勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の出張~静岡県焼津市へ。そこには何が。第3章~

木って本当にいいですね、大使です。

 

 

第3章です。

シリーズ化楽しいです。

皆さん継続して見ていただけますでしょうか。

楽しんでいただけていますでしょうか。

 

第3章 = 3日目です。

 

この日は「なぜ」というのが常にあった1日。

僕はぎんじに会いに行ったのですが、

f:id:gk-murai33-gk:20190712143757j:plain

 

ぎんじじゃない人と登山しました。

しかも2人で笑

 

この日、ぎんじは仕事があったので僕は放し飼いされる予定でした。

しかーし、昨日のコワーキングスペースで写真にも写っています、ジュンヤと出会う。

もちろん知らない人でした。

 

ジュンヤも次の日空いている、僕も次の日空いている。

 

「そうだ、山、いこう」

 

であります。

 

いやー、こんな展開誰が予想したことでしょうか。

僕はしていませんでした。

 

 

振り返りましょう。

f:id:gk-murai33-gk:20190712144512j:plain

 

花に蝶。

平和な一日の幕開けです。

f:id:gk-murai33-gk:20190712144618j:plain

 

花沢地区。

古い町並みが少しだけ残っていますが、すごく山の中にあるんです。

昔の街道か、抜け道か。

 

山へ向かう登山客が多かったです。

f:id:gk-murai33-gk:20190712144846j:plain

 

山は荒れ放題。

ジュンヤは言いました。

「上でコーヒーでも淹れますか。」

 

控えめに言って、

最高じゃねーか。

 

しかし、

 

暑すぎてホットコーヒーどころじゃなかった。笑

ノリで行き過ぎたので格好も身軽。

飛騨ならクマに襲われてたな。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145127j:plain

 

登頂。

静岡市方面、伊豆半島方面を望む。

こんなに景色がいいのに富士山が見れない。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145244j:plain

 

焼津方面を望む。

海は広いですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145405j:plain

 

満観峰であります。

さわやかな笑顔であります。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145554j:plain

 

下りてきて上から花沢集落。

山の中ですね。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145700j:plain

 

ジュンヤおすすめのかどや。

憧れの海沿い食堂の煮付。

白米が進む進む。

本当に美味しかった。

このクオリティ、飛騨では食べれんな。

f:id:gk-murai33-gk:20190712145852j:plain

 

と思ったら飛騨の紙絵馬。

なにか繋がりがあるんでしょうか。

店名書いてほしい!

 

続いて訪れたのが、

f:id:gk-murai33-gk:20190712150012j:plain

 

「磯自慢酒造」

であります。

 

大好きな酒です。

好きすぎて本社まで来てしまいました。

f:id:gk-murai33-gk:20190712150157j:plain

 

こちら売店

営業しているのかしていないのか分からないオーラ。

しかし焼津、磯自慢酒造があるってうらやましいです。

f:id:gk-murai33-gk:20190712150425j:plain

 

整然と並ぶ磯自慢。

値札の貼ってあるお酒は全て用意ができるそう。

東海3県だと買える酒屋は1軒のみ。岐阜県海津市

 

圧倒的品ぞろえ。

さすが酒蔵、さすが焼津。

 

お客さんが使う金額も尋常じゃない。

2人続けて約4万円ほど払っていました。

酒屋で払う金額じゃない。

 

焼津の暇な人たちが集まる素敵なカフェに行った後は、(居心地が良くて2時間ほど滞在しました)

f:id:gk-murai33-gk:20190712150855j:plain

 

ディスカバリーパークへ。

暇人Aの焼津マダムが激推ししてくれました。

ジュンヤが何かにさらわれそうです。

ここ、何があるって、

f:id:gk-murai33-gk:20190712151046j:plain

 

であります。

遠くの雲は恐らく梅雨前線。

焼津の海はなぜか砂浜じゃなく、砂利。

波が寄せて返っていくとき、素敵な音がします。

文章力のある大使でも、この音は文章化できません。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151253j:plain

 

波にビビる僕。

本当に波が怖いです。苦手です。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151344j:plain

 

海が大好きな焼津キッズ。

危ないぞ。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151431j:plain

 

場所移って黒潮温泉。

なんと3日連続です。

本当にお世話になりました。

 

出てから近くの居酒屋へ。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151537j:plain

 

先に呑んでぎんじを待ちます。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151632j:plain

 

刺身。

本当に美味い。安い。美味い。

圧倒的にクオリティが違いますね。

本当に美味かった。

マグロのヘソも。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151748j:plain

 

ヘソとは心臓のこと。

どれもこれも美味しかったなー。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151842j:plain

 

ぎんじ到着。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151855j:plain

 

楽しそうな写真だ。

実際楽しかった。

f:id:gk-murai33-gk:20190712151904j:plain

 

はしゃぐ28才。

こんな日があってもいいじゃないか。

f:id:gk-murai33-gk:20190712152014j:plain

 

ジュンヤ1日本当にありがとう。

君のおかげで素敵な1日になりました。

 

明日は明日の風が吹く

 

ジュンヤがずっと言っていた言葉。

笑い飛ばしてたけど、ほんとその通りやよな。

 

一緒に山登って、飯食って、コーヒー飲んで、海見て、風呂入って、酒を呑む。

 

出会って24時間しか経ってない人との流れではない。笑

忙しいのに相手してくれて本当にありがとう。

 

この借りは高山で返します。

遊びにおいで。

 

 

といった3日目でした。

ホント、

人生何が起こるか

分からない。

 

これだから人生は面白い。

 

最終章へ。