしい女である。

 

そもそもコーヒーは嗜好品。

好き嫌いや得意苦手があって当然。

 

感じ方も人と同じになりにくいから嗜好品なわけであって。

 

自分の感覚を相手に押し付けるのが嗜好品ではない。

 

お酒も一緒で、日本酒の辛口・甘口なんて人によって違うからさ。

よく聞かれますが、

「僕・わたしが飲めそうな日本酒ある?」

「美味しい日本酒が飲みたい!」

など、これらもなかなかの無茶振りである。

 

もう一度言うけど、味覚の感じ方は人による。

 

オススメを聞かれた際、お酒・コーヒー・岐阜県に関してはしっかりとヒアリングをしようと思いました。