勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

ふるさと=誰かの努力

こたつに入りながら冷えたビール最高だ、大使です。

 

 

「ふるさと」

漢字で書くと、

「故郷」

であります。

 

誰にでもありますよね「ふるさと」。

僕は岐阜県がふるさとだし、各務原という町はもっとふるさと。

ここ、飛騨高山は第二のふるさと。

 

みなさん第一のふるさと、第二のふるさとくらいまであるんでしょう。

二人を第二のふるさとへ連れてこれてよかった。

f:id:gk-murai33-gk:20201018213249j:plain

 

この写真iPhoneで撮ったんだぜ。

信じられないだろ。

 

温泉までの道、いつも何気なく通っていた道に食いついた二人。

なんだろ、すごく嬉しかったし、びっくりした。

正直岐阜県内どこにでもあるような景色だ。

 

美しいものを映し出す鏡は人それぞれ映り方が違う。

こういう感性は旅人からもらうことが多いな。ありがとう。

 

 

春は新緑の先に夕日が沈む。

夏は青々した緑の先に夕日が沈む。

秋は黄金色の先に夕日が沈む。

冬は白銀の先に夕日が沈む。

 

 

あたりまえの景色は当たり前にあるのではなく、誰かの努力の先に存在しているものが多い。

お金をかけて守り抜く行政、お金ではなく体を動かすことによって守り抜く人たち。

どちらが欠けても守れない景色はある。

 

 

何でも終わらせたり消すのは楽だ。

たった一言で終わらせられる。

しかし続けて守り抜くことはとてつもなく難しい。

友情も恋愛も家族も仕事も自然も何もかも。

 

 

新しいものは大事だ。

現状維持は衰退であるが、

自然に限っては、現状維持が一番大変。

 

 

僕のふるさとは現状維持していくものが大きすぎる。

だからこそ、この県は面白いしクセになる。