勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の桜情報~ついに、開花。~

久々に手紙を書いた、大使です。

 

 

岐阜県美濃地方の桜はもうすでに紹介した通り、見頃は迎えて散っているところがほとんどです。

しかし岐阜県、南北に広く標高差も温度差も日本トップクラスの差です。

 

ということは、桜も咲く時期に時差があります。

 

飛騨高山の桜は、これからであります。

 

 

そして最近やっと、

f:id:gk-murai33-gk:20190418092827j:plain

 

開花。

であります。

昨年よりも2週間遅い開花。

冬が暖かかったので、早い開花かと思われましたが、なんとなんと、ここ10年では4番目に遅かったそう。

 

日曜日、月曜日にあった高山祭では桜との共演はなりませんでした。残念!

去年はバッチシ満開で共演できたんですけどね...

 

もう過去なんて関係ありません。

今年も桜が季節を忘れず咲いてくれました。

これに限ります。人間は桜を見ることによって季節を感じれるんです。

 

ありがとう。

 

飛騨護国神社お堀の桜は咲き始めって感じで、

f:id:gk-murai33-gk:20190418093608j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20190418093657j:plain

 

人々に注目されたがっている子たちが一生懸命「その時」を待っています。

僕たちはいつまでも待ちますよ。

 

飛騨高山イチの撮影スポット、中橋の桜はというと...

f:id:gk-murai33-gk:20190418093929j:plain

 

高山の標本木はまだまだこんな感じ。

今週末の満開は少し難しいかも。

でも間違いなく蕾は膨らみ、その時を待っています。

 

 

県内標高差、温度差のおかげで長期間桜が楽しめます。

西にある荘川桜はGWくらいかもしくは過ぎくらいの満開。

 

1か月間も桜前線が県内に滞在。

長期滞在もいいとこですね。

 

秋の紅葉も9月後半から乗鞍から始まり、12月1週目までかけて下りてきます。

四季を長期間かけて楽しめるのもこの県の魅力。

 

そう考えるとすべての自然現象がありがたいです。

もちろん季節を感じるということからいえば、花粉症も

 

4月5月6月前半までは過ごしやすい季節です。

お時間に余裕のある方はゆっくりしに岐阜県にお越しください。

 

新卒の人たちはそろそろ疲れが見えてくるころかと。

 

待ってまーす!