勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

楽しみが作れる者とそうでない者

今日で2019年度が終わり、大使です。

 

 

年度の終盤は新型コロナウイルスのニュースがお茶の間を不安にさせました。

コロナのニュースではお酒の肴になりません。

 

時は進んでいます。

f:id:gk-murai33-gk:20200325222100j:plain

 

今回のコロナもあの時こうしていればとかあの時どうだったとか、ゴタゴタ言わずまずは目先の対応を。

振り返りは終息したときでいいだろう。

 

 

 

2019年度4月は新元号「令和」発表。

あれからもう一年が経ちます。

 

あっという間に過ぎ去った365日。

早いと感じる方もいるでしょうし、遅いと感じる方もいる。

僕は菅田将暉と一緒に呑むという目標はまだ達成されていない。

でも、親友・染川裕吾が白川村へ移住してから”1年”とあの時から振り返ると、これまで色々あり、短いという感覚は意外と薄れる。

 

歳を重ねるごとに感じる時間の過ぎる早さ。

2020年度はこの早さを少しでも遅らせたい。

 

小学生の頃と比べて時間の流れはどうだろう。変わったはず。

いや、変わった。

遠足、クリスマス、誕生日...

全ての楽しみなイベントを”待つ”のは長かったのを覚えている。

 

今はどうだろう。

 

クリスマスも誕生日も子供時代ほどの楽しみはない。

むしろ年をとるという事実が重くのしかかったりもする。

僕は来年30歳だ。

その数字が重くのしかかる。

 

 

しかし僕たち今でも旅行に行くまでの時間はどうだろう。

楽しくてワクワクして、早く出発する日が来ないかと待ちわびている。

そう、時間的感覚は長い。

不思議なことにこの感覚は昔から鈍らずに生きているみたいだ。 

 

 

目的地までの時間は長く感じ、帰り道は早く感じる。

そんな非情な相対性理論が僕たちの感覚をおかしくする。

 

 

そう、人間は「楽しみ」があると、時間を長く感じる。

時間の流れが早い。という人は、日常に楽しみがない人だ。

同時に寂しいということを言っている。

 

それは好奇心とも比例する。

アンテナを張り、キャッチできたものを計画し、待つ。

 

 

人間、先に楽しみがないと時間の流れが早いのだ。

とにかく楽しみを作れる1年にしたいな。

 

 

人生ワクワクした者勝ちであります。

自分でワクワクを作り出せれば最高なのだけれど、友達のワクワクも楽しみたい。

 

自分事の様にワクワクできたのなら、きっと2020年度以降はドキドキに変わり、

「今年も短かったよね」

なんて言わせてもらえないのでしょう。