勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

水量が多すぎる滝、大迫力

差別はダメ、ゼッタイ、大使です。

 

 

昨日の記事は平湯大ネズコを見に行った話でした。

奥飛騨温泉。

そこは自然に囲まれた自然しか感じられない場所。

 

魅力はもちろん自然。

自然も幅広い。

山、川、海、湖、池、滝...

 

たくさん。

 

大ネズコから約1.5㎞ほど歩いた場所に自然を感じ150%マイナスイオンな場所が。

久々に行けました。

f:id:gk-murai33-gk:20200603234320j:plain

 

平湯大滝

であります。

 

落差64m、幅6m

飛騨三名瀑であり、日本の滝百選にも選ばれている瀑布。

ちなみに飛騨三名瀑は確定的なものはないんですが、あえて三名瀑挙げろと言われれば必ず挙がってくるでしょう。

f:id:gk-murai33-gk:20200603234927j:plain

 

拡大。

火山岩の断面を流れ落ちる滝。

雪融け水もあり水量は豊富。

 

遠くまで水しぶきが飛び、肌が潤います。

 

この滝冬は凍るんだから驚きです。

f:id:gk-murai33-gk:20200603235239j:plain

 

結氷ってやつですね。

 

今は温暖化で完全結氷することは少なくなりました。

しかし、冬は冬で厳かな空気の中、滝が見れます。

f:id:gk-murai33-gk:20200603235454j:plain

 

二日酔いの師匠(25)。

ではありません。

 

実は、

f:id:gk-murai33-gk:20200603235531j:plain

 

四葉のクローバーを探す師匠でもあります。

僕が探した場所を師匠が探すと、四葉を見つける。笑

 

師匠曰く、

「集中力あればだれでも見つけられるよ~」

 

何もいえね。

 

このひと特殊能力持ちすぎなのよ。

f:id:gk-murai33-gk:20200603235737j:plain

 

吊り橋渡るルンルンな師匠。

 

この後、

f:id:gk-murai33-gk:20200603235821j:plain

 

流木を探すために川を渡る師匠。笑

自由すぎて楽しいですね。

要は何事にも一生懸命なんですね。

 

 

飛騨には滝がたくさんあります。

「飛騨 滝」で検索して出てくる滝って言うのはほんの一部で、森が深すぎるので滝があっても近づけない。

むしろまだ見つかってない滝とかもあるんでしょうね。

 

 

魅力が詰まりすぎています。

詰まりすぎていて何から紹介していいか分からないのが、飛騨。

魅力が詰まりすぎている地域がたくさんあるのが、岐阜県

 

であります。

 

 

やっぱり売りは自然。

 

まだまだこの先も紹介していけたらなと思います。