勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

2021年もあと一か月に。

ドローンの操作をしてみたい、大使です。

 

 

欲しくはないけど、操作はしてみたい。

だいだい僕はそんな感じ。

そして、途中で飽きて、一瞬のブーム終了。

 

壊れても修理できないし、修理に出すのもめんどくさい。

 

 

もう何にも向いてないですね笑

 

 

さぁ。

2021年、終わりますよ~

ここ最近めちゃくちゃ働いていて、忙しい。

忙しく演出しているだけですが。

 

ここまで忙しく働き、休日もほぼなく、出かけられなくなるとブログのネタが枯渇しそうになります。

別にないならないでいいんですが、僕が唯一生きていることを証明するものだと思っているので、可能な限り続けたいんです。

それが意外とストレスにはなってない。

 

どこにも行けないっていうもどかしさは、行きつけのお店が寂しさを埋めてくれます。

これこそ、飛騨に住んで良かったなって思う。

 

11月にふと撮った写真が意外と好き。

f:id:gk-murai33-gk:20211123083403j:plain

 

何気なかった景色。

それが、なんか胸に響いた。

 

この道を進めば、綺麗な月や紅葉に飛び込めそう。

しかし、目の前の信号は、「赤」です。

 

目先の綺麗に見えた物に飛び込みたくなる気持ちなんですが、それはよく考えた方がいい。な~んて言われている写真な気がします。

 

そこまで考える時点でだいぶ病んでいるのかも?笑

大丈夫、僕は極めて元気です。

 

 

一年で一番綺麗な季節がサッと通り過ぎました。

早いのよ。過ぎるのが。

 

好きな季節は人それぞれ違います。

僕は、秋が好き。

 

皆さんはどの季節が好きでしょうか。

今度好きな季節に着いてお話ししましょう。

 

 

呑みの帰りに寄ったお寺さん。

f:id:gk-murai33-gk:20211123084234j:plain

 

真夜中にジッと見ていた。

こんなにジッと見たことがなかたけれど、すごくかっこいい唐門だ。

 

日中は修学旅行生を大量に乗せたバスが発着するターミナルに変身します。

バスから下りてくる学生は、この唐門を見て何を思うか。

 

颯爽と通り過ぎてしまうんでしょうけど、当時の僕でもそうすると思う。

 

 

今見ている「良いな」と思うものって、年を重ねてから良いなって思うものが多い気がします。

この唐門もそう。

 

昔は良いなと思わなかったものが、今では真夜中に見ても、しみじみ良いなと思う。

 

 

行きつけのお店ができたことも、真夜中の唐門を見て感動しているのも、大人になったからなのでしょうか。

 

 

 

何が伝えたい記事かは分かりませんが笑

今まで何も感じなかったことに「ありがたみ」を感じることができた一年。2021年。

 

不自由な年だったけれど、一枚一枚写真を見てみると、素敵な一年だった。

 

 

また12月後半に今年を振り返れたらいいな。

あと一か月!

皆さん、やり残したことないようにね!