勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使の移住日記~絶賛、田舎LIFEを満喫しております。~

Googleなどからの検索数が上がってきてとっても嬉しい、大使です。

 

 

ご存知の方が多いと思いますがこのブログと僕のFacebookが連動しています。

そこからのアクセスが減ってその他からのアクセス数増えております。

 

誠にありがとうございます!

生活している場所の関係で、飛騨の内容が多くなるとは思いますが、これからも末永く勝手に岐阜県観光大使をよろしくお願いします。

(読者登録とかしてくれると嬉しいなー笑)

 

 

さて、それに関連した内容。

移住前と移住後で生活に変化があったのか。問題。

 

先日飛騨にあるとあるカレー屋さん(Cafe)に行きました。

こんなところにカレー屋さん?ってとこにあるお店。(名前はあえて伏せますね。)

 

そこがとってもいい場所だったので。

f:id:gk-murai33-gk:20181116175238j:plain

 

少し高台にお店を構えてみえます。

心地よい風が通り抜けます。

店内は4人だとキツキツ。小さなお店です。

f:id:gk-murai33-gk:20181116175413j:plain

 

窓際の席からは何とも平和な空気が。

f:id:gk-murai33-gk:20181116175350j:plain

 

カレーはもちろんおいしゅうございました。

スパイスにも野菜にもこだわった一品。

 

「ごちそうさま」をした後に外へ。

 

外におじさんが一人。

「奥にツリーハウスがあるもんで、見てきていいよ」

 

???

 

ツリーハウス???

子供心がまだ残っている人ならグッとくるワード。

f:id:gk-murai33-gk:20181117130804j:plain

 

ツリーハウスへ向かう道中。

こんなに素敵な景色が。

芸術的な里山風景。

そこに人工的な音は一切なく、風が通り抜ける音と、木々がこすれ合う音だけ。

f:id:gk-murai33-gk:20181117132600j:plain

 

目の前に現れたツリーハウス。

京都からの旅人はブランコでゆらゆら。

栗の木に造られたハウス。

 

夏とか最高の居心地だろうな。(虫もいそう)

この時期は少し寒め。

しかし子供心をくすぐられる。

f:id:gk-murai33-gk:20181117133740j:plain

 

ツリーハウスからの景色。

自然最高。

本当に自然に囲まれた生活です。

 

 

田舎に移住して感じたことですが、

・生活時間のゆとり確保

・町全体が家族

・お金では買えないもの

 

生活時間の確保に関してですが、仕事へ行くのに公共交通機関を使わなくなりました。

電車やバスに時間を取られるのって1日で結構の割合だと思う。

それがなくなっただけでもかなり生活に余裕が持てます。

電車で都会へ働きに出ていた時代とどうしても比べてしまいます。

「この電車に乗り遅れたら乗換に電車に乗れない!」→電車のために走る

「乗り遅れたら会社に遅刻する」→電車、バスのために走る

 

なんのために急ぐのか。

 

仕事?友達との約束?

いやいや、電車なんです。

 

過去にそんな光景を目の当たりにし(自分もそうだったのかも)、なんだかこんな生活はいやだなあ。と心の中で思ってしまった。のかも。

いつしか田舎(公共交通機関がなくても生活できる環境)に憧れを持つ。

実際今では電車等なくても生活ができてしまうんです。

 

 

町全体が家族に関して。

高山市という土地柄、人口のほとんどが中心地に集中しています。

そのため毎日誰か知り合いに会う。

それをイイって思う人もいれば、どこで誰に見られているか分からないからなー。って思う人もいると思う。

でもそれはそれとして、何か困ったとき誰かにすぐ助けてもらえそうな町。

子育てに関しては親だけではなく、近所の人までもが家族のような感じで子育てに協力してくれそう。

あくまでも予想ですが。

都会での子育てよりもいくらかは田舎のほうが裕福かも。

 

 

お金では買えないもの。

そうです自然です。

自然と言ってもひとつではなく、

水、空気、森林...

全てお金では買えない。

「いい水なんてコンビニで...」

なんて思う人もいるでしょうが、田舎では蛇口から天然水が出てきます。

買う必要がない。

 

田舎に住んでいれば色々な環境に敏感になります。

そんなお金では買えないものが揃っている場所で生活できていることに感謝。

もう忙しい都会の生活には戻れません。

いいんです。

季節を感じ、明確な四季を体験、旬を食す。

 

こんな生活に憧れていました。

 

田舎のスローライフ

でもスローライフって大変なんですよ。

冬の支度を代表にかなり色々することがあります。

農家さんなんて大変です。

でも、そんな大変さがあったとしても、田舎での生活には価値がある。

 

 

ふと平和な里山風景を見ていて感じました。

とても幸せなことです。

明日は名古屋へ。

何を思い何を感じるのか。

 

ぼちぼちと田舎ライフを過ごしていきます。

よろしくどうぞ!

岐阜県観光大使の勝手に満足~お米が大好きすぎて...~

今週日曜日地元に帰るために初めて濃飛バスを利用します。

ドキドキします、大使です。

 

 

飛騨地方の公共交通機関の王様と言えば濃飛バスです。

もちろん美”濃””飛”騨で濃飛です。

高山にいると毎日必ず目にする緑と白のバス。

 

それについに乗ります。

今から楽しみですねー!

 

 

さて、無類の米好きの大使ですが、飛騨って米が本当に美味しくて僕にはピッタリの町。

今までは有名な農園のお米を炊いていましたが、ちょうど米がきれましたので新しいお米を調達。

 

飛騨牛の生産で有名な「がもう畜産」さん。

https://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/chikusan/chikusan-shinko/11437/hida-city.data/gamou-chikusan.pdf

(見れるかな?)

 

そのがもう畜産さんが育てたお米が産直市場に売っていました。

買うしかないっしょ!

ということで購入。

f:id:gk-murai33-gk:20181116171951j:plain

 

これやさ。

新米、はさ干し、飛騨牛の堆肥。

贅沢。

これこそ飛騨じゃないと買えないぜ!

ちなみに「はさ干し」とは...

f:id:gk-murai33-gk:20181116172332j:plain

 

田舎道で見たことないですかね?

 

この効果についてはコチラを参照にしてください。

http://www.komenet.jp/faq/sc51.pdf

 

ようは、コンバインで刈った稲よりも省エネで追熟も期待できるってことですね。

 

お米を食べるのが楽しみでーす!!!

岐阜県観光大使の観光情報~今週末は岐阜基地航空祭!~

富山と高山の気温差に驚きました、大使です。

 

 

夜、富山11℃

夜、高山5℃

 

約500mの標高差がありますから単純計算でも5℃は違いますね。

とっても快適な富山でした。

 

 

さて、今週18日は

岐阜基地航空祭

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173631p:plain

 

毎年恒例ではありますが、毎年感じるのは...

「あれ?もう1年たった?」

航空祭終わったらもうすぐ年末じゃん」

 

早いですよねー。

 

 

日本で一番歴史のある飛行場で繰り広げられる航空祭

毎年多くのファンが集まります。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173701j:plain

 

そして去年に引き続き

ブルーインパルスも飛来します。

f:id:gk-murai33-gk:20181112173716j:plain

 

もともと岐阜基地には在籍していないため、飛来する年もあればしない年もあったりしました。

ブルーインパルスが飛来するとしないとでは何万人と人出が違うと言われています。

 

去年は天候のせいでアクロバットな曲芸飛行ができなかったのですが、今年は天気はいいのでしょうか。

天気予報から目が離せませんね!

f:id:gk-murai33-gk:20181112174002j:plain

 

多くの人が訪れます。

公共交通機関も混みあう、道路も混みあう、駐車場も混みあう、基地内なんて大混雑であります。

なるべく公共交通機関を利用して航空祭へ出かけましょう!

 

僕は地元民らしく地元民が集まる場所で観ようかなー!

 

来岐阜お待ちしております!

岐阜基地 | [JASDF] 航空自衛隊

岐阜県観光大使のつれづれ~林本店、百十郎~

今前は立冬でしたね。

ふ、冬がやってきました。

頑張って乗り切ります、大使です。

 

 

岐阜県各務原市に蔵があります、林本店さん。

何を隠そう日本酒の蔵です。

 

先日発売された代表銘柄の百十郎新作がカッコよすぎる。

f:id:gk-murai33-gk:20181107173613j:plain

 

※百十郎 冬のオリオン 大辛口生原酒1,800ml

ズルいやん。

オリオンやん。

女性社長ならではのセンスと感性。

味はスッキリしすぎた辛口で美味しいのですが、今宵はこの歌舞伎役者「百十郎」とにらめっこして晩酌するのもいいですね。

 

最近仕込み蔵を改装された林本店。

今後の酒造りに注目がおかれます。

 

酒屋などで見かけた際は写真を撮るだけでなく、実際に買ってみて飲んでみてください〇

www.eiichi.co.jp

岐阜県観光大使の出張~外国人観光客のいない!?高山へ。~

とうとう11月になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は元気、大使です。

 

 

先週ですが前からずーっと気になっていた場所へ。

そこは...

f:id:gk-murai33-gk:20181103171153j:plain

 

高山「村」です。

そうVILLAGEです。

 

高山村は面積98.5㎢で人口7,130人の小さな村。

一方我が高山市面積2,178㎢で人口88,655人の市。

 

高山市は高山村の22.1倍。

高山市はただただデカいだけなんですけどね。

 

共通しているところは、

「四季を通じて表情が変わる景色」

 

そう、四季を5感使って感じられます。

もはや素敵でしょ?

そんな高山村へ名前だけを目的地に行ってきました。

 

山田牧場を目的地に走ると

f:id:gk-murai33-gk:20181103172200j:plain

 

美術館へ来た?

と錯覚するほどの景色。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172323j:plain

 

紅葉の奥には八滝という滝。

とても華奢な滝です。

ここ松川渓谷紅葉100選に選ばれている列記とした観光地。

知らなんだ...

f:id:gk-murai33-gk:20181103172449j:plain

 

寄りで撮っても絵になりますね。

早くも高山村恐るべし絶景を見せつけてきますね。

ちなみにここには外国人観光客ゼロ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172600j:plain

 

一緒なのはこの看板くらいか?

と思ったけど、市と村で違いました。

 

山を登って山田牧場へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172712j:plain

 

残念ながら牧場は天気が悪く、そして寒かったため断念。

牧場の麓にあった山田牧場へ。

ここはカフェです。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172830j:plain

 

店内にはサンタクロース。

なぜ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103172901j:plain

 

下の枠内にその理由が。

オヤジの趣味の店みたいな感じですごい素敵。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173015j:plain

 

こんなにどでかいサンタが迎えてくれます。

どうやって運んだんだココまで。

ヘアピンカーブを抜けた先の店舗ですからね。なにより重そう。

ちなみにここは標高1500mを超える場所。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173156j:plain

 

これ、メニュー表のバックナンバーなんですけど、マスターが趣味で高山村で撮った写真を表紙にしているんです。

毎月違うのでコレを見に来るだけでも価値がありそうです。

遊び心が利いた写真もありますよー。

 

肝心のランチは、

f:id:gk-murai33-gk:20181103173346j:plain

 

ハヤシライス!

標高1500mでのハヤシライスは絶品でした。

 

ちなみに、

大使「外国人観光客はやっぱり多いんですよね?」

マスター「んー、2年前に1組来てくれただけかな?」

 

もはや年単位で来ていないらしい。

高山市街でそんなとこ見つけるほうが難しいのに。笑

 

外観はこんな感じ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103173648j:plain

お洒落な外観です。

お茶目なマスターと恥ずかしがり屋の奥さん。

心がほっこりするカフェでした。

また行きまーす!

 

ここでもらった温泉の割引チケットを握りしめて、少し下りたとこにある温泉へ。

七味温泉の山王荘へ。

日帰り入浴は一人500円です。

f:id:gk-murai33-gk:20181103174115j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181103174128j:plain

 

どっひゃー!

白濁した硫黄泉+今がピークの紅葉=究極の休日

となります。

最高のお湯でした。ここ、オススメ。

ちなみに外国人観光客ゼロ。

 

さらにおススメされた雷滝へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181103174329j:plain

 

滝までは少し下ります。

そこに現れたのは...

f:id:gk-murai33-gk:20181103174709j:plain

 

豪快に流れ落ちる雷滝。

言葉を失うほどの迫力。

松川の本流だから迫力満点です。

アップで

f:id:gk-murai33-gk:20181103174837j:plain

 

紅葉とのコンボはピカイチ。

滝ランキング堂々1位です。

 

さらにこの滝、

f:id:gk-murai33-gk:20181104200513j:plain

 

裏に周れるんです...

迫力が200%を超えました...

滝越しの紅葉。

マイナスイオンも200%を超えております。

岐阜県でここまでの迫力の滝、あるんですかね?

 

ちなみに外国人観光客ゼロ。

高山村に入って外国人を見ておりません。

 

雷滝へ行く道は狭く、観光バスの団体と被ると

「あぁ...」

ってなるのでタイミングをみていきましょう。

 

 

雷滝を後にして小布施に栗を食べに。

正直、中津川とかで美味しい栗のスイーツが食べられるので、わざわざはいかなくてもいいかなって感じでした。

 

でもモンブラン、美味しくいただいてきました。

 

 

今日の宿泊は「ゲストハウス蔵(KURA)」

f:id:gk-murai33-gk:20181104201358j:plain

 

古民家のとても素敵な宿でした。

寒いのも古民家宿の特徴。(いい意味で)

自然と暖かいラウンジに人が集まり、会話が生まれる。

ゲストハウスの理想ではありませんか!(誰。)

 

宿の近くのローソンにて、

f:id:gk-murai33-gk:20181104201645j:plain

 

天まで積み上げられたおでんの容器。

 

なぜ。

 

大使「これすごいですね!」

店員「毎年のことで...」

大使「そうなんですね!どうやってとるんですか?」

店員「どうやってとるんですかねー。」

大使「...」

店員「...」

 

まじかよ!

知らねーのかよ!

てか情報共有されてねーのかよ!笑

 

というゆるゆるのローソンでした。

(揚げ物系や肉まん、おでんは在庫がゼロ。)

 

四季を楽しめる高山村。

自然がメインの観光資源。

でもでもそんな贅沢な観光資源ないですよ。

 

春は桜。

夏は山、川遊び。

秋は紅葉。

冬はスキースノボ。

 

本当に素敵な村でした。

皆さんもぜひ高山”市””村”をはしごで遊びに来てください〇

岐阜県観光大使の大使ツアー~白山白川郷ホワイトロードへ行ってきました。~

日本シリーズの行方が気になります、大使です。

 

 

 

前回の週末ですが少し足を延ばして白山白川郷ホワイトロードへ行ってきました。

白山スーパー林道は2015年に白山白川郷ホワイトロードに名前を変えました。

 

どんな道かというと...

岐阜県白川村と石川県白山市を結ぶ全長33.3キロの有料道路。

標高は低いところで約600m最高峰は約1450mです。

 

普通車片道1600円という少し高いかな?と思う交通料金ですが、いやいや、

倍の金額を払ってでも通行する価値

がありました。

 

そう、何を見に行ったのか。

 

そう、

 

 

f:id:gk-murai33-gk:20181031081332j:plain

 

 

であります。

書かなくても写真で伝える方法。

 

岐阜県、石川県が世界に誇る紅葉の名所。

なぜメディアはここを紹介しないのか不思議に思うくらい絶景の数々でした。

「日本一見たい紅葉」とか最近聞きますが、うーん、例えるなら、

 

「死ぬまでに見ておかないとあの世で後悔する紅葉」

 

ですかね。

 

 

もう紅葉は終わりに向かってますので、今年行っていない人は来年ぜひ通行してみてください。

空気感は伝わるかと思いますが、空気は伝わらないのが写真。

実際に行ってみてください。

 

撮影できた写真を掲載させていただきます。

f:id:gk-murai33-gk:20181031081601j:plain

 

まずは、世界遺産白川郷

秋も深まり見事な秘境感。(高速ですぐに行けてしまう...)

雲が近くて見事な秘境感。(高速ですぐに行けてしまう...)

長ーーーーーい冬を迎える準備期間でもあります。

 

次は場所を変えて天生峠へ向かう360号線。

今年は9月25日に開通し、もうじき11月上旬に通行止めになる国道。

国道といってもくねくねだし狭いし景色良いし。

その道の途中にある「中滝」

f:id:gk-murai33-gk:20181031082724j:plain

 

来年、写真の右下に

「そうだ、飛騨いこう。」

って載りそうな写真。

バスでは行けない場所。車かチャリか徒歩か。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091453j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031091537j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031091550j:plain

 

ずっと見ていられる景色でしたが、本来の目的地ではないので行きましょう!

(この先の天生峠の続きが気になる...)

 

白山白川郷ホワイトロードへ。

 

片道1600円ですが有料区間内で引き返せば片道分の料金で良いので今回は引き返すルートで行きました。(通り抜けても予定がない)

 

写真を時系列に載せられれば一番いいのですが、順番がよく分からないのでなるべく、なるべく通行順で載せれるように頑張ります笑

f:id:gk-murai33-gk:20181031084618j:plain

 

白川郷展望台、標高1200mの駐車場は紅葉のピーク。

ここより上は落葉している場所が多かった印象です。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085350j:plain

 

白川郷ちっちゃー!!!てかどこ?」

って感じですが眺めは良いですね。

ちなみに白川郷は写真右側中央の少し窪んでいるところです。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085634j:plain

 

石川県側へ抜けていきましょうか、しっかり色づいた木々を見ながら。

f:id:gk-murai33-gk:20181031085800j:plain

 

真っ赤に色づいてまっとる。

すぐそこには雲が迫ります。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091730j:plain

 

人工の滝でさえ今は主役。

f:id:gk-murai33-gk:20181031090651j:plain

 

滝の反対側はどこまでも続きそうな?

日本全国が真っ赤なんじゃないかと錯覚するような景色。

f:id:gk-murai33-gk:20181031091856j:plain

 

早くも圧倒される。

雲が近いのは天気が悪かったから。

青空が広がっていたら雲の先になにがあるんだろう。

想像が広がり来シーズンの楽しみになります。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092125j:plain

 

下れば下るほど綺麗になる紅葉。

下れど下れど上昇しない気温。寒すぎる。

国見展望台(標高1100m)からの景色は絨毯みたいです。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093137j:plain

 

すばらしー。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092523j:plain

 

ホワイトロード屈指の立ち寄りスポットであろう

「ふくべの大滝」

落差86mの滝。

迫力は折り紙付き。

ただ駐車場が小さいため紅葉シーズンは大変混雑する。

f:id:gk-murai33-gk:20181031092947j:plain

 

赤い写真ばかりで目がおかしくなりそうですね笑

そろそろ順番が分からなくなってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093418j:plain

 

姥ヶ滝。

日本の滝100選に選ばれた滝です。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093523j:plain

 

滝へ向かう道も見事な渓谷美。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093604j:plain

 

水も見事なほどの透明度。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093642j:plain

 

綺麗ですねー。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093724j:plain

 

蛇谷大橋。

橋があるのとないのとでは写真の映え方が違います。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093852j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031093903j:plain

 

まるでポストカード。

f:id:gk-murai33-gk:20181031093934j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181031093946j:plain

 

 

これで終わり!笑

 

 

有料道路でお金を取るからどんな景色が待ってるんやって思ってたら、

こんなんが待っててくれた!

はや日本一や。

標高によっても葉っぱの色が違うし。

 

今日10月31日は県境付近で積雪のため現在通行止め。

11月10日?まで通行ができますので興味のある方は行ってみてください。

もちろん晴れた日で。

山に雲がかかってないときに。

 

山の天気は変わりやすいですけどね。

 

いつだって人々を魅了するのは、山。

その言葉がピッタリ当てはまったドライブでした。

 

春夏秋冬を肌で感じられるって、本当に素敵ですね。

 

写真は友人(yoshinori sugiura)のハイテクカメラで撮ってもらいました。

加工は一切しておりません。

 

 

以上、日本一?の紅葉ロードブログでした。

岐阜県観光大使の紅葉プチツアー~せせらぎ街道が、美しすぎる...~

今日、運転免許の住所書き換えに行ってきました、大使です。

 

 

先日からブログの内容が紅葉情報でありますが、

いやはや、本当に綺麗なんです。

高山市に住んでいて周辺の紅葉を見に行かないなんてもったいなさすぎる!という移住者的考えで紅葉を追いかけております。

 

昨日は岐阜県が全国に誇る絶景ドライブ街道「せせらぎ街道」へ紅葉を見に行ってきました。

高山市から車を走らせること約20分。

 

徐々に木々が色づいてきます。

 

最初に訪れたのは僕の行きつけ喫茶店「cafe kurumu」さん。

街道から少し入ったところにお店がありますので、

ものすごく静か。

f:id:gk-murai33-gk:20181026151858j:plain

 

素敵な佇まい。

少し寒かったですがテラス席へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152002j:plain

 

目の前には川が流れ、美しく色づいた木々に囲まれます。

上質な時間が流れますが、少し寒い。

中へ戻りましょう。笑

f:id:gk-murai33-gk:20181026152110j:plain

 

店内はすでに薪ストーブがついていました。

大きな窓から見える景色はもはや、大きめの額縁に飾られた絵画。

そしてこのお店一番?の見せ場所。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152250j:plain

 

トイレ。

こっちこそ、こっちこそ額縁の中の絵画。

一瞬で過行く秋だけに見られるスペシャルな光景。

そして河原へ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152413j:plain

 

下りてみないと分からない絶景。

いいですね!

 

お店を後にして峠へ向かいます。

その途中、

f:id:gk-murai33-gk:20181026152516j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20181026152525j:plain

 

平日にも関わらず、多くの車が停まっていました。

そりゃこの美しさなら停まるよな。

 

そして西ウレ峠(標高1113m)。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152639j:plain

 

池の水が少なめだったんですが、それでも美しく反射。

何もかも完璧なタイミングです。

f:id:gk-murai33-gk:20181026152805j:plain

 

一際目立っていたモミジ。

 

峠を後にして次の絶景が望めるcafeへ。

f:id:gk-murai33-gk:20181026153031j:plain

 

標高892mの「でご一」さんへ。

ここは...

f:id:gk-murai33-gk:20181026153131j:plain

 

燃えるような紅葉。

加工なしです!

ずーーーーーっと見とれる。

飲むヨーグルトが美味い!

f:id:gk-murai33-gk:20181026153228j:plain

 

店内からもなかなかの絶景。

ここも絵画みたいですね。

 

 

何枚か写真をあげましたが、ほんの一部にすぎません。(運転してたので)

そして街道沿いのカフェはかなり混雑するでしょう。

 

恐らく、峠近くの紅葉は今週まで。

奥飛騨の紅葉も今がピーク。(今週まで?)

 

 

明日明後日は飛騨地域かなり混みあうことが予想されます。(大使予想)

白川郷も早いうちに駐車場に入れたほうがよさそうですよ。

 

・せせらぎ街道も写真の通りの綺麗さなので、見惚れてしまうドライバーが多くなります。よそ見禁止。

・そして紅葉を見るための無謀な駐停車はやめてください。

交通量が多く非常に危険です!

必ず駐車場へ。(昨日もそんな車が多数)

 

ネズミ捕りもしている可能性ありますのでスピードの出しすぎにはご注意ください。

 

どうぞ安全運転で魅力度ランキング40位の我が県へ来岐阜してください。

 

大使も週末は紅葉を追いかけてとっておきの場所へ行きますよー〇

お楽しみに!