勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

飛騨高山の魅力は飲み屋街にあり?

階段をもう少し静かに上がってください、大使です。

 

 

飛騨高山のイメージは何でしょうか。

古い町並み、飛騨山脈飛騨牛高山ラーメン、観光客...

とこんな感じでしょうか。

 

夜のイメージはありますでしょうか。

 

住民の中では、

夜の呑み屋街。

のイメージあります。

 

そう、ここ飛騨高山には全国に誇る呑み屋街が。

f:id:gk-murai33-gk:20191219123723j:plain

 

人おらんやないかい!

と言うツッコミはさて置いて。(撮影は平日午前1時過ぎ)

この界隈、通称朝日町。

老舗、名店がひしめく呑み屋街。

ここだけに呑み屋街があるわけではなく、町名を変えてこの先にもこの横の筋にも飲食店がズラリ。

この場所だけで新店舗から50年以上続けているお店も含め飲食店数は50店舗以上あるそう。

 

ちなみに人口1000人当たりの飲食店数は”岐阜県”全国ナンバーワン。

f:id:gk-murai33-gk:20191219124541j:plain

 

人口200万人弱の県ですが、岐阜駅前も飲食店がズラリ。

こんなに必要なのかと思うけども、週末ともなれば満席ばかり。

 

 

この朝日町、僕のたくさんの友達を魅了してきました。

「高山にこんな場所があったとは。」

「素敵な店が多いね。」

「朝日町の雰囲気が好き。」

こんなことを言われることが多い。

 

 

観光客のたくさんいるゾーン(昼)

地元民のたくさんいるゾーン(夜)

が明確に分かれているのもここの魅力ですね。

 

 

高山の魅力は、山、水、空気、呑み屋街。

 

であります。

もっとたくさんの人をこの夜の高山にお連れしたいですね。

 

お財布と楽しむ心だけを持って飛騨高山へお越しください。