勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

1,900円以上の価値

未来を希望にするか絶望にするかは僕たち次第、大使です。

 

 

自粛中、アマゾンプライムにおんぶにだっこです。

お世話になっております。

 

映画館へ行けない今、家での映画鑑賞が皆さん多くなると思いますが、ずっと観に行きたかった作品が今、PCの画面上で見れます。

f:id:gk-murai33-gk:20200501151404j:plain

 

Fukushima50

であります。

 

公開されている映画をPC画面上で観れるのでもちろんお金はかかります。

値段は1本1,900円です。

 

高山には映画館がありませんので、富山県の映画館まで行って観ると考えると、割安。

であります。

 

 

率直な感想は、

「あー、こんな感じになってたんだ...」

であります。

 

ショックでありました。

 

本店と現場の食い違い。

リアルに描かれていて見入ってしまった。

 

 

F1(福島第一原発)ができてから40年なんの事件事故もなく、自然を制圧したかのように思っていた。油断していた。

的な表現がありました。

 

何としてもF1を守る、地元を守る、福島を守るという気迫も感じた。

仕事の先にあるのはいつだってやっぱり地元愛なんだ。

 

 

10mを超える津波

 

誰もそんな壁が迫ってくるとは思ってなかった。

それは福島の人も、東北の人も、もちろん僕も。

 

 

2011年、9年前に地上波の画面上で観たリアルな映像の裏に、こんなやりとりがあったのかと思うと、当時尽力してくれた人たちに対して頭が下がります。

本当にありがとうございます。

 

 

このことは後世に伝える必要もあるし、実際に福島へ行きたいなと思った。

この目で、もう一度、東北を見たい。

 

 

価値ある1,900円でした。

映画の出来とかをワイワイガヤガヤ言う人いるけども、この映画は素直に観るべき。

「こんなことがやりとりされていたんだ」

ということを素直に観てほしい。

 

そして、リアルに9年前にあった出来事なんだというのを改めて感じてほしいです。

 

 

ぜひ、日本人なら観ていただきたい映画でした。

 

渡辺謙佐藤浩市がかっこよすぎた