勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

熱海からやってきた飛騨4年目

ハイカラなマスクを買いました、大使です。

 

 

月曜日。

温暖の地・熱海から飛騨に通い始めて4年目のたかのぶさんが遊びに来てくれました。

この人が来るのは去年と一緒で秋。

生まれも育ちも温暖な静岡県なので寒いのが苦手だそうで、冬は毎回避けられます。

 

1泊目は富山県富山市。

いつもお世話になっておりますいるかホステル。

毎回変化のあるお宿で本当に面白い。

www.irukahostel.com

 

ぜひ行ってみて~

大使から聞いた~ってお伝えください~

 

富山市は風があったものの、比較的暖かかった。

 

次の日、ボロ車に乗せて飛騨へ。

約2時間のドライブです。

てか誰がボロ車や。

 

 

写真は撮ってませんが、壱之町珈琲でカレーライスを食した後高山へ。

 

たかのぶ寒い寒い言うのでユニクロへ。

モコモコのフリースを買ってました。

熱海ではこの時期絶対に必要ないですね。

 

今から飛騨へ遊びに来る方は参考にしてください。

寒暖差がありますのでどうぞ暖かい格好で。

f:id:gk-murai33-gk:20211027155439j:plain

 

いつものお店からのいつものお店で歓迎。

呑み始めて決まって話すのは、

「出会ってから7年か~。早いな。」

「きみはハタチだったもんな」

 

これからもいつだってこんな話をしていければいいなぁ。

 

 

次の日は奥飛騨温泉へ。

紅葉ですからね~いってきました。

 

しかし!

f:id:gk-murai33-gk:20211027155739j:plain

 

おも~い雲が立ちはだかり、標高の高い山は雲の中。

 

ここでやりますか。

ブラタモリでもお馴染み、「函館方式」を。

 

ということで、

どん!

f:id:gk-murai33-gk:20211021162537j:plain

 

快晴&紅葉ピーク。

こんな感じに目が痛いほどの紅葉と、圧倒的に立ちはだかる高すぎる壁。

 

”晴れていれば”こんな感じに見れますよ。

f:id:gk-murai33-gk:20211027160440j:plain

 

これだけ低い場所に雲があるなら新穂高ロープウェイの山頂からの景色は雲海か?と思ってライブカメラ見てみましたが、昼くらいの雲は分厚く、残念ながら雲の中でした。

曇ってても紅葉が綺麗だからいいか。

f:id:gk-murai33-gk:20211027160651j:plain

 

場所を変えても同じ。

定規で書いたように綺麗に一直線な雲。

 

ここでも函館方式をしてみると、

f:id:gk-murai33-gk:20211021163202j:plain

 

こんな感じでした。

たかのぶよ。

また来年来てくれ。

 

 

この後は体が冷えたので、温泉へ。

場所は中崎山荘。(過去の写真)

f:id:gk-murai33-gk:20210926141458j:plain

 

ここはとってもいいお湯なんです。

岐阜県の中でもトップクラスの泉質。

f:id:gk-murai33-gk:20210926141548j:plain

 

普段は900円の入湯料なんですが、26日(ふろのひ)だったので500円で入ることができました。

狙って行ってなかったので嬉しい出来事でした。

ぜひお近くへ行った際は、入ってくださいね。

 

 

硫化水素のにおいを体に纏い、お昼ご飯を食べに。

どこがあるかな~って車を走らせていると、素敵なお店に出会うことができました。

 

その記事はまた後日。

たかのぶ4度目の飛騨旅は、続きます。