勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

まだまだ見られる満開の桜

鼻をすすりすぎて体調が悪い、大使です。

 

 

桜の季節は過ぎるのが早い。とは言いますが、まだまだ寒い場所の桜の満開は期待できます。

勝手に飛騨高山三大桜をつけるとしたら、「臥龍桜、荘川桜、西光寺枝垂れ桜」でしょうか。

 

臥龍桜は先日紹介させていただきました。

荘川桜の満開はまだ先。

 

そう、西光寺の枝垂れ桜が見頃です。

 

 

本日晴天の下、車を走らせ西光寺へ。

f:id:gk-murai33-gk:20210420150455j:plain

 

こじんまりとした西光寺。

しかし一つ一つの部分を見てみるとなかなか立派なお寺でした。

 

石柱も花崗岩を加工した一本で迫力があります。

 

この隣に西光寺の枝垂れ桜はあります。

f:id:gk-murai33-gk:20210420150645j:plain

 

この迫力よ。

ヒガンザクラの変種で、幹回り4.5m、樹高11m、樹齢は約800年以上と推定されていて、岐阜県内でも珍しい巨木。

岐阜県の天然記念物に指定されています。

 

ここまで樹齢を重ね、枝も弱ってくると、支えがなければ立っていられません。

雪もたくさん降るし積もるし。

もはや支柱も芸術ですね。

 

国の天然記念物に登録されている桜は新潟県と並んで5カ所と全国トップで多い。

この桜の迫力も樹齢も、国の天然記念物にされてもいいくらいだ。

 

ちなみに県別の文化財数は日本一。(939件)

県別の天然記念物の登録も日本一。(190件)

 

自然と歴史に溢れている岐阜県をよろしくどうぞ。

 

それにしても綺麗でしたね。

今の時期に満開でも例年よりもだいぶ早いんだそう。

f:id:gk-murai33-gk:20210420152047j:plain

 

このゴツゴツした幹。

さ、触りたい...

でも大先輩ですから触るのはおこがましい。

ゼロ距離まで近寄れますが、ここまでの巨樹だったら柵をしてもいいんですけどね。

f:id:gk-murai33-gk:20210420152442j:plain

 

桜の足元には水路が。

水路の脇には春の花が咲いております。

まだまだウキウキできる季節。

 

 

旅人よ!

日本一周者よ!

通常旅行者よ!(一泊二日とかの)

 

その土地その土地の季節を見よ。

古い町並みなんてのは季節を選ばない。

 

こういう桜などの季節的なものを見に行くべし!

その経験は忘れられないその土地のその季節の記憶になるはず。

f:id:gk-murai33-gk:20210420152928j:plain

 

バスで来てもいいのだ!

一日に二本!

最高じゃねーか!

 

バスで行っても良し、車で行っても良し、バイクで行っても良し。

その時にしか見られない景色をぜひ見て下さいよ!

 

 

たった今、西光寺の枝垂れ桜は満開を迎えました。

今週は見事な晴れ模様。

 

かっこいい大先輩の桜を見てください~〇

桜の正面にベンチも会ったり、公園として整備されていますので、ピクニックとかいいかもしれません。このご時世なのでオススメはできませんが。

 

でも絶対に気持ちいいよね笑

 

 

僕は桜の近くにある「みのり家」というカフェ&宿へランチへ行きました。

とても素敵な空間がそこにはありましたので、また明日記事にてお伝えできればなと思います。