勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

「恵比寿」も「大黒」も。めでたい飛騨高山

最近の子の名前が本当に読めません、大使です。

 

 

大使の家の近くには僕の胃袋を支える名店がございます。

夜ご飯のイメージは少なくて、主に昼ごはん。

 

お昼ご飯作るのがめんどいとかあるじゃないですか。

でもインスタントの気分ではない。

でもインスタントは好きだ。

 

そんな気分の時に近くにあって良かったお店。

たぶん高山市民は大好きなお店じゃないかな。

f:id:gk-murai33-gk:20201123184050j:plain

 

大黒屋

であります。

 

高山の観光地古い町並みから少し離れた場所にお店を構え、穴場的なお店。

ですが、ぞくぞくと地元の濃い人たちが訪れる。

 

お店を構えて30年以上。

店内は歴史を感じることができるちょっとした昭和感。

 

 

僕はカレーうどん派。

意外とカレーうどんって食べれる機会がないので行くと必ず注文しちゃう。

 

食べてみるとこれが美味しすぎる。

スパイシーで僕の場合汗がたっぷり出てきますが、それでも食べたい。

 

うどんの量も割と多くて、お腹がいっぱいになる。

これは嬉しいね。

 

 

あとは、カレーうどん食べた時気になるのが、

「残ったカレーをどうするか。」

であります。

 

 

ご飯を頼む人もいるでしょうし、そのまま飲む人もいる。

 

 

大黒屋は、なんと、

蕎麦湯が出てくるんです。

 

 

普通蕎麦湯ってそばを食べた人に出すイメージですよね?

大黒屋はどの料理を食べても蕎麦湯が出てきます。

もちろんつゆがある料理を頼んだ場合ですが。

 

そしてもっと驚きが、蕎麦湯は別で作ってます。

蕎麦湯って蕎麦を茹でたお湯の場合がほとんど。

それは「蕎麦のゆで汁」とも言いますね。

 

大黒屋はどのお客さんにもゆで汁とは別で蕎麦湯を作っているので、ドロドロ。

 

 

その蕎麦湯とカレーを割ると...

おっと、よだれが出てくるぜ。

 

 

まさかのカレーうどんで味変ができるのです。

 

 

観光に来たら古い町並みでご飯を食べたいと思うのが普通でしょうけど、坂を上がった先のうどんやに行ってみて下さい。

女将が作るこだわりの蕎麦、うどん。

 

皆さんにも食べてほしいです~!